相撲

大相撲春場所が無観客なら経済的影響は?過去にあった?

いよいよ、大相撲春場所がやってきます。大阪場所は波乱の場所とよく言われますが、新型コロナウイルス肺炎がどのように影響を与えるのでしょう。無観客開催もありうるのでしょうか。
過去にそのようなことがあったのでしょうか。その経済的影響を見て行きましょう。

春場所は3月8日(日)から15日間.3月22日(日)まで、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で行われます。

コロナの影響がどんどん大きくなる!

大相撲春場所が無観客の可能性

大相撲春場所が無観客となる可能性を見てみましょう。
大相撲春場所が刻々と近づいてきていると同時に、新型コロナウイルス肺炎は収束するどころか、感染経路が特定できない例が多数出てきて、市中感染が否定できなくなってきました。
https://www.instagram.com/p/B7vYn-GhjEX/
様々なスポーツイベントに次々影響が出ています。
東京マラソンは一般参加なしのエリートランナーだけの大会となりました。
女子ゴルフの国内開幕戦は無観客と決定しました。

日本相撲協会は2月21日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、2月25日に予定していた関取衆との赤ちゃん抱っこ撮影イベントを中止すると発表しました。

28日に行われる予定だった二所ノ関一門による連合稽古が中止になりました。
しかし、相撲そのものの中止はなんとか避けたいようです。

中止になれば、NHKの1場所4~5億円の放映権料が入らないのが一番痛いところです。
無観客でチケット払い戻し以上に厳しいです。

さらに力士のモチベーションの問題があります。
大阪場所後の春の巡業も中止となる可能性も充分に考えられます。

春場所に向けて猛練習してきた力士にとって、春場所もなし、春の巡業もなしでは
力が抜けます。目標を失いかねません。無観客でもやりたい要素はたくさんあります。
大相撲春場所が無観客となる可能性に近づいてきました

無観客も仕方ないか?

無観客なら経済的影響は?

まず、開催中止となった場所で、その経済的影響を見てみましょう。

2011年やはり、大阪場所で八百長問題により、開催中止となりました。
この時の記事が参考になります。

一般への前売りチケット販売は既に延期していましたが、相撲茶屋(現在相撲案内所と呼ばれる)が扱っていた
入場券販売やセットなどは販売済みや準備済みなどがありました。

相撲茶屋は枡席(ますせき)全体(約3800人収容)の約6割を扱っていました。
当時、座敷で4人が座れる枡席は3万6800円から、1席ずつのイス席3,600円からとなっていました。

例えば「お土産 横綱セット」と言うのがあって、食事として、幕の内弁当(上)、焼鳥(小)、袋物、菓子、あんみつ、甘栗(小)、缶ビール(350ml)、お茶が出ます。またお土産として、陶器(3150円)、菓子又は煎餅(2100円)、パンフレットが付いて、1人分の料金の合計が1万690円となります。
この時は払い戻しに追われ、生じた多額の損失を相撲協会への損害賠償請求を検討したと伝わっています。

今回、もし無観客となれば、チケットの払い戻しと、周辺飲食店への影響は避けられないでしょう。
ただし、NHK放映の損失だけは避けられるというのは大きいでしょう。
2011年のこの時も荒れる春場所にひっかけて、「経済面でも荒れる大阪」とのコメントがありました。

相撲協会の決算報告書によれば、NHKが相撲協会に支払っている放映権料も含め、2015年から2017年は、経常利益 120億前後で、右肩上がりになっています。
2013年度で、本場所(6場所)の事業収入は約80億円となっています。

単純に計算すると、1場所約13億円となり、このうちNHKが相撲協会に支払っている放映権料は、1場所あたり4~5億円程度ではないかといわれています(非公開)。

すなわち、たとえ無観客場所としても、3分の1以上の収入が確保できるということになります。

ちなみに、日本相撲協会は非常に裕福な協会で、200億円を超える資産を持っていると言われています。
さらに、「公益財団法人」組織となっていますので、「公益目的事業」として認められる部分は課税対象にならず、法人税は2017年度で15万円くらいしか払っていないようです。

この財政基盤からすれば、一場所くらい無観客場所としても、放映権料さえ入れば、痛くもかゆくもないと思えます。

そんなに裕福だとは思っていなかったわ!

大相撲で無観客試合は過去にあった?

中止になったケースは先の2011年の3月場所のほか、空襲で焼けてしまった旧国技館がまだ使えなかった1946年の6月場所があります。

過去に無観客で行われた本場所は太平洋戦争真っ只中の1945年6月場所だけです。
空襲で延期された夏場所(5月23日開催予定)を、被災し大破した両国国技館で、晴天7日間非公開で開催されました。
観客は傷痍将兵ら招待客のみで、両国国技館では、十両以上の力士だけで、行われました。

大相撲無観客の可能性にみんなの反応は?

みんなの感想

テレビで大相撲中継見ても、面白いですよ!
解説も北の富士さん以外にも荒磯親方や安治川親方もわかりやすくて、楽しい。

ネットの反応

無観客で払い戻してくれるならそれでいいです。
観客入れるとしても行こうという気持ちは無くなってますので。
感染経路はわからないですが、室内で大勢の人がいる場所は怖いです。

みんなの感想

観客がいないと選手の方々はやる気が半減するかもしれないけど、私たちの世代は、スポーツはテレビ観戦で盛り上がれます。危険なときに人を集めるのは避けるべきだけど、中止は避けて欲しいです。

ネットの反応

大相撲春場所は中止にせず,テレビ中継だけでもしたら良いと思う。全力士,新型肺炎に感染しないように気をつけて欲しいです。

みんなの感想

大相撲三月場所は、無観客で実施しテレビ中継のみ、というのが現実的な落としどころでしょう。
前売りを買った身としては、きちんと払い戻しをしてほしい。相撲協会にはテレビの放映権料が入るのだから。

出典:ヤフコメ

まとめ

ココがポイント

  • 無観客になってもテレビ放映料が入れば、3分の1以上の収益は確保でき、相撲協会にとって経済的影響はそれほど大きくない
  • 無観客場所は、戦争で被災し大破した両国国技館でおこなわれた1945年6月場所で、過去1度だけあった
  • チケットを払い戻してくれるなら、感染の危険のある場所に行くよりテレビ観戦で十分とのネットの声が多い

これだけ、新型肺炎コロナウイルスが流行れば、チケット購入者も行く気を失っています。
東京マラソンでの一般参加料払い戻しなしから、無観客でも払い戻しなしではとの心配の声がありますが、2011年中止の際は、茶屋が販売済みのチケットの返金に追われたとありますので、無観客となれば払い戻しの可能性は高いと思えます

相撲協会はそれくらいではびくともしない裕福な協会のようです

昨今の状況下ではテレビで楽しむのが一番無難だわ!

-相撲

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.