ボクシング

パウンドフォーパウンドボクシングランキング最新11月田中や井上の変化!4誌を比較してみた

パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング2020年11月終わりの最新情報を、4誌まとめました。

やはり注目は、井上尚弥・田中恒成(試合これからですが)、ロペスやロマチェンコ、クロフォード等、
非常に気になります。

あくまでエンターテイメントで、これはいくら専門家がやっているとはいえ、あくまで「妄想を楽しむ」ランキングではあることを頭に置いておいて
楽しみながら見ていきましょう!

最近、被弾数とか率も見ているけどやっぱりP4Pを正確に表すのは難しい。
しかしマイクタイソンは本当にやばい。井上尚弥がヘビー級になった感じ

▼ ▼ 【意外】コロナ禍ですごく登録が増えているあるサービス ▼ ▼
>>試しに登録だけしてみた結果

パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング最新11月!田中や井上は?

ヘビー級からミニマム級まで、体重別に全17の階級に分かれる男子プロボクシング、最近ではWBOがブリッジャー級というヘビー級の下にひとつ階級を加えると声明を出し物議を醸しまして、他の団体がどうするか気になるところであります。

他も追随すれば18階級になるのね

格闘技は、身長や体格より「体重差」が最も物理的なダメージに影響するといわれることもあり、細かい体重別ランクがあり、それで不公平さを最小限にしようとするのは承知の事実であります。

まあ、スーパーフライまで減量で落として1日でフェザー級みたいになる人いるけど

最近のボクシング界では、この体重別階級のほかに主要な団体が世界に4つもあるため、各階級で最大4人(「スーパー王者」や「暫定王者」「休養王者」を含めると5人以上の場合もあります..)もチャンピオンがいることになり、
非常に「分かりにくい」「一体誰が一番強いのか!?」と混乱するファンも少なくないのが現状。

そこで海外の主要なボクシングメディアでは、「仮に体重が同じだったら、誰が一番強いのか」という仮想ランキング「パウンドフォーパウンド」を独自に選出しています。

WBSSが一番分かりやすくていい。
と思ったけど結局バンタム級も後から「テテ」とか「カシメロ」とか「ネリ」が「俺の方が強い!」とか言い出してわけわからんし。

専門記者の投票や編集部で議論して決めるなど選出法はさまざまですが、世界のボクサーにとって「P4P入り」することは、ベルトと並ぶ何よりの名誉でもあり
ファンが議論するのもエンターテイメントとしては非常に盛り上がります。

最初に、最も老舗で権威あるリング誌のパウンドフォーパウンド10傑を見ていきましょう。

  • 1位:サウル・アルバレス
  • 2位:井上尚弥
  • 3位:テレンス・クロフォード
  • 4位:アレクサンダー・ウシク
  • 5位:エロール・スペンスJr
  • 6位:テオフィモ・ロペス
  • 7位:ワシル・ロマチェンコ
  • 8位:ファン・フランシスコ・エストラーダ
  • 9位:ジョシュ・テイラー
  • 10位:ゲナジー・ゴロフキン

その他の有名誌も、独自の基準でパウンドフォーパウンドを出しています。

「井上だけでなく、いったい田中恒成や井岡一翔の強さは?」

ということで、4誌見てみましょう。

以下に一覧でご紹介しましょう。

2020/11
時点でのランク
THE RING
(老舗・元祖)
2020/11/14更新
ESPN
(専門家投票制)
2020/11/18
WBN
(WorldBoxingNews)
2020/11/?更新
boxingscene

2020/12
1位サウル・アルバレス(29)
メキシコ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
2位井上尚弥(26)
日本
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
タイソン・フューリー (28)
イギリス
井上尚弥(26)
日本
3位テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
井上尚弥(26)
日本
ティオフィモ・ロペス(22)
アメリカ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
4位オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
井上尚弥(26)
日本
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
5位エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
ティオフィモ・ロペス(22)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
6位ティオフィモ・ロペス(22)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ

ワシル・ロマチェンコ(32)
ウクライナ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
ティオフィモ・ロペス(22)
アメリカ
7位ワシル・ロマチェンコ(32)
ウクライナ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
8位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(30)
メキシコ
タイソン・フューリー (29)
イギリス
オレクサンドル・ウシク
(34)
ウクライナ
ワシル・ロマチェンコ(32)
ウクライナ
9位ジョシュ・テイラー(29)
イギリス
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
ジャーメル・チャーロ(29)
アメリカ
10位ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
ワシル・ロマチェンコ(32)
ウクライナ
ジョシュ・テイラー(29)
イギリス

WBNだけ、50位まで選出しています。

WBNP4P
11位以降
選手名
11位ガーボンタ・デービス(24)
アメリカ
12位ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
13位マイキー・ガルシア(31)
アメリカ
14位田中恒成(25)
日本
15位アンソニー・ジョシュア(29)
イギリス

16位井岡一翔(31)
日本
17位ドニー・ニエテス(38)
フィリピン
18位ワンヘン・ミナヨーティン(34)
タイ
19位ローマン・ゴンザレス(33)
ニカラグア
20位ホセ・ラミレス(28)
アメリカ
21位ショーン・ポーター(31)
アメリカ
22位ミゲール・ベルチェット(27)
メキシコ
23位レオ・サンタ・クルス(31)
メキシコ
24位デオンテイ・ワイルダー (34)
アメリカ
25位アルツール・ベテルビエフ(34)
ロシア
26位ジャーメル・チャーロ(30)
アメリカ
27位ジョシュ・テイラー(29)
イギリス
28位レジス・プログレイス(30)
アメリカ
29位シーサケット・ソー・
ルンヴィサイ(32)
タイ
30位ジャーモール・チャーロ(30)
アメリカ
31位ノニト・ドネア(36)
フィリピン
32位ゲーリー・ラッセル・ジュニア
(31)
アメリカ
33位ダニエル・ジェイコブス(32)
アメリカ
34位キース・サーマン(30)
アメリカ
35位アンディ・ルイス・ジュニア(29)
メキシコ・アメリカ
36位モルティ・ムザラネ(36)
南アフリカ
37位ディミトリー・ビボル(28)
ロシア
38位マイリス・ブリエディス(35)
39位ギレルモ・リゴンドウ(39)
キューバ
40位ムロジョン・アフマダリエフ(25)
ウズベキスタン
41位ルイス・ネリー(25)
メキシコ
42位カルム・スミス(30)
イギリス
43位ヘルウィン・アンカハス (27)
フィリピン
44位デメトリアス・アンドラーデ(31)
アメリカ
45位京口紘人(25)
日本
46位レイ・バルガス(28)
メキシコ
47位ギルベルト・ラミレス(28)
メキシコ
48位エマニュエル・ナバレッテ(25)
メキシコ
49位デビッド・ベナビデス(23)
アメリカ
50位ジョンリル・カシメロ(31)
フィリピン

あたしはライアン・ガルシアを50位以内に入れるべき!って思うわ。まあそのうち勝手に入ってくると思う。かっこいいし本当に強い

最新11月のP4Pの感想

最近かなり4誌の差が如実になってきたように感じます。
やはり「採点する人」が違うと全然違くなってくる、というのが実際で
クロフォードの評価が全然違ったり、フューリーがすごく上位だったり
いったいどうとらえていいのかわからないところもあります。

しかし、トップ50を見ると、田中恒成選手と、井岡一翔選手が相変わらず近い位置にいますので
大晦日の2人の対戦は楽しみでしかありません。
今年こそお酒に潰れないでしっかり見ておきたいと思います!

また、やはり面白いのは「ライト級」
デービスvsロペスが2021年組まれれば最高に面白いですよね。
個人的にはデービスの時代がくることも見ています。

ちなみに勝手な私のp4pランキングは...被弾数・率等を見た感じで

1位:ロマチェンコ(怪我してなければ)
2位:井上尚弥
3位:ガーボンタ・デービス
4位:クロフォード
5位:エロール・スペンスジュニア

です。

▼ ▼ 【意外】コロナ禍ですごく登録が増えているあるサービス ▼ ▼
>>試しに登録だけしてみた結果

最新のp4pの試合を見逃すな!

まずは直近から。タイソンも昔であればPFP入りなので入れています。

11月29日12::00~ マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズjr WOWOW
12月6日11:00~  エロール・スペンスjr vsダニー・ガルシア WOWOW
(12月13日    中谷正義vsフェリックス  p4pではない)

12月19日    ゴロフキンvsカミル・シェルメタ DAZNと思われる
12月19日     カネロvsカミル・スミス  DAZNと思われる
(12月20日     ドネアvsロドリゲス  p4pではない)
12月31日夕方   田中恒成vs井岡一翔  TBS 

スペンス戦は塩になる可能性もありますが、スペンスが事故後でおかしくなっていないかを見たいですね。
他は全部かなり楽しみであります。

\\ 12/13 中谷正義vsフェリックス //
▼WOWOWを今すぐ視聴する方法はこちら▼

1、WOWOWは初回登録1ヶ月分の料金で2か月見ることが出来るキャンペーン中
2、すべての番組が見放題で課金されるない!
3、WOWOWはなんと新作映画が課金なしで、追加が早い!
4、BSがあれば意外と簡単に登録、解約ができる!
リモコンの「BSボタン」→「チャンネル9」で 「受信できません」「エラー202」と出なければOK! あなたはWOWOWを契約して見ることができます!

最低支払料金は2300円+税(2か月以内解約の場合)
※WOWOWオンデマンドに登録することで見ることが出来ます! 家を締め切ってヘッドホンとお酒 これで現地以上の最高のスポーツ観戦できるよ(笑
  

※WOWOWはボクシングの生中継・最新映画・オリジナルドラマを追加課金なしで観ることができます!


今ならこれも!
・12月6日11:00~ エロール・スペンスjr vsダニー・ガルシア
・12月13日12:00~ 中谷正義vsフェリックス
・12月20日11:00~ ドネアvsロドリゲス

 

最新p4pに関するネットの反応

まとめ

イギリスのBoxing Socialというところで井上選手が1位ということも話題になっていますが、
正直、聞いたことがなかった媒体であります。
嬉しいですが、あくまでPFPの元祖は「リング誌」ですのでやはりリング誌を中心に見るべきでしょう。。

ココがポイント

  • リング誌井上2位、WBNで井上4位、田中14位は変わらず
  • WBN50傑には寺地、井岡、京口もランクイン
  • ロマチェンコがランクを下げ、ロペス、ジョシュテイラー、デービスが上昇著しい
日本人の活躍は本当にうれしいし素晴らしい。でも好きなのはライアン・ガルシア
おいおい、見た目だけで決めてるやろ...

-ボクシング
-,

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.