※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

ボクシング

パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング最新6月!井上・井岡に変動は?

先日の米ラスベガス第2戦。バンタム級世界WBAスーパー&IBF王者の井上尚弥選手がまたも衝撃の3RTKO勝利を収め、世界を驚かせました。

無敗のKO街道ばく進が止まらない井上「モンスター」今回は主要誌の6月のパウンドフォーパウンド(P4P)最新ランキングをチェック。我らがモンスターや井岡一翔選手の順位に変動はあるのか、見てみましょう。(出典:Wikipedia、各PFPサイト)

19日の井上尚弥、何だか体が大きくなって圧倒的強さが増した感じだったな。勝っても全然喜ばない所も逆に凄みが…

最新P4Pはこちらより

 

◆格闘技◆
2024年6月2日 (現地6/1)
平良 達郎  対  ジョシュア・ヴァン戦
UFC
 フライ級マッチ

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

PFP(ボクシング)最新2021年6月ランキング・リング誌

ボクシングのパウンドフォーパウンドとは、体重別に階級が分かれている現実のボクサーたちを同列に並べ、「もしも体重・階級が同じだったら」と仮定して専門誌が独自に強さをランク付けしたリストです。

最新6月のランキング、まずはボクシング専門誌の老舗である米リングマガジン(ザ・リング)の10傑から見てみましょう。

以下は2021年6月19日付の最新ランキングです(後述する比較表の中にも入っています)。

・1位:サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)

・2位:井上尚弥(日本)

・3位:テレンス・クロフォード(アメリカ)

・4位:アレクレンダー・ウシク(ウクライナ)

・5位:ジョシュ・テイラー(イギリス)

・6位:エロール・スペンスJr(アメリカ)

・7位:テオフィモ・ロペス(アメリカ)

・8位:ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

・9位:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

・10位:井岡一翔(日本)

3月のランキングと比べ、5月にスーパーライト級の4団体王座統一に成功したテイラー選手が一気に4ランクアップ。ロマチェンコ選手はエストラーダ選手と順位が入れ替わりました。

ちょうど尚弥さんの防衛戦や「ロマvs中谷」戦の前のランキングだから、来月になればまた若干変わりそうだけども

PFP(パウンドフォーパウンド)4誌比較

パウンドフォーパウンドは最も権威あるといわれるのが前述のザ・リングですが、他の海外専門メディアも独自方式でランク付けしています。4誌のトップ10を比較してみましょう。

2021/6/22
時点
THE RING
(老舗・元祖)
6/19更新
ESPN
(専門家投票制)
5/26
WBN
(WorldBoxingNews)
2021/6以降
boxingscene
6月更新
1位サウル・アルバレス(30)
メキシコ
サウル・アルバレス(30)
メキシコ
サウル・アルバレス(30)
メキシコ
サウル・アルバレス(30)
メキシコ
2位井上尚弥(27)
日本
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
井上尚弥(28)
日本
3位テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
井上尚弥(27)
日本
ティオフィモ・ロペス(23)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
4位オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
井上尚弥(28)
日本
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
5位エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
ティオフィモ・ロペス(23)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
ティオフィモ・ロペス(23)
アメリカ
6位ティオフィモ・ロペス(23)
アメリカ
タイソン・フューリー (29)
イギリス
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
7位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(30)
メキシコ
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
タイソン・フューリー (28)
イギリス
ジャーメル・チャーロ(29)
アメリカ
8位ワシル・ロマチェンコ(32)
ウクライナ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
ノニト・ドネア(36)
フィリピン
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(30)
メキシコ
9位ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
ワシル・ロマチェンコ(32)
ウクライナ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(30)
メキシコ
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
10位井岡一翔(31)
日本
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(30)
メキシコ
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
ワシル・ロマチェンコ(32)
ウクライナ

PFP(パウンドフォーパウンド)50傑

「World Boxing News」だけはパウンドフォーパウンドを50位まで発表しています。以下に見てみましょう。

WBNP4P
11位以降
選手名
11位オレクサンドル・ウシク
(34)
ウクライナ
12位ゲナジー・ゴロフキン
(38)
カザフスタ
13位ワシル・ロマチェンコ(33)ウクライナ
14位ローマン・ゴンザレス(33)
ニカラグア
15位ガーボンタ・デービス(24)
アメリカ
16位アンソニー・ジョシュア(29)
イギリス
17位井岡一翔(31)
日本
18位マイキー・ガルシア(31)
アメリカ
19位オスカル・バルデス
(30)
メキシコ
20位ショーン・ポーター(31)
アメリカ
21位レオ・サンタ・クルス(31)
メキシコ
22位田中恒成(25)
日本
23位シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(32)
タイ
24位
ホセ・ラミレス(28)
アメリカ
25位デオンテイ・ワイルダー (34)
アメリカ
26位アルツール・ベテルビエフ(34)
ロシア
27位ジャーメル・チャーロ(30)アメリカ
28位ジャーモール・チャーロ(30)
アメリカ
29位レジス・プログレイス(30)
アメリカ
30位ゲーリー・ラッセル・ジュニア
(31)
アメリカ
31位エマニュエル・ナバレッテ(25)
メキシコ
32位アンディ・ルイス・ジュニア(29)
メキシコ・アメリカ
33位ワンヘン・ミナヨーティン(34)
タイ
34位ダニエル・ジェイコブス(32)
アメリカ
35位キース・サーマン(30)
アメリカ
36位ディミトリー・ビボル(28)
ロシア
37位デメトリアス・アンドラーデ(31)
アメリカ
38位ギレルモ・リゴンドウ(39)
キューバ
39位寺地拳四朗(28)
日本
40位デビッド・ベナビデス(23)
アメリカ
41位ミゲール・ベルチェット(27)
メキシコ
42位マイリス・ブリエディス(35)
43位ブランデン・フィゲロア(23)
44位ムロジョン・アフマダリエフ(27)
ウズベキスタン
45位ヘルウィン・アンカハス (27)
フィリピン
46位ジャメル・ヘリング(35)
アメリカ
47位京口紘人(25)
日本
48位ヒルベルト・ラミレス (30)
メキシコ
49位ジョンリル・カシメロ(31)
フィリピン

50位ブライアン・カルロス・カスターノ(31 )
アルゼンチン

PFP(パウンドフォーパウンド)同士の最新の試合

階級差があり、しかも団体が4つも分かれ、王者だらけで一体「本当は誰が一番強いか分からん!」とファンの悩みの種でもある現ボクシング界。

そこで専門記者、OB王者らが純粋な実力面だけでボクサーをランク付けしたのが「パウンドフォーパウンド(P4P)」というわけで、当のチャンピオンたちにとってもP4Pトップクラスに入るのは目標・名誉・夢でもあります。

「世界で最も強いボクサー」P4Pトップランカーの今後の〝見逃し厳禁〟試合予定を次に見ていきましょう。

6月26日

・WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ「王者マリオ・バリオス vs 2階級現役王者ガーボンタ・デービス」

・ライト級ノンタイトルマッチ「ワシル・ロマチェンコ vs 中谷正義

https://twitter.com/Excite_Match/status/1404725370960564226

2試合とも日本時間27日午前からWOWOWでネット同時配信!ええー!どっち見たらいいの?

7月17日

・WBA.WBC.IBF.WBO世界スーパーウェルター級王座統一戦「ジャーメル・チャーロ vs ブライアン・カスターノ」

日本時間7月18日午前にWOWOWでライブ配信決定!必見だ!

7月24日

・WBC世界ヘビー級タイトルマッチ「王者タイソン・フューリー vs デオンテイ・ワイルダー3」

これもWOWOWで生中継決定だ!!WOWOWやっぱスゲー

8月14日

・WBC.WBO世界バンタム級王座統一戦「ノニト・ドネア vs ジョンリル・カシメロ」

・WBC.WBA.WBO.IBF世界ライト級タイトルマッチ「4冠王者テオフィモ・ロペス vs ジョージ・カンボサス・ジュニア」

ドネアさんはインタビューで「カシメロは実は戦いがワンパターンで想定しやすい」と一刀両断してた。視線の先はもう尚弥さんしかいないみたい

9月11日

・WBC.WBA.WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦「ブランドン・フィゲロア vs ステファン・フルトン」

21年あるかもしれないビッグファイト

このほか、P4Pランカーたちの「年内にあるかもしれない」超ビッグファイトを列挙してみました。

・ウシク vs ジョシュア

井上尚弥 vs ドネアorカシメロ

村田諒太 vs ゴロフキン

・フューリー vs ジョシュア

この中で今時点で確率が高いのはウシクvsジョシュア戦かなー。ジョシュアが負けたらフューリー戦はなくなるのかな…?

PFP(パウンドフォーパウンド)入りの日本人

上記のランキングでご紹介したうち、6月のPFP入り日本人をあらためてまとめると以下の通りとなります。

井上尚弥:リング誌2位、ESPN3位、WBN4位、ボクシングシーン2位

井岡一翔:リング誌10位、WBN17位

田中恒成:WBN22位

寺地拳四朗:WBN39位

京口紘人:WBN48位

この三カ月ではやはりカネロ選手の圧巻の強さ、テイラー選手の4冠統一がボクシング界で大きな印象を残しました。この二人の躍進で他のP4Pランカーは順位が押し下げられた形。

ただ今後の試合内容によっては、井上、井岡選手らのランクアップなども大いにありそうです。

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • パウンドフォーパウンド6月の最新ランキングを4誌で比較!
  • カネロ、テイラーの躍進があり井上・井岡はやや繰り下がる
  • 8月までに世界でビッグマッチ目白押し。勝敗によって変動も

日本のファンとしては、今年後半の注目試合は何と言っても井上選手の4団体統一戦、村田選手のタイトル戦でしょう。果たして相手は誰になり、いつ行われるのか。また井岡、京口両王者に対する挑戦者指名戦の行方も気になります。

世界が刮目するビッグファイト実現を期待したいものです。

関連

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.