ボクシング

パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング最新12月!井上・井岡の動向

2021年の世界のプロボクシング界は、秋以降に大変注目のマッチが続き世界王座がいくつか変動しました。

階級や団体を超えて〝王者の強さ〟を比べる最新12月のボクシングランキング「パウンドフォーパウンド(P4P)」はどうなっているでしょうか。主要メディアの最新P4Pを一覧表でご紹介しましょう。(出典:Wikipedia、各PFPサイト)

井上尚弥次戦まもなく!だけど村田・井岡戦延期は本当に残念だな…(泣)

最新は以下

パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング最新2022年6月!井上1位は?京口・チャーロも気になる

パウンドフォーパウンド最新2021年12月ランキング・リング誌

パウンドフォーパウンド最新12月のプロボクシングランキング、まずは老舗である米リング誌の10傑から見てみましょう。

2021年12月9日付の最新ランキングです(後述する比較表の中にも入っています)。

・1位:サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)

・2位:オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

・3位:テレンス・クロフォード(アメリカ)

・4位:井上尚弥(日本)

・5位:ジョシュ・テイラー(英国)

・6位:エロール・スペンスJr(アメリカ)

・7位:ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

・8位:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

・9位:井岡一翔(日本)

・10位:タイソン・フューリー(英国)

この2カ月くらいで随分変動したわね!敗れたロペスさんが10位外に落ち、フューリーさんが10強入り

パウンドフォーパウンド12月5誌比較

「全体最強ボクシングランキング」のパウンドフォーパウンドは、老舗で最も権威あるのが前述のリング誌ですが、他の海外専門メディアも独自方式でランク付けしています。今回新たにDAZNを加えた5つのメディアのP4Pトップ10を比較してみましょう。

2021/9/24
時点でのランク
THE RING
(老舗・元祖)
2020/12更新
ESPN
(専門家投票制)
2021/12/9
WBN
(WorldBoxingNews)
2021/9以降
DAZN
2021/12
boxingscene
2021/ 5/11から変わらず...
1位サウル・アルバレス(31)
メキシコ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
サウル・アルバレス(30)
メキシコ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
2位オレクサンドル・ウシク
(34)
ウクライナ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(34)
ウクライナ
オレクサンドル・ウシク
(34)
ウクライナ
井上尚弥(28)
日本
3位テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
井上尚弥(28)
日本
タイソン・フューリー (33)
イギリス
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(31)
アメリカ
4位井上尚弥(28)
日本
オレクサンドル・ウシク
(34)
ウクライナ
井上尚弥(28)
日本
井上尚弥(28)
日本
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
5位ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
タイソン・フューリー (33)
イギリス
エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
テオフィモ・ロペス(24)
アメリカ
6位エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
7位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(31)
メキシコ
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
タイソン・フューリー (33)
イギリス
ジャーメル・チャーロ(31)
アメリカ
8位ワシル・ロマチェンコ(33)
ウクライナ
ワシル・ロマチェンコ(33)
ウクライナ
ドネア(38)
フィリピン
ジョージ・カンボソスJr (28)
オーストラリア
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
9位井岡一翔(32)
日本
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(31)
メキシコ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(31)
メキシコ
ステファン・フルトンJr(27)
アメリカ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(31)
メキシコ
10位タイソン・フューリー (33)
イギリス
ガーボンタ・デービス(27)
アメリカ
ジョージ・カンボソスJr (28)
オーストラリア
ガーボンタ・デービス(27)
アメリカ
ワシル・ロマチェンコ(33)
ウクライナ
早速、番狂わせのカンボソスや、フィゲロアを僅差で制したフルトンが入っているな。フルトンが急に評価された感

パウンドフォーパウンド12月50傑(World Boxing News)

「World Boxing News」だけはパウンドフォーパウンドを50位まで発表しています。以下に見てみましょう。

WBNP4P
11位以降
選手名
11位ガーボンタ・デービス(27)
アメリカ
12位ワシル・ロマチェンコ(33)
ウクライナ
13位井岡一翔(32)
日本
14位ゲナジー・ゴロフキン
(39)
カザフスタン
15位ローマン・ゴンザレス(33)
ニカラグア
16位テオフィモ・ロペス(24)
アメリカ

17位ヨルデニス・ウガス(35)
キューバ
18位ジャーメル・チャーロ(31)アメリカ
19位オスカル・バルデス(30)
メキシコ
20位デオンテイ・ワイルダー (35)
アメリカ
21位レオ・サンタ・クルス(31)
メキシコ
22位田中恒成(26)
日本
23位シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(34)
タイ
24位
ホセ・ラミレス(29)
アメリカ
25位ジャーモール・チャーロ(31)
アメリカ
26位アンソニー・ジョシュア(29)
イギリス
27位アルツール・ベテルビエフ(34)
ロシア
28位シャークル・スティーブンソン(24)
アメリカ
29位レジス・プログレイス(31)
アメリカ
30位ゲーリー・ラッセル・ジュニア
(32)
アメリカ
31位エマニュエル・ナバレッテ(26)
メキシコ
32位ステファン・フルトンJr(27)
アメリカ
33位アンディ・ルイス・ジュニア(30)
メキシコ・アメリカ
34位ワンヘン・ミナヨーティン(35)
タイ
35位ダニエル・ジェイコブス(33)
アメリカ
36位キース・サーマン(31)
アメリカ
37位ディミトリー・ビボル(28)
ロシア
38位デメトリアス・アンドラーデ(32)
アメリカ
39位ギレルモ・リゴンドウ(40)
キューバ
40位デビッド・ベナビデス(24)
アメリカ
41位ジョンリル・カシメロ(32)
フィリピン

42位ミゲール・ベルチェット(27)
メキシコ
43位マイリス・ブリエディス(36)
44位サンドロ・マルティン(28)
45位ムロジョン・アフマダリエフ(28)
ウズベキスタン
46位ヘルウィン・アンカハス (27)
フィリピン
47位マイキー・ガルシア(33)
48位ヒルベルト・ラミレス (30)
メキシコ
49位ハイメ・ムンギア(25)
メキシコ
50位京口紘人(27)
日本
アフダマリエフより、フルトンの方が圧倒的に評価高いんだなあ。。あとはマイキー・ガルシアが実は負けてたんだよね。それでサンドロ・マルティンが44位だけどどうなんだろ

パウンドフォーパウンド入りの日本人

上記のランキングでご紹介したうち、12月のPFP入り日本人選手は以下の通りとなります。

・井上尚弥:リング誌4位、ESPN3位、WBN4位

・井岡一翔:リング誌9位、WBN13位

・田中恒成:WBN22位

・京口紘人:WBN50位

PFP(パウンドフォーパウンド)同士の最新の試合

最新12月のパウンドフォーパウンド・ボクシングランキングに名前を連ねている世界屈指の強豪ボクサーたち。仮にそのP4Pランカー同士が戦えば、「仮想が現実に」なるわけですが、では近く行われる〝見逃し厳禁〟P4P対決や、P4Pランカーが登場する試合予定を見ていきましょう(試合日程は日本時間)。

12月14日:井上尚弥vsディパエン

世界バンタム級タイトル戦「WBAスーパー&IBF王者井上尚弥 vs アラン・ディパエン」の1戦。井上選手が熱望する団体統一戦にはなりませんでしたが、ほぼ2年ぶりの日本凱旋試合だけに、井上選手の気合いも十分。再び「瞬殺」を見たいですね。

この試合はひかりTVとABEMAでPPV配信です!
12日にWOWOWで放送されるドネアの防衛戦結果が尚弥にもどう響くかな?(何とカシメロ戦は急きょ中止!王座剥奪か!)
\ Abemaに登録してライブ視聴する! / 250×250
 abema4つのポイント
  • 初登録14日間無料、その後月額960円(税込み)
  • MLB 主に日本人選手試合・カタールW杯全64試合放送!・「しくじり先生」「極楽とんぼ加藤が愛人懇願迫真演技の神回」
  • さらに恋愛リアリティーショーが超充実『オオカミくんには騙されない』
  • a●女優も招いた他では出来ないバラエティ・千原ジュニアMC『ABEMA的ニュースショー』も人気

12月18日:ベテルビエフvsブラウン

世界ライトヘビー級タイトル戦「WBC・IBF王者アルトゥール・ベテルビエフ vs マーカス・ブラウン」

WBNのP4P27位のベテルビエフ2冠王者が、ブラウン選手を迎えての防衛戦です。

この試合はWOWOWで放送です
\ WOWOWに登録して視聴する! /   WOWOW3つのポイント
  • 何度目の登録でも2カ月縛りで1ヶ月目無料、月額2,530円(税込み)
  • BS191、192、193chを「課金なし」で見放題
  • アーティストのライブや、最新映画も早く、オリジナルドラマにも最近力を入れている

22年2月27日:テイラーvsカテラル

ちょっと先ですが、世界スーパーライト級タイトル戦「4団体統一王者ジョシュ・テイラー vs ジャック・カテラル」が2月にマッチング。当初12月予定の試合が延期されたようです。

リング誌5位の強豪PFPテイラー選手が、難なく挑戦者を下してランキングを守れるか、注目されます。

22年あるかもしれないビッグファイト

日本で年内に行われる世界的ビッグファイトは、田中、井上戦以外はコロナ禍で延期になってしまいました。それらを含めて、22年前半に期待されるP4P級の大きなボクシングマッチを予想してみました。

■ミドル級王座統一戦「IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン vs WBAスーパー王者村田諒太

※延期は大変残念でしたが、できれば2~3月にも実現してほしいものです。

https://twitter.com/GGGBoxing/status/1465325982664044545

■スーパーフライ級王座統一戦「WBO王者井岡一翔 vs IBF王者ヘルウィン・アンカハス

アンカハスは1月に防衛戦を挟むらしいから、実現は春以降かな…

■バンタム級三団体統一戦「井上尚弥 vs ドネア2」

これはドネアさんも熱望!とにかく絶対来年前半には組んで欲しいよね

■ヘビー級タイトル戦「WBC王者フューリー vs ホワイト」

※フューリー選手とウシク選手の統一戦交渉が頓挫し、代わりにWBCがこの試合を指令したとされます。

■ヘビー級タイトル戦「3団体統一王者ウシク vs ジョシュア2」

※ウシク選手の強さを世界に知らしめた今年の「vsジョシュア1」でしたが、恐らく契約上の再戦条項から早い時期に行われる臆測が出ているようです。

■ライト級タイトル戦「4団体統一王者カンボソスJr vs ロマチェンコ」

これはロマさんが次戦に圧勝したら…のファンの「期待」を込めたP4Pメガマッチよね

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • パウンドフォーパウンド12月の最新ランキングを今回5誌で比較!
  • 統一戦ない井上順位下げる。10位からロペス去りフューリーがin
  • 14日の井上vsディパエン戦のほか延期の村田・井岡戦に来年期待

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.