ボクシング

パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング最新10月!井上・井岡・拳四朗は?

2021年もまもなく10月で残り少なくなりました。世界で注目のボクシングマッチが今年いっぱい、まだまだ続きます。

今回は「階級と団体を超えた世界最強」を示す「パウンドフォーパウンド(P4P)」の最新10月ボクシングランキングをご紹介。我らが井上尚弥選手や井岡一翔選手は何位なのか、各誌を比較してみました。(出典:Wikipedia、各PFPサイト)

日本人P4Pランカーだと、やっぱり井上と京口が年内にいつ誰とやるか、気になるね!

>9/25更新 

PFP(ボクシング)最新2021年10月ランキング・リング誌

パウンドフォーパウンド最新10月のプロボクシングランキング、まずは老舗である米リング誌の10傑から見てみましょう。

2021年9月24日付の最新ランキングですが、10月いっぱい変更はないとみられます(後述する比較表の中にも入っています)。

・1位:サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)

・2位:オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

・3位:井上尚弥(日本)

・4位:テレンス・クロフォード(アメリカ)

・5位:ジョシュ・テイラー(英国)

・6位:エロール・スペンスJr(アメリカ)

・7位:テオフィモ・ロペス(アメリカ)

・8位:ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

・9位:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

・10位:井岡一翔(日本)

6月の順位と比べると、4団体統一に成功したSライト級のテイラー選手が9位からかなり上昇したのが大きな変化かな。そして9月25日リング誌発表で、ジョシュアを倒したウシクがいっきに4位から2位にランクアップ。これはしょうがない(カネロ抜かしてもいいと思うけど)

https://twitter.com/naotaku_mg/status/1441357951239741444

PFP(パウンドフォーパウンド)4誌比較

パウンドフォーパウンドは老舗で最も権威あるのが前述のリング誌ですが、他の海外専門メディアも独自方式でランク付けしています。4誌のトップ10を比較してみましょう。

2021/9/24
時点でのランク
THE RING
(老舗・元祖)
2020/9/11更新
ESPN
(専門家投票制)
2021/7
WBN
(WorldBoxingNews)
2021/9以降
boxingscene
2021/ 5/11から変わらず...
1位サウル・アルバレス(31)
メキシコ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
サウル・アルバレス(30)
メキシコ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
2位オレクサンドル・ウシク
(34)
ウクライナ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
井上尚弥(28)
日本
井上尚弥(28)
日本
3位井上尚弥(28)
日本
井上尚弥(28)
日本
エロール・スペンス・ジュニア
(31)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(31)
アメリカ
4位テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
テオフィモ・ロペス(24)
アメリカ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
5位ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
テオフィモ・ロペス(24)
アメリカ
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
テオフィモ・ロペス(24)
アメリカ
6位エロール・スペンス・ジュニア
(30)
アメリカ
タイソン・フューリー (33)
イギリス
タイソン・フューリー (33)
イギリス
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
7位テオフィモ・ロペス(24)
アメリカ
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
ジャーメル・チャーロ(31)
アメリカ
8位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(31)
メキシコ
ワシル・ロマチェンコ(33)
ウクライナ
ドネア(38)
フィリピン
ジョシュ・テイラー(30)
イギリス
9位ワシル・ロマチェンコ(33)
ウクライナ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(31)
メキシコ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(31)
メキシコ
10位井岡一翔(32)
日本
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(31)
メキシコ
ガーボンタ・デービス(26)
アメリカ
ワシル・ロマチェンコ(33)
ウクライナ

PFP(パウンドフォーパウンド)50傑

「World Boxing News」だけはパウンドフォーパウンドを50位まで発表しています。以下に見てみましょう。

WBNP4P
11位以降
選手名
11位ワシル・ロマチェンコ(33)
ウクライナ
12位オレクサンドル・ウシク
(34)
ウクライナ
13位井岡一翔(32)
日本
14位ゲナジー・ゴロフキン
(39)
カザフスタン
15位ローマン・ゴンザレス(33)
ニカラグア
16位アンソニー・ジョシュア(29)
イギリス
17位ヨルデニス・ウガス(35)
キューバ
18位マイキー・ガルシア(32)
アメリカ
19位ジャーメル・チャーロ(31)アメリカ
20位オスカル・バルデス(30)
メキシコ
21位ショーン・ポーター(32)
アメリカ
22位レオ・サンタ・クルス(31)
メキシコ
23位田中恒成(26)
日本
24位シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(34)
タイ
25位
ホセ・ラミレス(29)
アメリカ
26位ジャーモール・チャーロ(31)
アメリカ
27位デオンテイ・ワイルダー (35)
アメリカ
28位アルツール・ベテルビエフ(34)
ロシア
29位レジス・プログレイス(31)
アメリカ
30位ゲーリー・ラッセル・ジュニア
(32)
アメリカ
31位エマニュエル・ナバレッテ(26)
メキシコ
32位アンディ・ルイス・ジュニア(30)
メキシコ・アメリカ
33位ワンヘン・ミナヨーティン(35)
タイ
34位ダニエル・ジェイコブス(33)
アメリカ
35位キース・サーマン(31)
アメリカ
36位ディミトリー・ビボル(28)
ロシア
37位デメトリアス・アンドラーデ(32)
アメリカ
38位ギレルモ・リゴンドウ(40)
キューバ
39位寺地拳四朗(29)
日本
40位デビッド・ベナビデス(24)
アメリカ
41位ジョンリル・カシメロ(32)
フィリピン

42位ミゲール・ベルチェット(27)
メキシコ
43位マイリス・ブリエディス(36)
44位ブランデン・フィゲロア(24)
45位ムロジョン・アフマダリエフ(28)
ウズベキスタン
46位ヘルウィン・アンカハス (27)
フィリピン
47位ジャメル・ヘリング(35)
アメリカ
48位ヒルベルト・ラミレス (30)
メキシコ
49位京口紘人(27)
日本
50位フリオ・セサール・マルティネス(26)
メキシコ

PFP(パウンドフォーパウンド)同士の最新の試合

最新10月のパウンドフォーパウンド・ボクシングランキングに名前を連ねている世界屈指の強豪ボクサーたち。仮にそのP4Pランカー同士が戦えば「仮想が現実に」なるわけですが、では近く行われる〝見逃し厳禁〟P4P対決や、P4Pランカーが登場する試合予定を見ていきましょう(試合日程は日本時間)。

9月26日

■ヘビー級タイトル戦「3団体統一王者アンソニー・ジョシュア vs 元クルーザー級4団体統一王者オレクサンドル・ウシク

※ボクシング最重量級の文字通り「最強決定戦」。PFPトップ10のウシクが3つのベルトを奪い2階級制覇なるか!

DAZN独占で生配信決定!これは必見だ!!

▼DAZNは1ヶ月無料キャンペーン中!▼





※今なら『プロ野球で田中将大や佐々木朗希』『久保建英やハーランド等』等も見ることが出来ます!


10月10日

■ヘビー級タイトル戦「WBC王者タイソン・フューリー vs デオンテイ・ワイルダー3」

※ヘビー級でもう一つの最強決定戦!何と三度目の二人の対決で最終決着となるか。

こちらはWOWOW独占!…どっちも見なきゃ!

https://twitter.com/BTSportBars/status/1440657883687911428

10月24日

■スーパーフェザー級タイトル戦「WBO王者ジャメル・ヘリング vs WBO暫定王者シャクール・スティーブンソン

※紳士対やんちゃ坊主。新旧対決による階級最強はどちらになるのか?

WOWOWでネットと同時ライブです
\\ 今年の格闘技のカード、熱いの多くないですか? //
▼WOWOWは今1か月分の料金で2か月分視聴可能!▼






※WOWOWはボクシングの生中継・最新映画・オリジナルドラマを追加課金なしで観ることができます!今ならこれも!
・10/10 11:00~ タイソン・フューリーVSデオンテイ・ワイルダー3
・10/18 21:00~ ナバレッテvsゴンザレス 
・10/24 11:00~ ジャメル・ヘリングvsシャクール・スティーブンソン
・11/7 11:00~ カネロvsプラント(スーパーミドル級4団体統一)
・11/1~7     男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
・11/14~21   男子テニス Nitto ATPファイナルズ
・11/21 21:00~ クロフォードvsポーター

11月6日

■スーパーミドル級4団体統一戦「WBA・WBC・WBO王者サウル〝カネロ〟アルバレス vs IBF王者カレブ・プラント

※フェイスオフで衝撃の殴り合い!プラント王者が流血の大騒ぎとなった因縁対決の結末は?

P4PNo1のカネロがついに初の階級統一を果たすのか!?

21年あるかもしれないビッグファイト

上記のほか、年内に噂されている、または調整が進んでいる今年のPFPビッグファイトの例をご紹介しましょう。

・ミドル級王座統一戦「IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン vs WBAスーパー王者村田諒太

※メディアでは12月28日で決定説が!!本当なら日本ボクシング史に刻まれる1戦となります。

・スーパーフライ級3団体統一戦「3冠王者フランシスコ・エストラーダ vs ローマン・ゴンザレス3」

※かつてP4Pを席巻した強豪ロマゴンと階級最強エストラーダの因縁決戦。井岡一翔の帰趨も左右しそう!

・バンタム級タイトル戦「WBAスーパー・IBF王者井上尚弥 vs ゲーリー・アントニオ・ラッセル

※ドネア、カシメロとの対戦が不透明になった尚弥の次戦に有力視されているが、果たして!?

あとSライト統一王者のテイラーさんが12月18日、カテラルと防衛戦を行う報道も!負けると大変…

PFP(パウンドフォーパウンド)入りの日本人

上記のランキングでご紹介したうち、3月のPFP入り日本人は以下の通りとなります。

・井上尚弥:リング誌2位、ESPN3位、WBN2位

・井岡一翔:リング誌10位、WBN13位

・田中恒成:WBN23位

・寺地拳四朗:WBN39位

・京口紘人:WBN49位

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • パウンドフォーパウンド10月の最新ランキングを4誌で比較!
  • 井上尚弥、井岡一翔は変わらず。4冠のテイラーがかなり上昇
  • 当面はヘビー級の2大メガマッチが見逃せない!年末の村田戦も

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.