時事ニュース

置き配のトラブル事例は?対策していることは?

アマゾンが再配達対策として、置き配の実証実験を始め、徐々に全国に広げようとしています。
置き配でどのようなトラブルが起こっているのでしょうか?
事例を集め、対策について考え、このシステムが日本に根づくか見ました。

盗難などを普通に心配するわ!

置き配のトラブル事例

都市部では、再配達率が18%に及び、余計にかかる労働力は、年間でドライバー約9万人分に相当するなど、再配達による人件費や輸送費のコストは大きいと言われています。

これを解消する切り札として、「置き配」が始まりました。
Amazonは、10月にひと月間岐阜県多治見市で、実証実験した後、置き配可能な地区を拡大しつつあります。

まず仕組みを見てみましょう。
「置き配指定」とは、注文確定画面等で、予め指定した6種類の置き場所に配達員が荷物を届けるサービスで、在宅・不在にかかわらず、指定場所に商品を配達し、サイン不要で配達完了となります(インターフォンを鳴らすことなく、指定場所に荷物を置いていってくれます)。

ただし、郵便ポストに投函可能な梱包で発送された商品(風で飛ばされるなど紛失しやすい?)の場合や、置き配に対応していない配送業者(ヤマト運輸や佐川急便など)が商品を配達する場合は、指定できません。

配達後は置いた商品の写真をメールで確認でき、盗難、紛失に遭った場合はアマゾンが補償する(商品の再送や返金に対応)仕組みとなっています。

置き配が広まるに伴い「置き配のトラブル」の事例がネットでかなり上がってきました。
確認してみましょう。

置き場所に関する

「玄関先に付けたバッグに届けてくれるサービス『OKIPPA』でと指定したら、Amazonの配送員が本当に『置きっぱなしでいい』と勘違いしたのか、玄関前に荷物が放置されていました。さらに、確認すると配送された荷物(ハードディスク1万6000円)が玄関の地べたにそのまま置いてあり、雨が降っていたら大事になるところであった。

確かに楽なんですけど、配達スタッフが置き場所を間違えて、さらにその荷物が行方不明になるというトラブル。

勝手な置き配トラブルが多いらしい。ある人は、サポートに問い合わせして、聞いた場所を見たけど商品はなく、結局3日後くらいに玄関先にあったと。

置き場所をドア前に指定して、部屋にいたところ、荷物が玄関ドアの前に積まれ、廊下の壁と挟まって部屋から出られなくなった。

盗難

玄関先に備え付けた “宅配バッグ”のひもを切られ、白昼に堂々と宅配バッグの盗難の被害に遭った(配送品はなし)。

コミュニケーションやシステムに起因する

配送員の不在票に書かれた暗証番号が雑で読み取れず、宅配ボックスから荷物を取り出せず、翌日連絡してやっと入手できた。

今日届く予定のアマゾン荷物に置き配指定したら、荷物を配達できませんでした→出品者に返送って通知が来て(不在票もなし)、カスタマーに問い合わせたら何かのシステムトラブルでそうなったそう。 配送を転送するからあと2〜3日お待ち下さいとか言われた。 ↓

Amazonで注文した商品が、置き配設定してないのに玄関前に置いてあったんだけど。在宅してたのに、ピンポンもなかった。

意外なことに、配送品が盗難に実際にあったという話はありませんでした。すぐ無償で保証されたので問題にならなかったのでしょうか?

食品が主という商品の特性もありますが、生協、食材キット、お弁当の配達は置き配が普通ですが、トラブルはほとんど聞きません。

盗難の事例がないのが不思議!

置き配のトラブル対策の現実

現実に依頼する個人がどのような対策をとれるか見てゆきましょう。

置き場所の指定

6か所の指定場所から、商品の種類や自宅の状況にあったより安全な場所を選ぶ(リスクの小さい順に、A~C)。

指定場所盗難リスク紛失リスク破損(雨濡れ)リスク
宅配ボックスAAA
玄関CCB
ガスメーターボックスB~CBA
ガレージ(シャッター付き)
BBA
自転車のかご
B~C
BC
建物内受付/管理人AAA

なお、玄関先などに、置かれて困る場所のある場合は、置き場所を予め確保して分かりやすく図示しておく必要があるかもしれません。

配送品の種類により、指定するかどうか決める

高額品、濡れて困る品は、受取指定として、1万円以下の安いものは置き配とするなど商品により使い分けるなど、配送品の種類により、置き配指定するかどうかを決める。

発想の転換をする

日本より盗難の多いアメリカでは、「置き配」が当たり前になっているようです。なぜなのでしょう。
実際、クリスマスシーズンに、盗まれた経験のある人は多数いるようですが、盗難のレポートを送るという非常に簡単に手続きで、すぐに無償で新しい製品を再度配送してくれるシステムになっています。
そもそも製品価格が高い製品を除いて、ほとんどの場合、日本のような受け取り署名は使われていないといいます(おそらく指定すると手数料がかかる)。

アメリカの中小企業では、クレーマーに対して時間をかけて対応するよりも、さっさと新しい商品を送ってしまった方が安上がりで、かつ悪い口コミを流されなくなるという話にも通じるものがあります。


もちろん社会のモラルとしてどうか、日本社会になじむのかということはありますが、再配達の不合理性を減らすのに、こういう考え方が日本でもありという時代になってきたという気もします。

盗られてもまた送ってもらえばいいわって、思えるかしら?

置き配に関するみんなの反応

みんなの感想

アマゾンなどの通販会社で置き配が基本になると、今度は置き配専用の泥棒が生まれるんじゃないだろうか?補償などがあっても、雨ざらしになって限定品の書籍などがダメになるというのが一番身近にありそう。

ネットの反応

日本の犯罪が少ないのはこういうリスクを極力抑えるような仕組みでやってるからであって、置きっぱなしになってたら普通に盗られると思う

みんなの感想

自分の中で高額・大事な物と思うものは手渡しで受け取る、そうで無いものは置き配、と買う側が整理すべきだと思う。

ネットの反応

時間を気にせずに外出出来るので気持ちの上でも楽です。発送業者の責任で弁償されるので実質的なリスクはない。
何より配送業者の再配達の手間やコスト、受取り側の時間制約という負担を考慮すれば置き配は、よりベターな選択だと思います。

みんなの感想

商品は再発送されるのだからAmazonなどが損するだけだと思う人間が悪いことを平気でしそう。悪い人間を増やすことになりそうだから、置き配はやめたほうがいいと思う。

ネットの反応

スマートフォンでタップしたら90%くらいの確率で家まで物が届くのは私からすれば十分すぎるくらい満足なサービスです。それに大事な物なら私は事業所まで取りに行くし。。
そこまで完璧は私は求めないかなぁ。。。

出典:ヤフコメ

賛否両論にはっきり分かれているようです。

まとめ

置き配のトラブル事例とその対策についてまとめてみました。

ココがポイント

  • 置き配の実際のトラブルは、紛失、破損など種々あるが、意外に盗難は少ない
  • 置き配賛成派は。再配達のコストなど考えると工夫すれば、より良い方法であると主張
  • 置き配反対派は、犯罪を助長することになる、取り換えのきかない自分にとって大事なものが破損する危険があると主張

賛否両論が沸騰していますが、今後もネット通販などでの宅配が増え、配送する人が減ることを考えると、無駄な再配達をできるだけ減らすという意味で、様々な対策を取りながらも、置き配は日本でも普及せざるを得ないのではないでしょうか? 発想の転換が必要かもしれません。

日本の良さが失われてゆくのが心配!

-時事ニュース

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.