ラグビー

山沢拓也の放送予定は?日本代表落選理由と将来性

国内ラグビー最高峰リーグ・トップリーグ(TL)は第2節各試合が行われ、開幕節に続いて多くの観衆でにぎわいました。

W杯で活躍した日本代表や海外トップ選手が注目を浴びる中、それ以外にもコアなファンが「ブレイク」を期待して熱く視線を送る選手がいます。パナソニックの山沢拓也選手です。

山沢拓也選手の凄さや将来性とは?なぜW杯日本代表には選ばれなかったのでしょうか。パナソニック戦の今後の放送予定とともにまとめました。

山沢選手が出場した第2節「トヨタvsパナソニック」はTL史上最多3万7000人の超大入り!ラグビー熱冷めてないわねー!

山沢拓也の放送予定

山沢拓也選手はトップリーグの強豪・パナソニックワイルドナイツで、背番号10をつけるSO(スタンドオフ)。今季開幕戦ではスタメン出場し早くも前半1トライ。18日の第2節でもスタメンでトライを決め、2試合で2トライ10得点を挙げる活躍で、チームの開幕2連勝に貢献しました。

稲垣、堀江、松田選手ら同僚の並み居る「スター」の中でも負けじと光る山沢選手。今後も見逃せないパナソニックの試合日程と放送予定は、以下のリンクからチェックできます。

↓TLの日程と放送予定リンク
https://www.top-league.jp/schedule/2019/#convention-5961

なお今季TL2020は、一部試合がTV地上波やBS、CS「スカパー」で放送されているほか、ネット中継もあります。

スマホなどで手軽に視聴できるネット中継メディアは「DAZN」と「J SPORTS オンデマンド」。特に「J SPORTS」では、オンデマンドのネット配信とCS放送をあわせて、TLの全120試合を完全生配信します。

DAZNやJ SPORTSでは「見逃し配信」も利用できるから、生で見られなくても安心だよね!

山沢拓也の2019年日本代表落選理由

放送予定をしっかりチェックしたい山沢拓也選手所属のパナソニック戦。では今後も活躍が期待の彼の経歴を見てみましょう。

山沢選手は埼玉県熊谷市生まれの25歳。中学の部活でラグビーを始めたものの、同時に地元サッカークラブにも所属。サッカー強豪高から誘いを受けるほどの実力で、本人も「どっちを続けようか」と当時は悩んだそうです。

しかし、才能を見込んだ埼玉県立深谷高校のラグビー部監督が「一緒に日本一になろう」と手紙を送って熱心に勧誘。山沢選手はラガーマンの道を選択しました。

深谷高では1年からレギュラーのSOとなり、花園大会には3年連続出場。ジュニアジャパンや日本代表の強化合宿にも招かれました。筑波大でも1年からレギュラー。当時のジョーンズ日本代表HCからも有望選手と高い評価を受けました。大学在学中にパナソニックに入団史上初の学生トップリーガーとなります。

日本代表合宿にもたびたび選ばれ、W杯でも代表入りの有力候補と思われましたが、最終的にジョセフHCは山沢選手を指名せず。夢の母国開催W杯出場はなりませんでした。

“落選”の理由はSOというポジションにあるようです。SOはパスやランなどの優れたプレーが求められる一方、司令塔としての「度量」も必要だからです。

ラグビーでは、試合中は選手だけで戦術やプレー方針を決定します。その「意思決定者」がSO。W杯という世界レベルの大会で勝つには、SOには豊富な経験や瞬時の判断力、他選手を従えるリーダーシップが不可欠です。

このためW杯日本大会では、前回W杯にも出場、プレー中に絶え間なく指示を出す資質もある田村選手が正SOに。サブにも帝京大時代に大学No1になるなど実績があり、CTBもこなせる松田選手が選ばれました。

「SO一本」で勝負する山沢拓也選手は若さもあり、総合力で勝る「代表不動のSO」田村、松田選手の間に割って入ることがかなわなかったといえるわけです。

山沢君はケガで度々戦線離脱した影響もあって、代表キャップが少ないことも不利だったかもなぁ

↓山沢選手がSOを務めた18年の日本選手権準決勝

山沢拓也の将来性

W杯出場はできなかったものの、ラグビー指導者らは山沢拓也選手の将来性を高く買っています。山中選手を「代表落選」させたジョセフHCも、かつてメディアの取材にこう評しています。

「SO育成には時間がかかる。山沢のような若い選手をいきなり高いレベルの試合にぶつけるのは、彼の成長にとってもよくない。いままで私も本当に色々な10番を指導してきたが、本当に花が咲くのは20代中盤からだ

また、過去にクルセイダーズを率いてスーパーラグビーを5度も制した名将でもあるディーンズ・パナソニック監督は、こう語っています。

「彼がいいパフォーマンスをすることで日本に層の厚みができていることが素晴らしい。大切なのは『いつ選ばれるか』ではなく、選ばれた時にしっかりとパフォーマンスができるよう準備すること。いま彼はそれを行っている。時が来たらきっといいパフォーマンスをしてくれる

トリッキーなキックや速さを生かして防御を切り裂くプレーの持ち味は、“世界最強軍団”オールブラックスにも通じる部分がある山沢選手。

現在は、神戸製鋼にいる元オールブラックスのスターSO・カーター選手を参考にしながら、「細かい技術、ゲーム理解度で劣っている」と自身も認める田村、松田選手を追い越すべく今は研鑽に余念がないようです。

そんな山沢選手の試合での躍動を、今季以降も放送予定で確認していきたいですね。

拓也選手は兄が立命館大OB、弟は先日の大学選手権でも活躍した明大の京平選手。「優秀なラガーマン一家」なんだよね!

山沢拓也のみんなの評価・反応

みんなの感想

次期推し…。イケメンな選手はたくさんいる!← いまのとこ山沢拓也さんが冷静でかっこよくて気になってまーす!

ネットの反応

山沢拓也、卓越した視野とランスキルが武器 高校時代から才能は突出

みんなの感想

オレの中では最強のハーフ団です。筑波からのホットライン。会場をワクワクさせてくれる事を楽しみにしてます

ネットの反応

福岡選手が注目されるのはわかるが、山沢拓也も同じくらい取り上げても良いだろう

みんなの感想

山沢拓也選手、相手のギャップ突くランとかキックパスみるとやっぱし明治の京平君のお兄ちゃんだなあと感じる

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • 代表組以外では注目筆頭格の日本人SO、山沢拓也(パナ)
  • 出場するTL試合はネットのJ SPORTSやDAZN、BSなどで放送予定
  • ケガや経験不足でW杯代表から落選。技術を磨き次大会を目指す

ちなみに最近の山沢選手のTLでの成績を振り返ると、17-18シーズンが107得点でTL3位(日本人1位)、18-19シーズンは49得点で6位(日本人1位)。このシーズンにはベストフィフティーンにも選ばれたほど、才能は折り紙付きです。

「ラグビーのファンタジスタ」と呼ばれるような華のあるプレーがファンを魅了する山沢選手。20代後半に入り経験や円熟味を重ねて、次のW杯で努力の花を咲かせてほしいものです。

-ラグビー
-

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.