女子テニス 時事ニュース 男子テニス

WTA中国大会中止でATPはどうなる?世界の反応まとめ

プロテニスの女子ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)は、元中国副首相に性的関係を強要されたと告白した同国の彭帥選手問題に抗議して、来年のツアー中国大会をすべて中止すると発表しました。

これにより来年香港と中国大陸で予定される女子ツアー大会は全部中止に。では男子の統括団体・プロテニス協会(ATP)はどうするのでしょうか。男女とも中国大会は中止?WTA決定に対する世界の反応もまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

彭帥はいまだ公には姿を見せてないし、まもなく始まるシーズンで無事プレーできるのだろうか…

WTA中国大会中止

彭帥選手はダブルスでGSを2度制覇。ダブルスで世界ランク1位にもなった中国屈指の強豪女子プレーヤーです。彭選手は11月、自身のSNSで中国元副首相との不倫関係を告白。投稿は即座に削除され、その後彭選手の所在が不明になったことから、他のテニス選手ら世界中から心配する声が沸騰しました。

WTAも中国政府に公正な調査を求めましたが、中国は問題自体を否定するなど前向きに対応せず、WTAのサイモンCEOは「非常に深刻なこの問題に、中国指導部は信頼できる対処をしていない」と厳しく非難。

彼女の自由と安全、検閲や強制、脅迫を受けていないかに重大な疑念がある」とし、来年の中国大会全面中止を発表しました。

バッハIOC会長は北京冬季五輪に配慮してか「彭選手の無事を確認した」と述べるなど、姿勢が真逆だよね

WTAは新型コロナ禍前の19年には、世界各地で行われる年間約50のツアー大会(4つのGSは除く)のうち、チャイナOPなど9大会を中国で開催。またシーズン最終戦・WTAファイナルは2030年まで中国の深圳で行われる予定です。決定が撤回されない限り、来年はこれらの大会が中止や開催地変更になる見込みです。

では男子のATPはどういう方針をとるのでしょうか。

ATP中国大会はどうなる?

ATPのガウデンツィ会長は12月に入り「彭さんの状況は、われわれのスポーツの内外で深刻な懸念を引き起こしている。この懸念への対応はここまで不十分だ」と声明を発表。

WTAと彭選手が直接連絡を取れるよう再度関係当局に要請するとともに「関係者と協議し、問題の進展を見守っていく」とコメントしました。

ただその一方で記者から、ATPがWTAと足並みを揃え、ツアーの中国大会を中止する可能性があるか問われると、「声明文以上のコメントはない」と答えるにとどめ、態度を明確にしませんでした。

男子ツアーもシーズン後半に、上海マスターズなど中国で毎年いくつかの重要な大会が行われています。男子のトップ、ジョコビッチ選手はWTAを支持し「テニス界は団結すべきだ」と述べており、今後男子選手の間や世論が「中止」に傾けばATPも対応を求められる可能性がありそうです。

中国ではNHK、CNNなど海外メディアが彭問題のニュースを報じるとTV画面に「電波異常」の表示が出て放映がその間中断するらしい。こういう所もどうも信用できんよな…

WTA中国大会中止に世界の反応は?

WTAのツアー中国大会全面中止の決定は、世界の多くの人々から歓迎、評価されているようです。カナダ、オーストラリアなど各国テニス協会はすぐさま「WTAのリーダーシップに敬意を表する」などと支持を表明。

日本の山下JOC会長も「正しい判断だ」と賛同しました。海外ファンの受け止めも以下の通り総じて好意的です。

よくやったWTA!もっと多くの企業がこの酷い政府に立ち向かうことを願っている
この問題は、東京五輪で身の危険から帰国を拒否したベラルーシ選手と同じことだ
だいたい中国は西洋のスポーツに興味ないはず。私も私の知り合いも皆、北京五輪は見ないよ
これは静かな外交。僕らもできること何でも協力しよう

出典:https://www.youtube.com/watch?v=16zIOVARbuE

一方中国外務省は「スポーツの政治問題化に断固反対する」と強く反発。国営メディアに至っては「彭選手はWTAに憤慨している。抗議のメールを送った」などと伝えていますが、果たして真偽のほどはどうなのでしょうか。

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 政府要人との不倫を告白後、行方不明になった中国の彭帥問題で大揺れ
  • WTAは中国政府の後ろ向き対応に抗議して来年の中国大会を全部中止へ
  • ATPはWTAを支持しつつ「静観する」と態度未定。世界反応はWTA派が大勢
もしも彭さんが当局から軟禁されたり嘘発言を強要されたりしてたらと思うと……本当に心配。北京五輪までまだまだ尾を引きそうね

-女子テニス, 時事ニュース, 男子テニス

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.