プロ野球 野球

ホークス2020投手ローテーションどうなる?故障者一覧

プロ野球(NPB)2020シーズン開幕があとちょうど一カ月ほどに迫ってきました。東京五輪の中断を挟むため、例年より少し早く始まるペナントレース。

パリーグでは「打倒ソフトバンクホークス」に他の5球団が挑む構図ですが、その王者ホークスに早くも異変が。春季キャンプで投手中心に故障者が続出しているのです。

この分では、開幕時のホークスの投手ローテーションはどうなるのか。現時点の故障者一覧とともに、ローテーション予想をまとめてみました。

ホークス開幕戦は3月20日、今季から名前が「PayPayドーム」になった本拠地で対ロッテ3連戦だよ!(いきなり天敵だけど大丈夫かな……by鷹党)

ホークス2020投手ローテーションどうなる?

パリーグ制覇は2年連続で西武に奪われたものの、CSでリベンジし、セリーグ王者も撃破して3年連続日本一を成し遂げた19年の福岡ソフトバンクホークス

2020年シーズンこそは、「パリーグペナント奪還」と「日本一4連覇」の同時達成が至上命題となります。オフには〝近年珍しく〟外国人を積極補強。MLB54勝の左腕ムーア投手、本塁打日本記録保持者のヤクルト主砲・バレンティン外野手を獲得するなど、戦力の厚みをさらに増しました。

2・3軍の若手からも成長著しい選手を抜擢。満を持して臨んだ春季宮崎キャンプでしたが、キャンプ終盤を迎えた今、かなり多くの故障者が出て離脱を余儀なくされる「黄信号」がともっています。

キャンプ前からを含めた現状のホークス故障者(17日現在)をまとめてみました。

ホークス2020の主な故障者一覧

【投 手】

千賀滉大投手(右ふくらはぎの張り)
高橋礼投手(左大腿二頭筋の炎症)
甲斐野央投手(右肘内側側副靭帯の一部損傷)
・椎野新投手(右肩違和感)
・田中正義投手(右肘違和感)
・大竹耕太郎投手(左前腕部筋損傷)
・高橋純平投手(股関節張り)

・武田翔太投手(右肘手術受けリハビリ中)

【捕 手】

・海野隆司捕手(右肘違和感)

【野 手】

内川聖一内野手(左膝関節炎)

柳田悠岐外野手(右肘手術受けリハビリ中)

昨季セットアッパーとして大活躍し、侍JAPANでも世界に名を轟かせたルーキー甲斐野投手は、かなりの重傷と分かり開幕絶望。昨季新人王の高橋礼投手も当分かかりそうな状況です。

「絶対エース」千賀投手も当初は状態が心配されましたが、「大事をとった」形とのことで、既に投球練習を再開。順調にいけば開幕にはなんとか間に合いそうですが、近年先発として登板していた大竹、武田の若手両投手は当面リハビリが続く見通しです。

こうした新たな故障者発生の一方で、手術からのリハビリを終えたサファテ、岩嵜、東浜投手や石川投手らは元気に復帰し、再起に意欲的。キャンプのブルペンも明暗・悲喜こもごもな風景となっているようです。

では一カ月後のNPB開幕で、ホークスの投手ローテーションはどういう形になるのか予想してみましょう。

この主力リスト以外にも増田珠内野手、加治屋蓮投手、笠谷俊介投手らもリハビリ組。全部で10人以上もケガ人がいることになるのか!何でこうも毎年故障者が多いのかなぁ……

ホークス2020投手のローテ予想

開幕前に、主力組に故障者が相次いでいるホークスの投手・野手陣。キャンプで主力が集う「A組」だけで計9人の故障者が発生(17日現在)、このうち投手が7人と偏っているのもとりわけ心配な状況です。

仮に全員が「状態万全」だとした場合のホークスベスト投手布陣は、先発が千賀、高橋礼、バンデンハーク、東浜、和田、ムーア、大竹、武田、高橋純平ら。ブルペンは石川、甲斐野、モイネロ、嘉弥真、加治屋、椎野、松田遼、岩嵜、森、サファテらの各投手です。

このうち故障者を除いた上、3月下旬開催の東京五輪野球・米大陸予選にキューバ代表として出場が濃厚なモイネロ投手を外した、開幕時点のローテーション布陣を以下の通り予想してみました。

■ホークス開幕時ローテーション予想

【先 発】

・千賀滉大
・和田毅
・バンデンハーク
・ムーア
・東浜巨

【谷間の先発、または中継ぎ両用】

・高橋純平
・石川柊太
・二保旭
(その他候補……泉圭輔、板東湧梧、松本裕樹ら)

【中継ぎ・セットアッパー】

・岩嵜翔
・嘉弥真新也
・松田遼馬
・古谷優人
(その他候補……津森宥紀、杉山一樹ら)

【クローザー】

・森唯斗

バンデンハーク、和田両投手の仕上がり次第の面もありますが、先発は何とか「五枚」でスタート。好不調の状態を見ながら高橋純、石川、二保投手らがここに加わるか。また若手の泉、板東投手らがチャンスを掴めるかも注目されます。

昨季の鉄板ブルペンの象徴だった「甲斐野・モイネロ」の「飛車角落ち」を補うために、復活を期す岩嵜投手や期待の新星・古谷投手らがどこまでフル稼働できるか。その他の若手の伸張にも期待がかかるところです。

「キングオブクローザー」のサファテ〝大先生〟、調子は上向きとはいえ、開幕すぐの実戦登板っていうのには、首脳陣は慎重だろうな…

ホークス2020の投手へのみんなの反応

みんなの反応

甲斐野は長期離脱って話も〜 昨シーズン酷使し続けた身体が悲鳴を上げたのか こうなれば個人的には是非右の津森に開幕一軍入りを期待!

ネットの感想

一年目は上がブレーキかけなきゃいけないのに、逆に燃料注油しちゃうと危ないという結論

みんなの反応

ホークス1位って言ってたけどガチ予想は2位なんよね笑 投手陣今危うい 投手や主軸が別メニューばっかやけん、今年は怪しい

ネットの感想

「今年にかける!千賀2世」尾形崇斗ってのもいるぞ!「5年後にはホークスを引っ張っていける投手になりたい」

みんなの反応

ホークス怪我人多いからいい感じに接戦のパ・リーグになりそう。オリックスも若手投手頑張ってるし、アダムジョーンズ入ってきたし。日ハムが置いてかれそうな感じあるかな…

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • NPBホークスで早くも10人以上故障者が続出。開幕に暗雲
  • 甲斐野絶望、高橋礼出遅れ。モイネロは五輪予選で一時帰国へ
  • MLB54勝ムーア、復帰の岩嵜・東浜、新星古谷らでローテ構成か

ここ数年、ホークスは開幕前や序盤から故障者続出に悩まされ、なかなか戦力をフルに駆使したベストメンバーでは戦えていません。そして今季もまた、序盤は同じ形を強いられそうです。

ただ非常にハイレベルなしのぎ合いをしている選手たちだけに、どんなに日頃体を鍛えていてもケガはつきもの。球団としてはそれを「織り込んだ」上で戦力を整えないと、優勝争いはできないともいえます。

昨オフ、「日本人扱い」となったバレンティン選手を獲得し、サファテ投手とともに「外国人枠外起用」できる形にしたのもその一環。キューバ組不在時でも柔軟に対応できます。

主力選手の故障は、裏を返せば若手に出場のチャンスが巡ってくることも意味します。わずかな機会を逃さず結果を出して1軍定着ができるか。生き馬の目を抜くようなそんな〝サバイバル競争〟も、チームを強くする「ケガの功名」といえるのかもしれません。

-プロ野球, 野球
-

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.