陸上競技

東京マラソン中止の可能性が現実に?沿道の応援は?海外の反応「この決定を皆笑っている。なぜ全面中止にしない?」

3月1日(日)に行われる東京マラソン(定員3万8000人)の一般参加が中止となり、
東京オリンピック代表を決めるエリートランナーのみ約200人規模で実施されることになりました。
本サイトの「青梅マラソン2020が中止なしで炎上!新型コロナウイルス対応に苦心するイベント」で予測した通りの展開となってきました。

開催まであと2週間足らずですが、今後の感染の広がり方次第では、東京マラソン自体を中止する可能性さえ出てきました

この決定への海外の反応とともに見てゆきましょう。

これだけ感染が広がってはね

※この記事は2月17日段階のものです。東京マラソンはエリートランナーのみの出走となりました。

東京マラソン中止の可能性が現実に?沿道の応援は?

東京マラソンを全面的に中止する可能性が現実になってきました。
エリートランナーだけが走ったとして沿道の応援はどうすべきでしょうか?

まず、ここに至るまでの東京都や主催財団の新型コロナウイルス対応を振り返りましょう。

1月31日
新型コロナウイルスによる感染症への対応について
対策チームを組織し、常時、最新情報の収集に努め、具体的な対応策の検討を進めています。
2月6日
参加予定の中華人民共和国在住の皆様へ
中華人民共和国在住者で、日本に渡航できない、もしくは渡航を取りやめたため東京マラソン2020に参加できなかったランナーの方には、翌年の東京マラソン2021に出走することを可能とします(2/14参加料を免除するを追加)。
2月7日
小池都知事、東京マラソンの中国人参加自粛を要請
約1800人の中国人参加予定者にメールなどで参加自粛要請の連絡をしている
2月10日
〇EXPO会場、ランナー・ボランティア受付会場及び大会会場での消毒液の配備
〇ランナー受付会場及び大会会場での希望者へのマスクの配布
〇フィニッシュ会場でのウェットティッシュの配布
〇給食品の見直し(個別包装のものに切り替え、バナナも例年は切ってあるものを1本まるごとの配布とする)

参加予定のランナー、ボランティアは必ず検温、体調に少しでも不安があれば無理をせず、参加の可否を。
また、発熱、咳などの自覚症状がある場合には、参加を控えていただきたい。
2月17日
一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施すると決めた。

日本国内での感染が予想を超えて急激に広まったとはいえ、対策が後手後手に回っているという印象がぬぐえません。

現在の状況では、あと2週間で、東京マラソン全面中止という決定がありえないとは言えません。

オリンピックに影響しないよう対策が小出しに見える

一般ランナー参加中止へのみんなの反応

みんなの感想

今回はしかたないですね。
抽選に当たった方は残念ですが。楽しみにしている友人もいましたが。
オリンピック前の大会ですから感染者が出たら最悪でした。

ネットの反応

マラソン大会自体も取り止めていいと思うが、スポンサーなどの絡みで難しいのかね。
あとは沿道での応援も控えるように、自粛要請すべきだね。

みんなの感想

正しい選択かと。中国からも大挙して参加の予定だったので、強行すればパンデミックを起こし、東京オリンピックまで影響が出たと思います。エリート選手もやめた方が良いような気がするけどね。

ネットの反応

東京五輪の選考有るから中止出来なかったんだろうけど、これだと観客が集まるから、せっかく一般参加中止したのに効果が下がってしまうと思う。

みんなの感想

妥当な判断だ。代表選考だけやるというのは この時点で五輪開催中止を決められない以上やむを得ない。五輪も全くわからんけどね。

出典:ヤフコメ

今回の決定を評価する声が多いですが、全面中止を望む声も出ています。
サッカーと違いマラソンは無観客試合とはできないので、沿道の応援を控えてほしいと呼びかけるしかありません。

現在国内感染の初期段階で、全面的に国内に広がるかがこの2、3週間にかかっていると言われています。今は人混みにできるだけ出ないようにすることが個々に求められていると思います。

テレビで応援するわ!

東京マラソン規模縮小への海外の反応

みんなの感想

皆この決定を笑っています。なぜ全面中止にしないのですか?

ネットの反応

特に日本でコロナウイルスの症例が多いことを考えると、東京マラソンの開催をまだまだ進めようとしていることにかなり驚きました。日本がハイリスク国のリストにあることを考えると(ウクライナ)

みんなの感想

ここ米国では、過去数週間でコロナウイルスの拡散を防止するために日本が行ってきた戦略/行動について本当に懸念しています。

ネットの反応

コロナウイルスに過剰反応して東京マラソンを愚かにも中止しないことを願っています。 インフルエンザは世界中で数万人を殺すのに、ランナーは毎年インフルエンザのシーズン中に走っている!

出典:Twitter
(The telegram)東京マラソンだけでなく、コロナウイルスへの懸念にもかかわらず、東京オリンピック2020の延期も中止も検討していないとの組織委員会の発言に、英国の元公衆衛生局長のジョン・アシュトン博士は「子供じみている」と批判しました

4月までの中国での国際スポーツ大会は、中止または延期されています。
ゴルフのボルボチャイナオープン
2022年冬季オリンピックトレーニング北京訪問

まとめ

ココがポイント

  • 今までのコロナウイルス対策の後手後手の対応からすると国内感染の広がり次第で、東京マラソン全面中止の可能性もある
  • 全面的に国内感染が広がるかどうかの正念場をこの2,3週間が迎えていることを考える人混みをできるだけ避けるべきで、沿道の応援はやめて無観客試合とした方が良い
  • 海外は、主催者がまだ東京マラソンを開催しようとしていることに驚いている。それどころか東京オリンピックの中止や延期を検討もしていないことに批判的である

ようやく一般ランナーの参加中止を決定しましたが、国内感染のひろがりのスピードが予想以上であったとは言え、対策が後手後手に回った感があります。

7月開催の東京オリンピックまでに新型コロナウイルス感染が終息するという可能性はかなり厳しくなったのではないでしょうか?
海外はクルーズ船対応などで、日本の新型コロナウイルス対策戦略に厳しい眼を向けています。

今回の東京マラソンを教訓に、ただちに東京オリンピックの中止や延期の具体的検討を開始すべきではないでしょうか?
直前の中止では、東京マラソンどころではない大きな影響を世界中に与えますので。

この調子で、東京オリンピックできるのかしら?

-陸上競技
-

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.