日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

世界野球 国際

プレミア12スーパーラウンド2019の組み合わせとオッズまとめ

いよいよ6チームによるプレミア12スーパーラウンド2019がはじまります。
組み合わせ一覧を掲載し、最新のオッズとオープニングラウンドの各チームの戦いぶりから日本の優勝の可能性を探ります。

いよいよ始まるのね!

プレミア12スーパーラウンド2019組み合わせ

オープニングラウンドでの同じグループ同士は戦わず、勝敗を持ち超します。

 メキシコアメリカ日本韓国台湾オーストラリア
メキシコ――〇8-2●1-3●3-7○2-0○3-0
アメリカ●2-8――○4-3●1-5○3-2●1-2
日本○3-1●3-4――○10-8〇8-1○3-2
韓国○7-3○5-1●8-10――●0-7○5-0
台湾●0-2●2-3●1-8○7-0――○5-1
オーストラリア●0-3○2-1●2-3●0-5●1-5――
当然1位の3チームは有利だ!

プレミア12スーパーラウンド2019 のオッズと予想

現時点でのスーパーラウンド進出6チームのオッズを見てみましょう。
Marathonbetの現時点でのオッズの倍率は次のようになっています。
日本 2.85、韓国 3.20、メキシコ 5.0、アメリカ 7.0 チャイニーズタイペイ 8.0、オーストラリア 31.0
これをオープニングラウンド開始と比較しますと、
日本 3.30、韓国 5.00、メキシコ 16.0、アメリカ 4.80 チャイニーズタイペイ 16.0、オーストラリア 41.00
と、グループリーグ1位通過の3か国が上位となっています。
特にアメリカを大差で破ってグループAを1位通過したメキシコの躍進が大きくなっています。
前評判の高かったアメリカは2位通過で、順位を落とし、4番手となっています。

日本、韓国の1位と2位の差は変わりませんが、差が詰まってきています

オープンニングラウンドでの上位チームの戦いぶりを見てみましょう。

順位勝敗得点/失点HR
A1メキシコ3-024/54
A2
アメリカ2-121/1610
B1
日本3-020/52
B2台湾2-110/91
C1韓国3-015/10
C2オーストラリア1-25/90
メキシコは、3試合トータルで、24得点を上げながら、失点を5点に抑えており、投打のバランスが良いと考えられます。

韓国は非常に特徴があるチームで、得点は6チーム中4番目の15点にすぎませんが、失点をわずか1に抑えており、非常に守りに強いチームといえます。
1,2戦を抑えた2本柱のピッチャーに加えて、3戦目では サブマリンの先発が強力キューバ打線を抑え込み、継投で完封するなど。安定した試合運びが特に光っています。

日本は、20得点5失点と、メキシコほど打てず、韓国ほど守れていない状態にあります。
1戦目のベネズエラに苦戦し、何とか後半逆転でしのいだものの、楽勝と思われたプエルトリコに、4-0と大勝できず、強敵台湾戦になってようやく、8-1と、が投打がかみ合ってきたという状況です。
https://www.instagram.com/p/B4kUesDgP-w/
アメリカはダントツのホームラン10本で21得点を稼ぎながら、16失点を喫しており、投を含む守りに課題があるチームです。
2位通過となったため、1敗のハンデイを背負い、オープニングラウンド前での優勝候補予想から大きく陥落しました。

以上世界ランキング、オープニングラウンドでの戦いぶりからすると、韓国の堅実な強さが光ります。

日本は、少しずつ良くなってきたチーム事情がこのまま上昇気流に乗れば、可能性が出てきます。
地元での試合ということで、ファンの応援の後押しがあるというのは強みです。
メキシコ打線、アメリカ打線を投手陣が抑えることができるかも鍵になります。

韓国が一番強そう!

プレミア12スーパーラウンド2019に関するネットの反応

みんなの感想

韓国が最大の敵だと思う。

ネットの反応

なんだかんだで韓国は強いな
また最終戦が韓国というのが、なんかドラマがありそうな予感

みんなの感想

韓国に負けて優勝できなかったら、日本はエースがいなかっただの、辞退した選手が多かっただの言いだすんだろうな。

ネットの反応

初戦勝って勢いをつけたい

みんなの感想

厳しい戦いが続くでしょうが、優勝目指して頑張って下さい。応援しています。

出典:ヤフコメ
韓国への警戒心が最も強いようです。何とか前回の雪辱を果たしてほしいとの願いは勿論あります。

まとめ

プレミア12スーパーラウンド2019の組み合わせとオッズとこれまでの各チームの戦いぶりから優勝を予想しました。

ココがポイント

  • 堅実な戦いぶりの韓国チームが投打とも最も安定している。
  • 日本は3戦目にしてやっとエンジンがかかった。このまま上昇気流にのれるかが今後を左右する。
  • 韓国には東京五輪出場には、この大会で優勝するしかないという強いモチベーションがある。

最後は日韓対決になる可能性が大です。
日本に勝ってもらいたいのはやまやまですが、開催国として東京五輪出場権をすでに得ている日本に比べ、韓国は、優勝するしかありません。
アジア大会での屈辱、U-18での日本への闘争心や今大会の充実ぶりを見ると、韓国が一歩先に出ているように思えます。

うーんそれでも日本に頑張ってほしい!

-世界野球, 国際

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.