女子テニス

【衝撃】プティンツェアのラケット破壊の動画!トラウマ注意

プティンツェアのラケット破壊動画が衝撃的でした。
2020年10月に行われている全仏オープン。

ロシアの女子テニス選手である、ユリア・プチンツェワ選手はジュニア時代に世界ランク1位だった
将来有力視されるロシアを代表する選手。2017年には世界ランク27位まで上り詰め現在も27位になっています。

かつて大坂なおみ選手とも対戦したことがある、それなりに美人な選手。(インスタ貼っておきます)
その選手が変貌し、6回もテニスラケットを地面にたたきつけ、ラケットを完全破壊。

恐ろしくて、口があいたままの自分がいた。女性恐怖症になりそう...

プティンツェアのラケット破壊の動画!

プティンツェアのラケット破壊の動画の前に、普段どんな表情・顔の選手か見ておきましょう。

この投稿をInstagramで見る

Staying alive with @vossworld ✌🏼

Yulia Putintseva(@yulia_putintseva)がシェアした投稿 -

それなりに美しい選手だ。笑顔がとてもチャーミングで、友達になりたいと思うような雰囲気だね

ところが...期待されていましたが、格下相手に苦戦。この試合負けてしまいました。
試合中あまりのくやしさから...。

これから女性を怒らせないように気を付ける...トラウマになりそう

ラケット破壊のプティンツェア怒りの原因は?

現在自己最高である世界ランク27位を取り戻した25歳プティンツェア選手は
今大会期待されながらの出場。
相手は格下131位のボドロスカ選手。

結果は、
1-2(3-6、6-1、2-6)でナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)131位の勝利。

ラケット破壊は、第3セットで自分のミスの直後だった。

相手ではなく、自分自身にこんなに怒れる選手はビッグになるよ

まとめ

-女子テニス

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.