ボクシング

リードパンチとは?井上尚弥が言う意味を推測してみた「ジャブで倒すとの違い」「必殺のボディーブローは違う?」

「リードパンチで倒す」日本史上最高ボクサーである井上尚弥選手が、2021年12月にある格下であるディパエンとの試合においての
コメントの中でこのような発言をしたので
「リードパンチ?ジャブとは違うのか?」と思い、ボクシングファンではありますが、素人である筆者が調べてみました。

井上選手が言う「リードパンチで倒す」この意味の真意について探っていきます。

多分、素人が想像するのとは違う意味がある気がするんだけど考えすぎかしら
\12/14(土)15時45分~試合開始/
\ Abemaに登録して視聴する! /

250×250
  abema3つのポイント

  • 初登録14日間無料、その後月額960円(税込み)
  • MLB日本人選手試合も2021年後半から扱うことに!
  • おすすめは、朝倉未来1000万企画の見逃し・大相撲中継・バラエティ「極楽とんぼ加藤が愛人懇願迫真演技の神回」その他韓国独占ドラマ等

リードパンチとは意味は?

リードパンチとは、その意味は「ジャブ」とほぼイコールと思っていいですが、もっと広い意味も持つようです。
すなわち「ジャブと完全イコールとはいえない」と、筆者は解釈しました。

調べていく中で一番気になったのは以下の動画です。

この動画でも触れられていますが、ジャブについての奥深い発言があります。

「リードというくらいですから、強いパンチに導くパンチという意味も持つが」
「フロントフックもある」

これを見て一番に思い浮かぶのが、マロニーをダウンさせたのはあの「左のフロントフック」ですよね。
このパンチをなんと呼んでいいのか分からないのですが、これを「リードジャブのひとつ」と呼んだら筋違いでしょうか?

左のフック的なパンチ。レベル高いからなんて表現していいかわからん

個人的な解釈ですが、今回の井上選手の発言は

「左だけで倒す」

と単純にとらえていいのではないでしょうか?

リードパンチは、ジャブでもありますし、左フックでもある意味を含んでいると思います。

最初の動画のように「ジャブなのか左フックなのか分からないように撃つのが大事」とあるのもポイントではないでしょうか。

左のボディブローは入るのか?

井上尚弥選手といえば「左ボディブロー」
ニノト・ドネア戦でダウンさせ、本当は10カウント以上経ったでしょ!?と炎上したのも左ボディブローで
多くの強敵をこの得意の左ボディーブロー、別名レバーブローの餌食となっています。

レバーやられると本当にシャレにならんから。だいたい右効きだから右の強打に警戒するはずが、左の恐ろしいものもってるからほんとモンスター

井上選手の発言の「ボディブロー」はこれに入るのか?と聞かれれば、これは違うのではないかと、意見として言うことしかできません。

これはコンビネーションの中ででるとどめの一発なので、リードパンチと違うのでは、というのが正直な感想であります。

リードパンチ発言に関するみんなの反応

みんなの感想

いや、その後、えげつない一発食らわせるんでしょ

ネットの反応

うーん、逆にいえばリードパンチで勝てちゃう相手

みんなの感想

自分にプレッシャーをかけるね

ネットの反応

リードパンチで倒す、どういう意味だろう。なんか俺らの想像と井上チャンプの意図が違いそう。
そもそも次元が違うから

みんなの感想

ジャブとどう違うの??

出典:twitter

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.