ボクシング

オレクサンドル・ウシクの戦績と強さ!ヘビー級でフューリーより強いか?

プロボクシング・クルーザー級の4団体タイトルを統一し、無敵・無敗の王者に君臨したオレクサンドル・ウシク選手(ウクライナ)。いよいよ転向したヘビー級で本格的な戦いが始まります。

オレクサンドル・ウシク選手の戦績や強さは?ヘビー級で王者に返り咲いたフューリー選手より強いのか?今後の展望とともにまとめました。

ウシクさん、アウェイの試合多いけど負けなしの強さ!既にWBO1位だし、いよいよエンジンスタートね!

オレクサンドル・ウシクの戦績

オレクサンドル・ウシク選手はウクライナ生まれの33歳。アマボクシング出身で、2度の世界選手権でヘビー級金・銅メダルロンドン五輪でもヘビー級金メダリストになるなど、輝かしい成績を挙げた「母国の英雄」です。アマ時代の戦績は、ウィキペディアによると93勝16敗とされます。

五輪の準々決勝では、今や無敵の王者ベテルビエフ選手と戦って勝ってるんだね!プロでも対戦見たい!

13年にプロに転向してデビュー。実力通りの圧倒的強さで勝ち続け、17年には、あの井上尚弥選手がバンタム級で優勝した、同じ「最強決定トーナメント」のWBSSクルーザー級に参戦。

順当に勝ち進み、18年7月、モスクワの2万4000人の大観衆の前でガシエフ選手と4団体王座統一をかけた決勝戦を行い、3-0の判定勝ちでバーナード・ホプキンス、テレンス・クロフォードらに続く史上4人目の4団体統一王者となりました。

クルーザー級無敵となって、昨年から最重量のヘビー級に階級を上げ、10月にウィザスプーン選手を7回TKO勝ちで下し、ヘビー級第1戦を危なげなく勝っています。次戦は5月23日にロンドンで、WBOインターコンチネンタル王者デリック・チゾラ選手(英)との「ヘビー級第2戦」が予定されています。

プロでの戦績は17戦17勝(13KO)無敗。その一覧は以下の通りです。

オレクサンドル・ウシクの戦績一覧

日付対戦相手国籍対戦相手
当時の戦績
勝-負-分
勝敗内容時間備考
172019年10月12日チェズ・ウィザスプーン アメリカ合衆国38 3 0勝利TKO7R 終了
162018年11月10日トニー・ベリュー イギリス30 2 1勝利TKO8R 2:00WBA防衛1・WBC防衛2・IBF防衛1・WBO防衛6
152018年7月21日ムラト・ガシエフ ロシア26 0 0勝利判定3-012RWBA・WBC・IBF・WBO世界クルーザー級王座統一戦

WBA王座獲得・WBC防衛1・IBF王座獲得・WBO防衛5

WBCダイヤモンド王座・リングマガジン王座獲得
142018年1月27日マイリス・ブリエディス ラトビア23 0 0勝利判定2-012RWBC・WBO世界クルーザー級王座統一戦

WBC王座獲得・WBO防衛4
132017年9月9日マルコ・フック ドイツ40 4 1勝利TKO10R 2:18WBO防衛3
122017年4月8日マイケル・ハンター アメリカ合衆国12 0 0勝利判定3-012RWBO防衛2
112016年12月17日サビソ・ムチュヌ 南アフリカ共和国17 2 0勝利KO9R 1:53WBO防衛1
102016年9月16日クシシュトフ・グウォヴァツキ ポーランド26 0 0勝利判定3-012RWBO世界クルーザー級タイトルマッチ
92015年12月12日ペドロ・ロドリゲス キューバ22 1 0勝利TKO7R 1:57WBOインターコンチネンタル防衛4
72015年4月18日アンドレイ・クンヤデフロシア11 1 0勝利KO8R 2:24WBOインターコンチネンタル防衛2
62014年12月13日ダニー・ベンター 南アフリカ共和国19 6 0勝利TKO9R 2:29WBOインターコンチネンタル防衛1
52014年10月4日ダニエル・ブリューワー 南アフリカ共和国24 5 1勝利TKO7R 2:55WBOインターナショナルクルーザー級暫定王座決定戦→正規王座に認定
52015年8月29日ジョニー・ムラー 南アフリカ共和国19 4 2勝利TKO3R 2:59WBOインターコンチネンタル防衛3
42014年5月31日セサール・デビット・クランツ アルゼンチン21 8 0勝利KO4R 2:59
32014年4月26日ベン・ナサロアフドイツ15 9 2勝利KO3R 1:43
22013年12月14日エピファニオ・メンドーサ コロンビア34 15 1勝利TKO4R 2:10
12013年11月9日フェリペ・ロメロ メキシコ16 7 1勝利TKO5R 1:36プロデビュー戦
次戦のチゾラって、相手にビンタしたり水を吹きかけたり、乱闘を起こすなど通称通りの「悪童伝説」でも有名なんだよなーww

オレクサンドル・ウシクの強さ・経歴

無敗の戦績、重量級のクルーザーでの4団体統一。オレクサンドル・ウシク選手は、かつての名王者イベンダー・ホリフィールドと並んでクルーザー級歴代最強と称されるほどの強さです。

権威あるボクシングメディア「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンドでも5位にランクする天才的ボクサー。スタイルはサウスポーで、クルーザー・ヘビー級といった重量級とは思えないほどの俊敏な驚異的フットワークの持ち主です。

サイドに動いてはワンツーを放つ躍動的なアウトボクシングが特徴。打っては必ずサイドに動き、ハンドスピードも高速。コンビネーションも非常に速く、しかも左ストレートも強烈なパワーがあります。

ガシエフ戦で見せたようにスタミナもあるうえ、スマートさ、パワー、スピード全てが高い水準にある完成度の高いボクサーだといえます。そのプロフィールは以下の通りです。

オレクサンドル・ウシクのプロフィール

本名オレクサンドル・アレクサンドロビッチ・ウシク 
通称The Cat (猫)
出身シンフェロポリ
国籍ウクライナ
誕生日・年齢1987年1月17日生まれ
身長190cm
リーチ198cm
アマ戦績109戦 93勝 16敗
プロ戦績17戦 17勝 (13KO) 無敗
デビュー2013年11月9日
経験階級ヘビー級
ライトヘビー級
クルーザー級
ミドル級
利き手
タイプサウスポー
KO率76.5%
入場曲
その他アマチュア時代
ベテルビエフに2度勝利している

ウシクはフューリーに勝てるか?

オレクサンドル・ウシク選手のヘビー級2戦目となる5月の次戦相手、チゾラ選手は戦績32勝(23KO)9敗。負け数が多いようにも見えますが、これはクリチコ、デビッド・ヘイ選手らかなりの実力者との対戦が多かったためといわれます。

とにかく前に前に突進して打ち合いを挑むファイターとして知られ、どんな強豪相手でも決してこのスタイルを変えず、スタミナもあるタフなボクサー。ウシク選手とのタイプは180度違うため、「さすがのウシクも苦戦するのでは」とのファンの声もあるようです。

ただチゾラ選手は過去に2度、先日見事にワイルダー選手との「頂上決戦」に圧勝したタイソン・フューリー新王者と戦い、いずれも敗れています

11年の初対戦では判定までもつれる善戦でまだ若きフューリー選手を苦しめたものの、14年の再戦ではワンサイドに押しまくられ、10回で棄権。

ウシク選手としては、そのチゾラ選手のしつこい攻めをどうさばき、持ち前の超絶なテクニックとスピードで上回ることができるか。将来顔合わせも予想される「フューリー戦」の仮想マッチともなりそうです。

ウシクさんが早い回に完勝できれば、フューリーさんとも互角に戦える証明になるかもしれないわね

ウシクのみんなの評価まとめ

みんなの反応

ヘビーの門番wチゾラに勝てなければ上には行けないし、勝てればトップ戦線へ

ネットの感想

徐々に食い込んできたな。トップ3のその次、今回のチゾラ以外に、ホワイトとかオルティスあたりのグループとあと3戦ぐらいしたら、ジョシュアやフューリー戦実現かな?

みんなの反応

コロナ騒ぎで世界中がパニックにも関わらず、マッチルームはウシクvsチゾラを発表したわけだが。マジで大丈夫なの?

ネットの感想

パワーでだいぶ劣るウシクはいかに撹乱できるかだな〜 そう考えると同じクルーザー上がりでチゾラをKOしたヘイは凄かったんだな

みんなの反応

ウシクvsチゾラvsコロナ……誰が勝つのか

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • ヘビー級転向のクルーザー最強王者ウシクが5月にチゾラ戦決定
  • 戦績17戦無敗、4団体統一の天才。俊敏さ・パワーなど全て高水準
  • まだ体格ではヘビー級調整途上。次戦はフューリー戦を占う試合に

満を持してヘビー級転向したウシク選手ですが、初戦には紆余曲折が。最初の相手との試合前に、ウシク選手が上腕二頭筋を負傷して延期。次に決まったスポーン選手は試合の直前になってドーピング検査で陽性が発覚。二転三転の末、ウィザースプーン選手との試合になりました。

ただ土壇場の代役でもあり、レベルとしては物足りない相手で、「ヘビー級ボクサー・ウシク」の実力は見えないまま。体重上限のないヘビー級では、ウシク選手といえども「体格的にはまだスモール」との声もあり、体を増量した後も同じように機敏な速さを保てるのか。次戦でそれらの答えが出そうです。

フューリーは2m・100kg超であの軽やかさ!パワーとの両立が強みでもある

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.