ボクシング

パッキャオの戦歴・強さは今も変わらない?息子のボクシングも気になる!

世界ボクシング界の「生けるレジェンド」。バリバリの現役を続ける「歴史上の人物」。それがマニー・パッキャオ選手です。

コロナ禍で不透明な部分はありますが、今夏にも再び試合が噂されるパッキャオ選手。その輝かしい戦歴とは?息子もボクシングが強いという説は本当でしょうか。パッキャオ選手のこれまでと現在をご紹介します。

極貧から腕1本で億万長者のセレブへ。40過ぎた今も世界王者。まるで映画みたいな人生も世界中の羨望の的よね!

マニー・パッキャオの戦歴

マニー・パッキャオ。本名エマヌエル・ダピドゥラン・パッキャオ選手はフィリピン出身の41歳です。近代ボクシング史上2人しかいない世界6階級を制覇した伝説の王者であるとともに、プロモート活動も行ったり、母国フィリピンでは上院議員を務めるかたわら、国内プロバスケットボールチームの選手兼ヘッドコーチでもあるという「スーパーマルチ人間」です。

身長166cmと成人男性としては小柄ながら、フライ級からスーパーウェルター級まで自在に体重を増やし、ことごとく王者となってきた天才。フェザー級でバレラ、スーパーライト級でハットンという「世界最強」と目された実力者にも圧勝しているため、海外では「8階級制覇王者」と呼ばれることもあります。

愛称は「パックマン」が1番有名かな。美人の奥さんと3人の息子、2人の愛娘の家族愛でも知られる人格者!

格闘技が盛んな母国でも抜きんでた英雄であり、まさに〝神〟のようなアジアが誇る超人。プロ戦績は71戦62勝(39KO)7敗2分けです。

その戦歴は短い文章ではご紹介しきれないほど濃密。世界の各階級で、並み居るトップクラスの強豪王者をことごとくなぎ倒しています。ごく一端を列挙してみました。

・メキシコの伝説的4階級制覇王者モラレスと対戦。初戦敗退も再戦再々戦で圧勝して決着をつけた。

・やはりメキシコの強豪・3階級制覇王者マルコ・バレラを2度破る。03年の初戦のKO勝利はパッキャオ伝説の〝始まり〟。

・またまたメキシコのスター・4階級制覇王者ファン・マルケスと計4度も対戦。引き分け・判定勝ち2回の後、12年の4戦目では6Rに相手右ストレート直撃で失神・痙攣する壮絶なKO負け

・これもメキシコのレジェンド、後にパッキャオ選手が並ぶことになる、史上初の6階級制覇者オスカー・デラホーヤと対戦。体格差から「不可能」とされた夢の試合で、予想を覆しパッキャオが8RTKO勝ち

メキシカンキラーだったため、一時期「メキシコ人処刑者」という通称が付いて、本人は「偶然そうなっただけ」と嫌がっていたらしい

・15年にメイウェザーJrと「世紀の1戦」。判定負けだったがメイウェザー270億円、パッキャオ184億円という目のくらむファイトマネーも話題で、史上最多収入試合に。

他にもハットン、マルガリート、モズリーら数々の実力者を寄せ付けなかった強さのパッキャオ選手。その戦歴一覧は以下の通りです。

パッキャオの戦歴一覧

日付対戦相手国籍対戦相手戦績
勝 負 分
勝敗時間内容備考
712019年7月20日キース・サーマンアメリカ合衆国29 0 0勝利12R判定2-1WBA世界ウェルター級王座統一戦

WBA防衛2
702019年1月19日エイドリアン・ブローナーアメリカ合衆国33 3 1勝利12R判定3-0WBA防衛1
692018年7月15日ルーカス・マティセーアルゼンチン39 4 0勝利7R 2:43TKOWBA世界ウェルター級タイトルマッチ
682017年7月2日ジェフ・ホーンオーストラリア16 0 1敗北12R判定0-3WBO王座陥落
672016年11月5日ジェシー・バルガスアメリカ合衆国27 1 0勝利12R判定3-0WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
662016年4月9日ティモシー・ブラッドリーアメリカ合衆国33 1 1勝利12R判定3-0WBOインターナショナルウェルター級王座決定戦
652015年5月2日フロイド・メイウェザー・ジュニア アメリカ合衆国47 0 0敗北12R判定0-3WBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦

WBO王座陥落
642014年11月22日クリス・アルギエリ アメリカ合衆国20 0 0勝利12R判定3-0WBO防衛1
632014年4月12日ティモシー・ブラッドリー アメリカ合衆国31 0 0勝利12R判定3-0WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
622013年11月23日ブランドン・リオス アメリカ合衆国31 1 1勝利12R判定3-0WBOインターナショナルウェルター級王座決定戦
612012年12月8日ファン・マヌエル・マルケス メキシコ54 6 1敗北6R 2:59KO
602012年6月9日ティモシー・ブラッドリー アメリカ合衆国28 0 0敗北12R判定1-2WBO王座陥落
592011年11月12日ファン・マヌエル・マルケス メキシコ53 5 1勝利12R判定2-0WBO防衛3
582011年5月8日シェーン・モズリー アメリカ合衆国46 6 1勝利12R判定3-0WBO防衛2
572010年11月13日アントニオ・マルガリート メキシコ38 6 0勝利12R判定3-0WBC世界スーパーウェルター級王座決定戦/6階級制覇
562010年3月13日ジョシュア・クロッティガーナ35 3 0勝利12R判定3-0WBO防衛1
552009年11月14日ミゲール・コット プエルトリコ34 1 0勝利12R 0:59TKOWBO世界ウェルター級タイトルマッチ/5階級制覇

WBC世界ウェルター級ダイヤモンド王座決定戦
542009年5月2日リッキー・ハットン イギリス45 1 0勝利2R 2:59KOIBO・リングマガジン認定・世界スーパーライト級タイトルマッチ
532008年12月6日オスカー・デ・ラ・ホーヤアメリカ合衆国39 5 0勝利8R終了TKO
522008年6月29日デビッド・ディアス アメリカ合衆国34 1 1勝利9R 2:24KOWBC世界ライト級タイトルマッチ/4階級制覇
512008年3月15日ファン・マヌエル・マルケス メキシコ48 3 1勝利12R判定2-1WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ/3階級制覇

リングマガジン認定・世界スーパーフェザー級王座決定戦
502007年10月6日マルコ・アントニオ・バレラ メキシコ63 5 0勝利12R判定3-0WBCインターナショナル防衛5
492007年4月14日ホルヘ・ソリスメキシコ34 0 2勝利8R 1:16KOWBCインターナショナル防衛4
482006年11月18日エリック・モラレスメキシコ48 4 0勝利3R 2:57TKOWBCインターナショナル防衛3
472006年7月2日オスカー・ラリオス メキシコ56 4 1勝利12R判定3-0WBCインターナショナル防衛2
462006年1月21日エリック・モラレスメキシコ48 3 0勝利10R 2:33TKOWBCインターナショナル防衛1
452005年9月10日ヘクトール・ベラスケス メキシコ42 10 2勝利6R 2:59TKOWBCインターナショナルスーパーフェザー級王座決定戦
442005年3月19日エリック・モラレス メキシコ47 2 0敗北12R判定0-3WBCインターナショナル・IBA世界スーパーフェザー級王座決定戦
432004年12月11日ファーサン・3Kバッテリー タイ44 7 1勝利4R 1:26TKOIBF世界フェザー級挑戦者決定戦
422004年5月8日ファン・マヌエル・マルケス メキシコ42 2 0引分12R判定1-1WBA・IBF世界フェザー級タイトルマッチ
412003年11月15日マルコ・アントニオ・バレラ メキシコ57 3 0勝利11R 2:56TKOリングマガジン認定・世界フェザー級タイトルマッチ
402003年7月26日エマヌエル・ルセロ メキシコ21 0 1勝利3R 0:48KOIBF防衛4
392003年3月15日エリクザーン・イェシュマンベトフカザフスタン17 5 1勝利5R 1:52TKO
382002年10月26日ファーブラコム・ラキットジム タイ37 2 0勝利1R 2:46TKOIBF防衛3
372002年6月8日ホルヘ・エリセール・フリオコロンビア44 3 0勝利2R 1:09TKOIBF防衛2
362001年11月10日アガピト・サンチェス ドミニカ共和国31 9 2引分6R 1:12負傷判定

1-1
IBF・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦/IBF防衛1
352001年6月23日レーロホノロ・レドワバ南アフリカ共和国33 1 1勝利6R 0:59TKOIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ/2階級制覇
342001年4月28日ウェタヤ・サクムアンクラン タイ40 3 0勝利6R 2:49KOWBCインターナショナル防衛5
332001年2月24日千里馬哲虎 日本(千里馬神戸)19 4 3勝利5R 1:06TKOWBCインターナショナル防衛4
322000年10月14日ナデル・フセイン オーストラリア19 0 0勝利10R 1:48TKOWBCインターナショナル防衛3
312000年6月28日蔡昇坤 韓国23 0 0勝利1RTKOWBCインターナショナル防衛2
302000年3月4日アーネリル・バロテリオ フィリピン22 9 3勝利4RKOWBCインターナショナル防衛1
291999年12月18日レイナンテ・ハミリ フィリピン41 5 0勝利2RTKOWBCインターナショナルスーパーバンタム級王座決定戦
281999年9月17日メッグン・3Kバッテリー タイ18 0 0敗北3R 1:32KO体重超過により王座剥奪
271999年4月24日ガブリエル・ミラ メキシコ19 7 1勝利4R 2:45KOWBC防衛1
261999年2月20日トッド・マケリン オーストラリア7 4 0勝利3R 2:52TKO
251998年12月4日チャチャイ・ダッチボーイジム タイ32 1 1勝利8R 2:54TKOWBC世界フライ級タイトルマッチ
241998年5月18日寺尾新 日本(八王子中屋)10 2 1勝利1R 2:59TKO
231997年12月6日タノンディ・シンワンチャー タイ勝利1R 1:38KOOPBF防衛1
221997年9月13日メルビン・マグラモ フィリピン勝利10R判定3-0
211997年6月26日チョクチャイ・チョクビワット タイ勝利5R 2:46KOOPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
201997年5月30日アリエル・オーストリア フィリピン勝利6RTKO
191997年4月24日李旭基 韓国勝利1R 1:04KO
181997年3月8日マイケル・ルナフィリピン勝利1R 1:56KO
171996年12月28日イ・サンユル 韓国勝利2R 1:51TKO
161996年7月27日イッポ・ガラインドネシア勝利2RTKO
151996年6月15日バート・バティラー フィリピン勝利4RTKO
141996年5月20日ジョン・メディナ フィリピン勝利4RTKO
131996年4月27日マーロン・カリーリョ フィリピン勝利10R判定3-0
121996年2月9日ルスティコ・トーレカンポ フィリピン敗北3R 0:29KO
111996年1月13日リト・トレホス フィリピン勝利5R負傷判定
101995年12月9日ローランド・ツユゴン フィリピン勝利10R判定3-0
91995年11月11日ロドルフォ・フェルナンデス フィリピン勝利3RTKO
81995年10月21日レナト・メンドネス フィリピン勝利2RTKO
71995年10月7日ロリト・ラロア フィリピン勝利8R判定3-0
61995年9月16日アルマン・ロルシフィリピン勝利3RKO
51995年8月3日フラッシュ・シンバジョンフィリピン勝利6R判定3-0
41995年7月1日デール・ダシアート フィリピン勝利2RTKO
31995年5月1日ロッキー・パルマ フィリピン勝利6R判定3-0
21995年3月18日ピノイ・モンテホ フィリピン勝利4R判定3-0
11995年1月22日エドムンド・イグナシオ フィリピン勝利4R判定3-0プロデビュー戦

↓プロデビュー当時のパッキャオ

View this post on Instagram

January 22, 1995 25 years ago today, I started my professional boxing career. I never imagined life would bring me to where I am now. I never dreamed of all the accomplishments my future would hold. Boxing changed my life forever. It lifted my family and I out of poverty, brought me places I never dreamed I would be, and provided me the opportunities to help others along the way. However, I would not be where I am today if it were not for my family, who always stood beside me through the ups and downs; my coaches and team, who worked tirelessly to get us where we needed to be; my countrymen, who encouraged me and allowed me the privilege to represent our beloved country - the Philippines; and to all my fans around the world, who continually cheered me on and supported me. Manny Pac-Man Pacquiao has made it this far because of you, so I dedicate this day to all of you that have been there for me these past 25 years. Thank you all so much and may God bless!

A post shared by Manny Pacquiao (@mannypacquiao) on

パッキャオの強さは今も健在?

輝かしく、かつ劇的なドラマばかりのパッキャオ選手の戦歴。70戦以上の豊富な経験だけでなく、戦歴の内容こそが強さと名声を裏付けているといわれます。メディアではこう評されます。

パッキャオが評価されている最大の理由は史上2人目である6階級制覇という数字より、世界王者の中でも超一流の選手を幾多の階級にわたって撃破(その多くは圧勝)してきた点にある。近年のボクシング界では、既に人気を確立したスター選手は世界タイトルを返上してでも、他の強豪選手・人気選手とのビッグマッチを優先させることが多くなってきているが、その象徴的な選手がパッキャオである。
Wikipediaより

ケガで30代後半のとき一度は引退表明したものの、またリング復帰したパッキャオ選手。全盛期の優れたスピードとスタミナ、縦横無尽に動いて手数で圧倒するスタイルが衰え、09年から18年まで9年間もKO・TKO勝利がないなど決定力・爆発力に陰りが出てきたとの声もあります。

ただ昨年のブローナー、サーマン戦を見る限り、サウスポーの中間距離が得意なファイターぶりはいまだ健在。踏み込みは鋭く、手数・運動量も41歳とは思えない豊富さで、本人も「今年7月には試合をしたい。マイキー、スペンス、クロフォードら候補はたくさんいるよ」と意欲的だそうです。

パッキャオのプロフィール

本名エマヌエル・ダピドゥラン・パッキャオ 
通称Pacman(パックマン)
Mexican Killer(メキシカン・キラー)
The Destroyer(破壊者)
出身ブキドノン州キバウェ
国籍フィリピン
誕生日・年齢1978年12月17日
身長166cm
リーチ170cm
アマ戦績64戦 60勝 4敗
プロ戦績71戦 62勝(39KO)7敗 2分
デビュー1995年
経験階級現・ウェルター級
ライトフライ級 -
フライ級
スーパーバンタム級
スーパーバンタム級
フェザー級
スーパーフェザー級
ライト級
スーパーライト級
スーパーウェルター級
利き手
タイプサウスポー
KO率54.93%
入場曲Survivor「Eye Of The Tiger」
その他

さてそんなパッキャオ選手ですが、家族愛も人一倍。愛する息子もボクシングを目指しているというのは本当でしょうか。

https://www.instagram.com/p/B7yDXQPFZ2V/

パッキャオの息子もボクシング!強いの?

振り返るだけでもボクシングの歴史を感じるパッキャオ選手の戦歴。その彼も5人の子供の父親で、息子もボクサーを目指しているといいます。

海外メディアの報道によると、長男ジミュエル君が最近本格的にボクシング練習に打ち込んでおり、父親譲りのセンスを見せているとか。

ただ両親は猛反対。パッキャオ選手は「ボクシングは辛いから胸が痛む。妻も泣きながら『やめて』と懇願したよ。息子には『パパは貧乏だったからボクシングを始めたんだ。お前はボクシングをする必要がないんだよ』と伝えているんだが…」と困惑気味。

しかし息子の決意は固く「パパがボクシングを愛しているように、ボクシングは僕にとっての情熱なんだ」「ママは僕の夢を殺す気なの?」と反発。これには両親も折れ、態度を「軟化」し始めたそうです。

その後父は「息子は毎日練習して私の動画を見ているよ」とやや誇らしげ。ある家族の食事時には、妻ジンキーさんがインスタに以下のような動画をアップしていました。近い将来のリングデビューが楽しみですね。

↓つい熱心に息子を指導してしまう(?)マニーパパ
https://www.instagram.com/p/BubPFc-HgLE/

心配だろうけど、息子が背中を追ってくれることがパパの本音ではとっても嬉しいのよ!

パッキャオ現在のみんなの評価

みんなの反応

アメリカのボクシング人気は凄い!マニー・パッキャオの年収…34億円!さすが怪物ボクサー

ネットの感想

マニーは国で貧困地域を回り、救済活動を勢力的にやっている。恩恵を国民に返したいと家千件も贈呈。これこそ国民に寄り添える本物の政治家でしょう。日本の首相に伝えたい

みんなの反応

日本テレビ「アナザースカイII」で白濱亜嵐が母の故郷フィリピンへ。亜嵐、パッキャオとの面会に大感激「歴史上の人物と会う感覚」

ネットの感想

フィリピンていったらパッキャオだよ。はー、すごいわ。大好き!

みんなの反応

人目無いから思いっきり咳したら肋骨パッキャオした

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • 世界の強豪ばかりなぎ倒し続けた戦歴誇るパッキャオ
  • マルケス、デラホーヤ、メイウェザー…。壮絶失神負けも
  • 息子もボクサー志望。反対しながらつい熱心指導するパパ

今年1月。16歳のプロデビューから25年がたち、感慨深くその時の初々しい写真をインスタにアップしたパッキャオ選手。

貧しさのあまり中学校を中退し、家計を助けるためフィリピンの路上でパンや花を売っていた少年が、今や世界の頂点に君臨し、母国の政治も手掛ける英雄に。

「人生が自分をここに連れてくるとは…」とパッキャオ選手。その存在は、世界の似た境遇の子供たちに限りない夢を与えているようです。

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.