格闘技

アダム・ブアフフの戦績と強さ!【動画あり】ボクシング仕込みで最強の刺客?

キックボクシング団体の「K-1」が3月22日、さいたまスーパーアリーナで「K’FESTA.3」を開催します。メインイベントとなる対戦が、〝カリスマ〟K-1WORLD GP スーパー・フェザー級王者・武尊選手と、ISKA世界ライト級王者アダム・ブアフフ選手(モロッコ)の1戦です。

武尊選手の相手アダム・ブアフフ選手とは?ボクシングにもルーツがあるというその戦績や強さを探りました。

3月下旬の開催だから、今は無事行われるよう祈りたいところだけど…

アダム・ブアフフの戦績・動画あり

新生K-1旗揚げ以来トップに君臨し続けてきた武尊選手。3階級制覇を遂げるなど戦績は39戦38勝(22KO)1敗と連勝街道の歩みは依然止まりません。

今回対戦する相手がアダム・ブアフフ選手。K-1公式サイトによれば、90年モロッコ・ラバト生まれ。元プロファイターの父親がトレーナーを務める「親子鷹」のオーソドックスファイターです。

これまで、米国に本部があるキックボクシングと総合格闘技の王座認定団体・ISKAの世界ライト級(-61kg)王座や、WKU世界スーパー・フェザー級、TAKEDOWN FCスーパー・フェザー級の王座を獲得している実力者。プロ戦績 は15戦15勝(9KO)と負けなしの強さを誇っています。

公式動画は以下の通りです。

↓ブアフフ選手公開練習

ブアフフさん、コロナ渦中なのに「日本が好き」と来日してくれて、人柄も紳士的で好感持てるなあ~

アダム・ブアフフの強さ・アマボクシング経験あり

無敗の戦績を誇るアダム・ブアフフ選手は、モロッコや欧州を中心にテコンドーやアマチュアボクシングの大会でも活躍し、フルスイングのパンチと変則的な蹴り技を得意にしている実力派。

公開練習動画を見ると、正確に繰り出されるパンチや強烈なミドルキック、ヒザ蹴りなどの攻撃は、受け手のトレーナーが後ずさりするほど、相当の威力や強さがあるようです。

元々はプロ格闘家の父から、幼少期に習ったボクシングがルーツというブアフフ選手。報道によれば、アマチュアを含めると戦歴は100戦以上にも上るそうです。4歳からはテコンドーも学び始め、現在のファイトスタイルや俊敏なフットワークの基になったといいます。

高いボクシングの基礎技術に加え、パワーあるキックなどの攻撃力を持ち合わせたブアフフ選手。武尊選手にとっては「最強の刺客」の一人といえるかもしれません。

ブアフフ選手「魔裟斗選手などK-1は小さい頃から憧れた舞台だったので、立てて嬉しい」。あの頃、モロッコでも見ることができたんだね!

↓武尊、ブアフフ選手調印式&会見

ブアフフvs武尊のみんなの予想

みんなの反応

ブアフフのミット打ち見た。蹴った後の体のブレ、パンチは基本接近戦用、強い攻撃も接近戦用…。武尊選手は接近戦がベラボーに強いし得意…。う〜ん…厳しいだろうね

ネットの感想

ブアフフ強そうだしいい選手やんけ。絶対武尊と噛み合うしアグレッシブで攻撃力もやばそう

みんなの反応

ブアフフの公開練習の動画見たけど、蹴りの凄さ以上にボワンボワン跳ねる髪の毛が気になってしまった・・・

ネットの感想

渋谷のイベントでのブアフフ選手、スタイリッシュでイケメンだったな〜

みんなの反応

今はともかくK'FESTA.3決行祈願というか、 コロナ禍収束祈願…

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • 3月下旬のK-1で武尊とアダム・ブアフフがメインで対戦
  • K-1史上初となるK-1 WORLD GPとISKAのダブルタイトル戦
  • ブアフフはアマボクシングの経験も豊富なモロッコの強豪

3月の「武尊vsブアフフ」戦は、二人共がタイトルホルダーでもあり、武尊選手の持つ「K-1 WORLD GP」とブアフフ選手の「ISKA」のベルトをかけたダブルタイトルマッチとなります。

K-1の中村プロデューサーは「ベルト2つをかけて戦うことはK-1の歴史で初めてで、この試合の勝者はK-1の歴史を作るチャンピオンになると思います」とコメント。

ISKA王座は過去にも魔裟斗、ジェロム・レ・バンナらK-1黄金期のスターが手にしてきたタイトルでもあり、武尊選手も「K-1史上初の偉業を成し遂げられるのは僕だけだと思う」と意欲を新たにしているようでした。

一カ月前ですでにブアフフの調整は十分な様子。やる気満々だね-。それにしても試合までずっと日本にいるのかな…?

-格闘技

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.