ボクシング

ロマゴンvsヤファイの結果!コンビ―ネーションモンスター!テニスで言えばフェデラー

ロマゴンvsヤファイの結果速報です!

かつてのフライ級P4P1位、ローマン・ゴンザレス、こと通称ロマゴンが
スーパーフライ級王者ヤファイを9回TKOで下しました。

それにしても攻撃的なコンビネーションに誰もが圧倒し、
そのすばらしさにため息のような声が多く漏れました。

見ていて気持ちいいわ。テニスで言えば「フェデラー」
でもロマゴン、顔は亀田三兄弟に似てきたぞ

ロマゴンvsヤファイの結果

ロマゴンvsヤファイの結果です。

試合前の予想ではロマゴン不利の予想で
オッズがロマゴン:ヤファイ=2.1:1.75
でしたが、蓋を開けてみれば、ロマゴンのテクニックの圧倒。

9R 0:29でTKO勝利。

たしかに、少しヤファイの方がパワーがあり、ロマゴンのパワー不足はこの階級では否めないという感じはありましたが
ほぼ圧倒的勝利。

ヤファイ戦に見るロマゴンの今後

ヤファイ戦を見て思うに、ロマゴンのコンビネーションへ対応するのは非常に難しいと感じるものの
「パワー不足」
「撃たれやすいファイトスタイル」
という、ロマゴンの弱点は健在でありました。

それでもスーパーフライ級で花を咲かせたいのでしょう。
あの小さな体で王者をほぼ圧倒しました。

アッパーからのボディというのを、実践で友達とやってみたのですが
確かに下から上に意識が行くことで、ボディがくるという意識が欠如する感じがあります。
また撃つ方も体が上に伸びるために、ボディを撃ちにくいように思います。

しかし、それを綺麗にやるのは体幹部の強さと柔軟性かと思います。

パンチの当て勘が素晴らしく、「そうそう、そこに撃つのが効率的だよね!」というところにいきますよね。
こう撃ったらここが空くからこう撃つ。
みたいなパターンが頭の中にあり練習をしてきたのか、
天性の才能なのか、空いたところに打ち込む、アグレッシブなスタイルで見ている観客もかなり満足な内容でありました。

まとめ

このまま井岡vsロマゴンも面白そうですね。
恐らくポイントはロマゴンに付きやすいでしょうけれど、パワーと防御力は井岡選手なので
それでどうなるか?というところ。

パワーで一発いいところにロマゴン当てれば倒れそうな気もしますがどうでしょうか。

今回まさにロマゴンは「テニスで言えばフェデラー」という感じでありました!

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.