ボクシング

ロマゴンの戦績一覧!弱くなったは本当か?ヤファイ戦を占う

かつて「ロマゴン」の愛称で親しまれ、日本でもその超絶な強さが羨望を集めたボクシング4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス選手

王座陥落やケガもありここ最近「音沙汰なし」でしたが、ようやくタイトル奪還へ再始動するようです。

2月に王者ヤファイ選手との久々の世界戦が報じられる「ロマゴン」選手。その戦績や「今は弱くなった」説は本当なのかを探りました。

ロマゴン選手の母国での通称は「チョコラティート(スペイン語でチョコ)」。若い頃からのあだ名らしいけど、なんだかボクサーぽくなくて可愛いww

ロマゴンの戦績一覧

ニカラグア出身、32歳の「ロマゴン」ことゴンサレス選手。アマ時代から負けなしのもの凄い戦績で知られ、05年にプロ入りしても連勝街道をばく進。

ミニマム→ライトフライ→フライ→スーパーフライ級と次々に階級を上げながら、一度も敗れず。17年3月まで何とプロ46連勝、アマ時代を合わせると133戦無敗というとんでもない強さを誇ったボクサーです。

16年に母国初の4階級制覇王者となったころには、「階級を超えた世界最強」、PFP(パウンド・フォー・パウンド)1位の称号を手にする絶頂期に。17年に王座陥落、連敗を喫するなどキャリアが暗転し、「ついにピークアウト」「ロマゴンも弱くなった」と噂されます。

しかし昨年12月、ケガのブランクが明け、村田諒太選手の前座として横浜で再起戦を行い、鮮やかな2RKO勝ちを収めて健在ぶりをアピール。世界再挑戦へ意欲を見せました。

50戦48勝(40KO)2敗のこれまでのプロ戦績一覧は以下の通りです。

日付勝敗時間内容対戦相手相手国籍備考
12005年7月1日2RKOラモン・ウルビナ ニカラグアプロデビュー
22005年8月19日1RKOニコラス・メルカド ニカラグア
32005年9月30日1RKOダビド・センテーノ ニカラグア
42005年10月15日3RKOエディ・カストロ ニカラグア
52006年1月20日1R 2:18TKOロベルト・メサ ニカラグア
62006年3月3日2RKOホセ・マルティネス ニカラグア
72006年3月31日6RTKOフランシスコ・メサニカラグア
82006年9月1日2RKOフランシスコ・メサ ニカラグア
92006年10月6日1RKOオスカル・ムリージョニカラグアニカラグアライトフライ級王座決定戦/WBAフェデセントロライトフライ級王座決定戦
102006年12月15日7RTKOファン・フランシスコ・センテーノ ニカラグアWBAフェデセントロ王座防衛1
112007年2月16日1RKOエルビス・ロメロ ニカラグア
122007年3月30日2RTKOビセンテ・エルナンデスメキシコWBAフェデセントロ王座防衛2
132007年5月12日1R 2:28KOホセ・ルイス・バレラ ベネズエラWBAフェデラテンミニマム級王座決定戦
142007年7月13日3RKOミゲル・テジェス ニカラグアニカラグア王座防衛1
152007年11月3日1R 1:09KOエリベルト・ゲホン フィリピン
162007年12月14日2R 1:48KOハビエル・テージョパナマ
172008年1月14日10R判定3-0松本博志(角海老宝石) 日本
182008年2月29日10R判定ハビエル・ムリージョ メキシコ
192008年6月13日3RKOファン・フランシスコ・センテーノ ニカラグア
202008年7月12日2R 1:02TKOアブラハム・イリアスニカラグア
212008年9月15日4R 1:59TKO新井田豊(横浜光) 日本WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
222008年12月13日3R 0:10TKOミゲル・テジェス ニカラグア
232009年2月28日12R判定2-0フランシスコ・ロサス メキシコWBA防衛1
242009年7月14日12R判定3-0高山勝成(真正)日本WBA防衛2
252010年1月30日4RTKOイバン・メネセス メキシコWBA防衛3
262010年9月3日2R 0:25TKOヘスス・リモネス メキシコ
272010年10月24日2R 1:38KOフランシスコ・ロサス メキシコWBA世界ライトフライ級暫定王座決定戦→正規王座認定
282011年3月19日12R判定3-0マヌエル・バルガスメキシコWBA防衛1
292011年7月16日7R 0:48TKOオマール・サラド メキシコWBA防衛2
302011年10月1日2R 0:36KOオマール・ソト メキシコWBA防衛3
312012年3月17日1R 2:58KOマヌエル・ヒメネス メキシコ
322012年4月28日4R 2:09KOラモン・ガルシアメキシコWBA防衛4
332012年10月6日3R 2:27TKOスティベン・モンテローサ コロンビア
342012年11月17日12R判定3-0ファン・フランシスコ・エストラーダ メキシコWBA防衛5→スーパー王座認定
352013年5月25日5R 2:42TKOロナルド・バレラ コロンビア
362013年9月21日7R 1:10TKOフランシスコ・ロドリゲス・ジュニアメキシコ
372013年11月10日2R 0:27TKOオスカル・ブランケット メキシコ
382014年2月15日6R 1:01TKOファン・カントゥン メキシコ
392014年4月6日3R 1:20TKOファン・プリシマ フィリピン
402014年9月5日9R 2:24TKO八重樫東(大橋)日本WBC世界フライ級タイトルマッチ

WBC・リングマガジン王座獲得
412014年11月22日6R 2:11TKOロッキー・フエンテス フィリピンWBC防衛1
422015年2月28日3R 2:27TKOバレンティン・レオン メキシコ
432015年5月16日2R 2:37TKOエドガル・ソーサ メキシコWBC防衛2
442015年10月17日9R 2:53TKOブライアン・ビロリアアメリカWBC防衛3
452016年4月23日12R判定3-0マックウィリアムズ・アローヨ プエルトリコWBC防衛4
462016年9月10日12R判定3-0カルロス・クアドラス メキシコWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
472017年3月18日12R判定0-2シーサケット・ソー・ルンヴィサイタイWBC王座陥落
482017年9月9日4R 1:18KOシーサケット・ソー・ルンヴィサイ タイWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
492018年9月15日5R 1:44TKOモイセス・フェンテス メキシコ
502019年12月23日2R 2:20TKOディオネル・ディオコス フィリピン
思えば2010年代にはあの井上尚弥もロマゴン戦を熱望し、目標にしていたよねぇ…。その後の二人は明暗分けたけど、もしあの時対戦してたらどうだったか……

ロマゴンが弱くなったのは本当か?現在の強さは?

かつてはPFP1位に君臨した〝ロマゴン〟選手。32歳とベテランにはなりましたが、まだ数年は頑張れる年齢と思われます。

圧倒的戦績ながら、今では「弱くなった」との見方もあるロマゴン選手。まず現在のボクシング専門メディアのランキングを見てみましょう。

【ザ・リング】スーパーフライ級6位

【WBN】スーパーフライ級4位、「PFPトップ50」ランク外

【ESPN】スーパーフライ級6位

確かにランキングでは、スーパーフライ級の各現役王者よりかなり下に評価されているようです。これは17年に元WBC王者ルンビサイ選手と二度戦い、初戦は僅差判定負けだったものの、再戦で4RKO負けと〝惨敗〟してしまったことが最大の理由。

さらにその後ルンビサイ選手がエストラーダ選手に敗れたことや、練習中のケガでロマゴン選手が長らく戦列から離れたことも影響しているようです。

ただそんなゴンサレス選手も、先月の試合では相手を左フックと右ストレートのコンビネーションで圧倒。これで18年のフェンテス戦に続き再起戦連続KOと、以前の強さが戻りつつあるようでもあります。

↓16年9月 4階級制覇達成のクアドラス戦

↓19年12月 対ディオコスの再起戦

ザ・リングPFPでエストラーダはTOP8位!井岡、ニエテス、ヤファイ、ルンビサイら群雄割拠のこの階級にロマゴン復活ならかなり面白くなる!!

ロマゴンvsヤファイ戦の予想

鮮やかな再起戦KOを戦績勝利に上積みし、「弱くなった」説払拭へ乗り出したロマゴン選手。そして最近、2月29日に現WBAスーパーフライ級王者カリド・ヤファイ選手(英国)とタイトル戦を行う方向と報じられました。

ヤファイ選手は1月に、エストラーダ選手とWBA・WBC王座統一戦を行う予定でしたが、エストラーダ選手のケガで中止に。

このためヤファイ陣営は、あまり間を置かずに戦えるビッグネームとして、世界的知名度抜群のロマゴン選手を指名。再起を目指すロマゴン側も「渡りに船」と応じたようです。

30歳のヤファイ選手は北京五輪出場経験のあるアマエリートで、プロでも戦績は26戦無敗(15KO)の強さ。

ただ前回ヒメネス、前々回ゴンサレス戦と判定勝利で内容的にはかなり苦戦。接近戦で脆さがみえる課題が指摘され、前に出て手数も豊富なロマゴンタイプとは「相性が悪い」とのメディアの見方もあります。

ロマゴン選手としては、階級を上げて精彩を欠くスーパーフライ級で起死回生を図れるか。王座も名誉挽回もかけた負けられない1戦となりそうです。

ロマゴンの現在へのみんなの反応

みんなの感想

井上が希望しながら戦えなかったロマゴンが、まさか井岡と相対するかもしれないのは面白い

ネットの反応

ヤファイが動きまわって地の利も活かして判定勝ち、かもしれないが、正直ロマゴンにはヤファイくらい圧倒して健在ぶりを示してほしい

みんなの感想

全盛期に比べたらさすがに衰えはあるがまだまだ通用すると思う。名前あるからマッチメイクは楽だし

ネットの反応

英国アウェイの厳しさはあれ、ロマゴンはロマゴン。ヤファイごときに負けてもらっちゃ困るわな!

みんなの感想

しかしロマゴンにしろ、パッキャオにしろドネアにしろ、モチベーションが下がらないのがスゴイ。2度や3度の負けも何のその。勿論報酬も大きいだろうがやはりすごい

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ココがポイント

  • かつてPFP1位のロマゴンが2月に久々の王座復帰挑戦へ
  • 4階級目で敗戦続き「劣化」説。ただ再起戦は連続KO勝利
  • 王者ヤファイに勝てば、井岡一翔との統一戦にも現実味

ロマゴンvsヤファイ戦は、「戦国時代」スーパーフライ級戦線にも大きな影響を及ぼしそうです。もしロマゴン王者復活となれば、俄に他団体統一戦が浮上しそうだからです。

大晦日に防衛を果たしたWBO王者井岡一翔選手は、エストラーダ選手との統一戦を希望しているものの、同選手はケガのため当面試合不可能。

そこでマッチングの選択肢にロマゴンの名を挙げており、「王者ロマゴン登場」となれば一気に舞台は整います。

数年前、一度は流れたこの顔合わせが曲折を経て実現すれば、世界的にも大きな話題となりそう。まずは2月のロマゴン次戦に注目です。

膝手術などで一時は引退もよぎったというロマゴンさん。「今はケガの前より調子いい」と井岡戦にも意欲を見せてるって!

-ボクシング
-, ,

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.