ボクシング

村田諒太は引退か続行か?今後どうなるか著名人のコメント・予想まとめ

ボクシングのWBA・IBF世界ミドル級統一戦で、レジェンド級の強豪ゴロフキン選手に惜しくも敗れた村田諒太選手(帝拳ジム)。既に36歳のベテランでもあり、今後の去就が注目されています。

「村田諒太は引退するのか、現役続行か」。日本のボクシング史に残る王者だった村田諒太選手は今後の身の振りをどう決断するのか。本人や周囲のこれまでの言動をまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

「リング上の哲学者」村田。「闘う紳士」GGG。試合前、中、後ともホント爽やかな二人だったな

村田諒太は引退か続行か?

9Rにダウンを奪われ、自陣営からタオルが投入されてのTKO負け―。今月9日の「世紀の大統一戦」は、序盤までは両王者が互角か、むしろ一時は村田王者が優勢な見応えある1戦となりました。

しかし中盤から百戦錬磨、老練な〝GGG〟の驚異のスタミナとテクニックが勝りはじめ、ダメージ蓄積で村田選手はついに力尽きました。

敗れたとはいえ世界を唸らせた名試合。五輪金メダリストであり、かつ日本人では希有なミドル級世界王者としての偉大な経歴は永遠に消えませんが、一方で今やファンの最大関心事は「今後村田諒太は現役を続行するのか、引退するのか」です。本人や周囲の著名人らのこれまでの言動はどうなのか、見てみましょう。

前半は「これ勝てそう!」と思ったけど村田さん曰く「パンチが微妙にずらされ暖簾に腕押しだった」。逆にGGGさんの凄さが分かる話…

村田諒太の今後に関するコメントまとめ

ファンとしては「まだまだ行ける」「続けて欲しい」との声の一方、「これ以上やると体のダメージが心配」「もう楽になって」と慮る向きも多いようですが、では当の本人や周囲の関係者らはどう話しているのでしょうか。

村田諒太選手は引退するのか否か、今後についてのこれまでのさまざまなコメントなどをまとめました。

本人

◆10日、一夜明けてのコメント

・(進退については)「ゆっくり休んでから考えます」

・「(今後に関し)まだ感情の整理はできる段階ではない。ボクシングをしたいとか、やっぱり辞めるとか、次の道が見つからないとか、いろいろなプロセスが来ると思う。大変にはなると思う」

◆11日放送の「NHKクローズアップ現代」

・(2月下旬の練習後)「その状況にならないと分からないですけど、もう間違いなく負けたら引退じゃないですか。勝ったら勝ったで、その次を考えないといけないと思うんですけど、勝っても多分、これ以上続ける選択肢はないんじゃないか」

◆NHK公式サイトでの独占インタビュー(10日)

・「確かにもっとやりたい、もっと強くなれる、だけどそこは冷静な判断をしていかなきゃいけない。だからこの期間にしっかりその判断を下せるようにしなきゃいけない。可能性としては…、というか今の僕としては、このあたりがいい『辞めどき』なんだろうとは思っています。ただ、まだ答えは出せない。そんな感じですかね」

・「ゴロフキンは名実ともに最強のチャンピオンだと思っているので、その選手に対してぶつかっていければ、思い残すところがないという気持ちはありました。ベストを尽くした。そういう気持ちもあって、『次は無いんじゃないか』ということを言ったのかな」

・「本当にボクシングからいろいろなものをもらったんですよ。だから次は、いただいた“ベネフィット”、恩恵を誰かに返していかなきゃいけない立場になると思ってるので、それができればいいですよね」

WBAのメンドサ会長

・(帝拳ジムに届いた書簡で)「(村田は)どんな困難にも立ち向かえる強さと決意を持って、戻ってくると信じている

本田明彦帝拳ジム会長

・(9日の試合後)「まさか、またやるとは言わないと思う。たぶん勝っても負けても最後だと思ってやった」

内田貞信・日本ボクシング連盟会長

・「ゴロフキンをあれだけ追い詰めた人はいない。あの試合を見る限りまだ引退する必要はない。絶対にまだやれる

・「ぜひもう一度、世界チャンピオンになって、ベルトを巻いた状態で引退してほしい。その力は十分にある。ゴロフキンが世界で一番強いなら村田選手は2番目。引退はまだ早い」

GGGはリング上でガウンを村田にプレゼントしてリスペクト。さらに試合後控室にも来て「これは一生君のベルトだ」とWBAベルトを手渡し!陣営関係者も「ゴロフキンさん…来ました…」と目が点だったらしいww

https://twitter.com/GGGBoxing/status/1512801444973404173

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gennadiy Golovkin | GGG(@gggboxing)がシェアした投稿

村田諒太の今後に関するSNSの予想まとめ

もし現役を続行するとしてもコロナの状況が変わらない限り次の試合がいつできるかも分からない。そういう事情もあるのかも
村田史上最高の試合をして、ここがまさにというタイミングだとは思うが、プロになってはじめて試合が楽しいと思えた瞬間があったと語ってるし、惜しいとは思う
「最強の選手」と戦ってここで辞めるのが有終の美なんじゃないかな
いまは燃え尽きた気持ちもあるでしょう。でもまた時間が経てばリングに上がりたい気持ちが湧いてくるかもしれない。宣言は時が来るまでゆっくり待てばいいのでは

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/eacee41ed90c945f55d8dd9da52a0f528d0f8906

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • ゴロフキンとの激闘に惜しくも敗れた村田諒太。今後の去就はどうする?
  • 2月には「勝っても負けても次はない」。試合後は「まだ答え出せない」
  • WBAや内田連盟会長は「まだやれる、続けて」。帝拳会長「辞めるだろう」

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.