※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

野球

選抜高校野球2023優勝候補5校と予想をメタランキング

第95回選抜高校野球大会が甲子園球場で開幕しました。全国36代表校の頂点をめぐり今年の春も熱戦が行われています。

今回は選抜高校野球2023の優勝候補校をご紹介。どこが優勝しそうなのか、予想のメタランキングもお届けします。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

日程がちょうどWBCの準決勝、決勝のさなか!侍ジャパン勝利を知った観客がどよめいて球児たちが驚いてたねww。次回WBCは君たちの番かもしれないぞ!

 

◆ボクシング◆
2024年5月6日(月・祝日)
井上 尚弥 vs ルイス・ネリ を含む
世界戦4タイトルマッチ!


新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

選抜高校野球2023

昨年までコロナ禍の影響で、無念の中止、無観客などかなり異例の開催が続いてきた選抜高校野球ですが、ようやく今年は「いつもの甲子園」が戻ってきました。

溌剌元気な球児の声や応援団の演奏が響く選抜高校野球2023。その概要と出場校一覧、優勝候補予想を順次見ていきましょう。

開会式は4大会ぶりに全校行進。観客は上限なしでマスクも任意、声出しOK。本当によかった

選抜高校野球2023の概要

◆第95回選抜高校野球大会

【日程】3月18日~31日(雨天順延などがない場合)

【出場校】36校(5年に一度の記念大会のため、昨年より4校増)

選抜高校野球2023出場高校一覧

地域校名出場回数
北海道クラーク記念国際2年連続2回目
東北仙台育英高校2年ぶり15回目
東北東北高校12年ぶり20回目
東北能代松陽高校初出場
関東山梨学院高校2年連続6回目
関東専大松戸高校2年ぶり2回目
関東健大高崎高校2年ぶり6回目
関東慶應義塾高校5年ぶり10回目
関東作新学院高校6年ぶり11回目
東京東海大菅生高校2年ぶり5回目
東京二松学舎大付高校2年連続7回目
北信越敦賀気比高校3年連続10回目
北信越北陸高校34年ぶり2回目
東海東邦高校4年ぶり31回目
東海静岡県:常葉大菊川高校10年ぶり5回目
東海岐阜県:大垣日大高校2年連続5回目
近畿滋賀県:彦根東高校初出場
近畿大阪府:大阪桐蔭高校4年連続14回目
近畿大阪府:履正社高校3年ぶり10回目
近畿和歌山県:智弁和歌山高校3年ぶり15回目
近畿京都府:龍谷大平安高校4年ぶり42回目
近畿兵庫県:報徳学園高校6年ぶり22回目
近畿兵庫県:社高校19年ぶり2回目
中国広島県:広陵高校2年連続26回目
中国山口県:光高校初出場
中国鳥取県:鳥取城北高校2年ぶり4回目
四国高知県:高知高校2年連続20回目
四国香川県:高松商業高校4年ぶり28回目
四国香川県:英明高校5年ぶり3回目
徳島県鳴門高校9年ぶり9回目
九州大分県:大分商業高校3年ぶり7回目
長崎県長崎日大高校2年連続4回目
長崎県海星高校7年ぶり6回目
沖縄沖縄尚学高校9年ぶり7回目
21世紀枠栃木県:石橋高校初出場
21世紀枠富山県:氷見高校30年ぶり2回目
21世紀枠徳島県:城東高校初出場

選抜高校野球2023優勝候補

18日に始まった選抜高校野球2023は順調に日程を消化しています。22日現在で勝ち残った、あるいは試合前のチームのうち優勝候補に挙がる主な学校をご紹介しましょう。

大阪桐蔭(大阪府)

昨秋の明治神宮大会で連覇を果たした常連強豪校。大黒柱は昨春の選抜大会決勝でも先発した左腕の前田投手です。走者を出した後の大崩れしない制球力が魅力。

野手陣は例年のチームより小粒といわれますが、中軸を打つ下級生の徳丸選手を軸に切れ目がない強力さは相変わらずです。

仙台育英(宮城県)

エース右腕の高橋投手に加え、右の湯田、左の仁田両投手がぶ厚いピッチャー陣を構成します。いずれも昨夏の甲子園優勝メンバーで、経験値は十分。レベルの高い継投で抜群の安定感を誇り、夏春の連覇を狙います。

昨夏甲子園優勝インタビューでの須江監督の「青春って密」が流行語になったよね~

広陵(広島県)

大会ナンバーワン強打者の呼び声がある真鍋選手や只石選手を中心にした打力が自慢のチーム。明治神宮大会では2年連続準優勝を果たしています。高尾投手と只石選手の新2年生バッテリーが投手陣の柱。左腕倉重投手も力があります。

https://twitter.com/SenbatsuLIVE/status/1637681829959565314

報徳学園(兵庫県)

強打・強肩・俊足と三拍子揃った堀捕手が中心。石野選手との3、4番コンビは破壊力十分です。投手陣も安定感のある盛田投手右腕3投手を擁してしています。秋季近畿大会は大阪桐蔭に惜敗して準優勝でしたが実力は十分。

 

山梨学院(山梨県)

昨年は春夏とも甲子園出場を果たした実力校。高橋選手らパワフルな打線が持ち味です。昨年の春夏の甲子園を経験した選手が今大会にも残り、関東大会優勝に貢献。エースの林投手は制球力が持ち味。普段は外野を守る星野選手が左腕投手の「二刀流」でエースを支えます。

https://twitter.com/nhk_koufu/status/1638474790515142657

世界一のWBC侍ジャパンたちもほんの数年前まで高校球児だった!まずは甲子園優勝。そしてその先も長い!夢は大きく持ってほしいね

メタランキングによる優勝予想

選抜高校野球2023の優勝候補校をご紹介しましたが、当サイトでは、計5つの個人ファンブログやスポーツメディアサイトの優勝予想、戦力分析を高校別にランキング化。1位10ポイント、2位9ポイント、3位8ポイント……とポイントを付与し、積算して並べ替える「メタランキング」を作成しました。

その結果は以下の通りです。(なお22日までに敗退した高校は除外しました)

1位 仙台育英 49ポイント

2位 大阪桐蔭 47

3位 広陵 38

4位 報徳学園 28

5位 山梨学院 17

6位 東邦 15

7位 沖縄尚学 14

8位 東海大菅生 10

9位 専大松戸 9

昨夏優勝の仙台育英が最多ポイントですが大阪桐蔭とはわずかの差です。果たしてどこが春優勝の栄冠を勝ち取るでしょうか。

まとめ

要約しますと

  • 18日から選抜高校野球2023開幕。全国36校が頂点競う。コロナ明けで4年ぶり全校行進
  • 優勝候補は総合力高い常連強豪の大阪桐蔭、昨夏優勝の実力保つ仙台育英などが中心か
  • メタランキングでは1位仙台育英、2位大阪桐蔭、3位広陵、4位報徳学園などの順に

 

◆ボクシング◆
2024年5月6日(月・祝日)
  井上 尚弥 vs ルイス・ネリ を含む
世界戦4タイトルマッチ!
開催場所:
東京ドーム
野球・サッカー・ボクシングなど

今までにないスポーツの観戦が楽しめる‼

╲登録後もお得なプロモーションがいっぱい!/スポーツベットのBeebet
【注意】現在Beebetのシステム調整により、上記のバナー広告等を含む、ボーナスが一時ご利用いただけなくなっております。

ご利用出来るようになり次第お知らせいたします。

BeeBetに登録する

※BeeBetの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジさん"の BeeBet登録方法 や 入金方法 などを参考にして下さい。

-野球

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.