フィギュアスケート

ワリエワはトゥルソワ以上か?同年齢時での比較をしてみた

15歳のワリエワ、SP世界2位でのGPデビューの衝撃を受けたと思うと、今度はフリーで、フリー及び合計で世界最高得点を更新し、GP初優勝しました。

ワリエワは、これまで、北京五輪フィギュアー女子の金メダル候補と言われていたトゥルソワ以上なのでしょうか?同年齢時での比較をしてみました。

ロシアの新星に他国が次々置いて行かれている

ワリエワはトゥルソワ以上か?

他を圧倒する強さから、まわりの選手からは、彼女が出場する大会ではとても勝てないと、彼女のことを「絶望」と呼んでいるほどの強さを持つワリエワは、サギトワ以降次々と現れるロシアの女子フィギュアスケーターの中で、北京五輪の金メダル候補と言われていたトゥルソワ以上なのでしょうか?

今年シニア国際大会デビューとなったフィンランディア杯では、冒頭で4回転サルコー、さらに4回転―3回転の2連続トーループ、後半で4回転トーループからの3連続ジャンプを決めるなど、2種類の4回転ジャンプを計3度成功させ、フリーで世界最高得点174.31点をマークし、合計で世界最高得点249.24点で逆転優勝しました。

そして、GPカナダでのフリー、合計で世界最高得点での優勝です。
勢いのあるシニアデビューから1年以内で、迎える北京五輪での金メダルの第一候補に躍り出ました。
2019年3月以降主要大会で、ほとんど、優勝か2位となっています。

では、これまで、最有力と言われていたトゥルソワと比較するとどうなのでしょう。

信じられない強さと美しさ!

ワリエワとトゥルソワを比較してみた

2004年6月23日生まれのトゥルソワと2006年4月26日生まれと2歳違うワリエワの同年齢時での優勝した大会を比較しました。

年齢カミラ・ワリエワアレクサンドラ・トゥルソワ
生年月日 2006年4月26日 2004年6月23日
15歳GPカナダ優勝(2021/10/29)GPカナダ優勝(2019/10/26)
15歳フィンランド杯(2021年10月)GP ロステレコム杯優勝(モスクワ)(2019年11月)
14歳世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝(ザグレブ)(2019年3月)
13歳世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝(タリン)(2020年3月)世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝(ソフィア)(2018年3月)
13歳ジュニアグランプリファイナル優勝(トリノ)(201年12月)ジュニアグランプリファイナル優勝(名古屋)(2017年12月)
13歳ジュニアグランプリ JGPミンスク・アリーナ杯優勝(2017年9月)
13歳2019年ジュニアグランプリシリーズ ロシア杯優勝(2019年9月)ジュニアグランプリ JGPブリスベン優勝(2017年8月)
13歳2019年ジュニアグランプリシリーズ フランス杯優勝(クールシュヴェル)(2019年8月)
12歳ロシアノービス選手権年長(トヴェリ)優勝(2019年3月)
15歳で二人とも、GPカナダ優勝、13歳でも世界ジュニアフィギュアスケート選手権およびジュニアグランプリファイナルで優勝しており、その目覚ましい活躍は共通するものがあります。

トゥルソワは14歳でも、世界ジュニアフィギュアスケート選手権に優勝を飾っています。

かなり良いライバルですが、獲得した得点から見ると、現状では一歩ワリエワがリードしていると言えるのではと思えます。

超高いレベルでの話だけどね

ワリエワへのネットの反応

みんなの感想

常に下の世代に脅かされてんだからロシアは強いよね。ワリエワもトルソワもいつの間にか体つきが大人になって美しさも増してるし他の国は勝ち目がない。

ネットの反応

つい4年前、ザギトワ選手の頃は3ルッツまでのジャンプ構成で後半ジャンプ固め打ちというだけで大騒ぎしていたのに、ワリエワ選手は3アクセルに4回転を3回ですからね…
女子の進化スピードは本当に凄い

みんなの感想

ワリエワの凄い所って技術も芸術面特に柔軟性を活かしたスピン全てを兼ね備えてる所。
今までのロシア選手はどちらかと片方が異常に優れているタイプばかりだったから勝ち目があったがワリエワはジャンプをかなりミスしない限り誰も勝てないだろう。

ネットの反応

ワリエワはフィギュアスケートのレベルを1段上げた。
これについていけないと、日本はアメリカ同様、女子の低迷期に入る。

みんなの感想

ジャンプだけでなく全てに凄いんですよね。
所謂、バレエ的な動きができるとか、爪先が伸びてて綺麗とかそういう○○っポイていうレベルとは全然違う。

出典:ヤフコメ

絶望でなくて、ホント焼け野原?

まとめ

要約すると...

  • 同年齢時での比較をしてみると、ワリエワはトゥルソワと同じ大会での優勝など、かなり似ており、良いライバルである
  • 但し、現時点での得点能力から言うと、ワリエワが一歩先んじている
  • 技術面でも芸術面でも、ワリエワを絶賛するスケートファンが多い
ロシア女子が負けることは想像できない

関連

-フィギュアスケート

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.