箱根駅伝

創価大箱根駅伝の順位予想!戦力から徹底分析「当日の天候と区間配置が鍵に」

年明けの1月2、3日の両日、新春恒例「第99回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝2023)が行われます。

出場校紹介シリーズ、今回は創価大を取り上げます。箱根駅伝2023の創価大の順位予想は?今チームのメンバー一覧をお示しするとともに、戦力の徹底分析&監督、注目選手の横顔をご紹介します。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

ニューイヤー→箱根。お正月三が日は寝正月ならぬ〝寝駅伝〟であります

創価大箱根駅伝メンバーの特徴

大学駅伝、いや学生長距離界最高峰の舞台といえる2023年の箱根駅伝。「新興勢」ながら、近年トップレベルに急成長した創価大の駅伝メンバー一覧からまずは見ていきましょう。

メンバー一覧

選手名学年1万mベストハーフベスト出身高校備考
緒方貴典4.028.42.441.03.01熊本工業主将
葛西潤4.028.21.721.05.03大阪・関西創価全日本2区1位
嶋津雄大4.028.14.231.03.18東京・若葉総合98回箱根駅伝4区1位
新家裕太郎4.028.45.931.06.04大阪
浜野将基4.028.37.061.05.24長野・佐久長聖
フィリップ・ムルワ4.027.35.29ケニア・キテタボーイズ出雲駅伝3区1位
横山魁哉4.028.33.581.03.57静岡・島田
山森龍暁3.028.35.171.03.33福井・鯖江
桑田大輔3.028.38.461.05.17鳥取・八頭
小暮栄輝2.028.50.731.02.42群馬・樹徳
野田崇央2.029.20.591.02.47熊本・開新
吉田凌2.028.41.281.03.07福島・学法石川
リーキー・カミナ2.028.12.891.02.31ケニア・チョメ
石丸惇那1.028.46.37鹿児島・出水中央
野沢悠真1.029.23.821.05.24宮城・利府
山下蓮1.029.13.721.03.22長崎・鎮西学院
創部は1972年と結構古いけどずーっと予選落ち。遂に15年箱根初出場を勝ち取って以来、次が4年連続6回目。ここ数年で一気にめっちゃ強くなったわね!

今年の特徴

創価大といえば、97回大会での初めての往路優勝&総合2位、しかも10区途中まで首位という〝大快挙〟の記憶が新しいところです。

シード権を3年連続で獲得し、今回も「強さ」が光る創価大は、今年の出雲駅伝6位、初出場の全日本大学駅伝も5位と健闘。そして箱根駅伝2023では、ズバリ「狙っての総合優勝」を目標に掲げています。

この3年間の経験で、強みであるハーフマラソン以上の長距離に自信を深めた上、中距離でのスピードや勝負に対する粘りも徐々にアップ。前回箱根ではメンバーから外れていた選手たちが下級生も含めてエントリーされたことで、「攻め」のムードが一段と高まっているようです。

今シーズン、学生三大駅伝に初めて全部出場を果たした創価!チーム全員が「今が史上最強です」と「No1」挑戦に意欲的ね

監督の特徴

創価大陸上競技部駅伝部の監督は榎木和貴さんです。宮崎県出身の47歳。同県立小林高では、全国高校駅伝で区間賞をとるなどエースとして頭角を現し、高校での監督の母校・中央大に進みました。

中大時代、箱根駅伝では「4年連続区間賞」という史上7人目の快挙を達成。チームの32年ぶり総合優勝に貢献するなど、やはりエースとして大活躍

大卒後は実業団の旭化成に入り、現役引退後は実業団の指導者へ。19年から創価大駅伝部の監督を務めています。

創価大駅伝部のSNS

創価大駅伝部の公式SNSアカウントは以下の通りです。

・創価大駅伝部インスタグラム

https://www.instagram.com/soka_ekiden/

・創価大駅伝部Twitter

・創価大駅伝部YouTubeチャンネル

https://soka-ekiden.com/move.html

3大駅伝の直近の戦績

箱根総合順位箱根往路順位箱根復路順位出雲駅伝順位全日本順位
2022年7.08.06.06.05.0
2021年2.01.05.07.0
2020年9.07.09.0
創価大では6月に寮が新築され、10月にはトラックの改修工事も完了。「大学一」ともいわれる最新の練習環境が整ったことも大きいかもな

創価大箱根駅伝の注目選手

わずか6回目の箱根出場ながら、大胆に頂点を狙う今チームの創価大。では箱根駅伝2023にエントリーしたメンバーのうち、注目選手を以下にご紹介しましょう。

2023年

2023年箱根駅伝のエントリーメンバーで、榎木監督はもちろんメディアでも注目度が高いのはこの3選手です。

フィリップ・ムルワ

ケニアからの留学生で現在4年生。この3年間、チーム躍進の原動力となってきました。箱根駅伝は二年連続で2区に出走。6位→2位と成績を伸ばしています。

出雲駅伝は二年連続で3区を走りいずれも区間賞。初の全日本駅伝でも7区で3位と好走しており、今回の箱根2023でも2区出走が確実。他の留学生たちとのデッドヒートが見逃せません。

嶋津雄大

東京都出身の4年生。失明の恐れもある「網膜色素変性症」と闘いながら、休学期間も乗り越え、今回実質5年生として最後の箱根に向かう異色のトップランナーです。

96回大会で10区区間新記録。97回大会は4区2位。前回98回大会では4区区間賞。毎回劇的な活躍でチームの好成績を支えてきました。最後にどんなドラマを見せてくれるか必見です。

葛西潤

愛知県出身の4年生。一年次から毎年箱根駅伝に出走してきたチームのエースです。今シーズンはとりわけ実力がピークの好調さで、今年4月には個人選手権10000mで優勝。

出雲駅伝では2区で区間5位。全日本大学駅伝では2区を走り、駒澤大のルーキー・佐藤圭汰選手とのデッドヒートを制して区間新記録の区間賞を獲得しました。

最後の箱根路で「優勝請負人」になれるか、区間エントリーが注目されます。

新入生での注目選手

選手名5000mベスト出身高校備考
リーキー・カミナ13.48.78ケニア・チョメ
石丸惇那14.10.88鹿児島・出水中央
野沢悠真14.13.27宮城・利府
山下蓮14.15.92長崎・鎮西学院
家入勇翔14.22.24熊本・開新
竹田康之助14.23.83北海道・東海大札幌
黒木陽向14.27.45熊本・九州学院
三坂佳賞14.32.12鹿児島・樟南
中村拳士郎14.37.61鳥取城北
岩崎勇斗14.47.23大阪・関西創価
安達隆志14.52.02大阪・関西創価

創価大箱根駅伝の順位予想

では最後に、箱根駅伝2023の創価大順位予想をお届けします。

メタランキングによる予想

当サイトでは、各大学の1万m平均タイムを参考にし、スポーツメディア各社の予想をポイント化する「メタランキング」にして箱根駅伝2023の順位をまとめ予想してみました。

創価大はトータルスコア21点で、中大と並んで全体5位の予想。1万m平均タイムでは全体4位と、十分優勝を狙える位置にあります。

リンクはこちら。

箱根駅伝2023優勝予想メタランキング!具体的な数字で解説

筆者予想

榎木監督は創価大就任4年目。つまりは、現在の4年生が入学した時からともにチームをつくってきた「同期生」でもあります。

今回主力の4年生たち、そして1~3年生の実力や成長をつぶさに見てきただけに、「今チームは過去最高の戦力」と強調する言葉にはしっかりした力が。「総合初優勝」の目標はあながちスローガンだけとは言えなさそうです。

ただ今回箱根の「2強」である駒大、青学大のスピードは突出しており、レースが「晴天・低温・無風」といった好条件になるとこの二校が一気に独走してしまう可能性も。

逆に悪天候になれば逆境に強い創価大の粘りが発揮され、優勝争いが10区までもつれるケースも十分想定されます。まずは当日の区間配置がどうなるかが鍵となりそうです。

サッカーW杯だって〝まさかの〟ドイツ・スペイン勝利。駅伝でもジャイアントキリング、あり得るわよ~

まとめ

要約しますと

  • 来年1月2、3日の箱根駅伝2023。新興勢ながら急成長・創価大の戦力を徹底分析
  • まだ出場6回目ながら97回大会で驚異の総合2位。出雲、全日本でも好走見せる
  • 就任4年、チームと共に歩んだ榎木監督は「今が過去最高」。初の総合V目標に

-箱根駅伝

Copyright© スポ観マニア , 2023 All Rights Reserved.