※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

オリンピック

オリンピック2024の追加種目スポーツクライミングとは?「道具」は生身の体!そのルールや見どころをご紹介!

 

◆ 超RIZIN.3◆
2024年7月28日 (日)
朝倉未来 VS 平本蓮戦

開催場所:さいたまスーパーアリーナ

野球・サッカー・ボクシングなど
今までにないスポーツの観戦が楽しめる‼
╲登録後もお得なプロモーションがいっぱい!/

スポーツベットのbeebet

BeeBetに登録する

※BeeBetの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジさん"の BeeBet登録方法 や 入金方法 などを参考にして下さい。

 


2024年といえば「4年に1度」のオリンピックイヤー。「え?こないだの東京から3年しかたってないのに」と思われるでしょうが、間違いなくオリンピック2024開催の年です。

今回はオリンピック2024で実施される注目競技をクローズアップ。第4回は東京五輪に続いて追加種目となった「スポーツクライミング」をご紹介しましょう。(出典:Wikipedia、オリンピック2024公式、スポーツメディアなど)

「指三本」だけでホールドにぶら下がる選手たち。アクション映画のCGかと目を疑うよね

オリンピック2024追加種目「スポーツクライミング」とは

オリンピック2024は正式名称「第33回オリンピック競技大会」。参加国・地域数207、参加人数約1万人、競技種目は32競技329種目という非常に大きな大会です。

その中で前回の東京五輪で「オリンピックデビュー」を果たしたスポーツクライミングが、再びオリンピック2024(パリ五輪)でも実施されることになりました。スポーツクライミングとはどんなスポーツなのか以下に見ていきましょう。

競技は〝原始的〟だけど、壁やウェアなどがとてもカラフルで不思議な「都会度」やスタイリッシュ感があるのよねー!

概要

幼い子供たちはたいてい外遊びが大好き。近くの森や野山の崖を競争しながらかけ登った経験がある方は多いでしょう。スポーツクライミングは、その「子供心の原点」を競技化して、人間の肉体でできる極限まで高めたスポーツだといえます。

選手は垂直にそり立つ壁をカラフルなホールドを使って、道具を持たずに自身の体一つで登るという、非常にシンプルかつプリミティブな魅力にあふれた競技です。

登る際に使える道具は自分の手足とクライミングシューズのみ。勝負を分けるのは身体能力とテクニック、そして攻略するための読み。ずばぬけた筋力・体力はもちろん、知力や判断力も駆使しないと勝てないのがこのスポーツの面白さでしょう。

落下防止など安全確保のためロープなどの器具は装着するけど、「登るため」の道具使用は禁止なのね

ルールと特徴

オリンピック2024でのスポーツクライミングは、前回東京五輪とは実施種目が若干異なります。東京五輪は「コンバインド」の一種目のみで、ボルダリング・リード・スピードの3種目を一人の選手がすべて行い、総合力を競う複合競技でしたが、オリンピック2024では「スピード」が独立

つまり、ボルダリング&リードの複合種目と、スピードの2種目が初めて行われる形となります。

「スピード」は同じ条件で設置された高さ15mの壁を2人の選手が同時に登り、そのタイムを競うもの。「ボルダリング」は高さ4mの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競い、「リード」は制限時間内に高さ15m以上の壁のどの地点まで登れるかの達成度を争います。

すなわちボルダー&リードは持久力が求められ、スピードは瞬発力、爆発力が重要なわけです。二種目に分かれることで、専門性が高い選手が集まり、体つきなどの外見的にも「陸上の短距離と長距離」のような違いが見られそうです。

オリンピック2024のレギュレーション

オリンピック2024でのスポーツクライミング競技は以下の内容で実施されます。

・男女それぞれ20選手がボルダー&リードの種目に出場。出場枠は他競技のように国内オリンピック委員会ではなく、出場資格を持つ各選手に割り当てられる。

・各地の国内オリンピック委員会が派遣する選手の上限は最大4人(男子2人、女子2人)。

・出場資格は2008年1月1日以前に生まれた選手。

・オリンピック2024のスポーツクライミングは24年8月5日〜10日の日程でル・ブルジェで開催される。

日本人の注目選手は、男子は16歳の安楽宙斗、東京五輪4位の楢崎智亜、そして緒方良行の3選手。女子は東京五輪銀メダルの野中生萌選手かなぁ!

ネットの反応まとめ

何だかモニターで見てるだけで力が入って体が硬くなるw SASUKE的
掴む手とか落ち着き具合がカメレオンみたい✨
設計してる人もすげえ

出典:YouTube

まとめ

要約しますと

  • オリンピック2024で東京に続く追加種目「スポーツクライミング」。道具は体のみ
  • パリではスピードが独立し「ボルダー&リード」との2種目に。持久力か瞬発力か
  • 日本の男子では16歳安楽や楢原ら、女子では東京五輪銀の野中らに期待が集まる

-オリンピック

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.