時事ニュース

スタバのコロナ対策とマクドナルドのを比較してみた!結果でわかる対応の違い

スタバのコロナ対策とマクドナルドのを比較してみた!結果でわかる対応の違い

現在コロナで世界中が混乱に陥っていますが、スタバとマクドナルドが
早い段階でコロナ対策を発表しましたよね!
両社どんな内容のコロナ対策をしているのか気になりませんか?

この記事では、コロナ対策に取り組んでいるスタバとマクドナルドの
対応や違いについてまとめてみましたのでシェアしていきます!

安心できるのかしら?

スタバがコロナ対策を発表

スタバが発表したコロナ対策を振り返っていきましょう!

コロナ対策発表日付:2020年3月2日
https://www.starbucks.co.jp/notice/20203394.php

サービス内容について
・タンブラーでのドリンク提供一時休止
・マグカップ等の使用を一時休止→紙カップなどに順次変更予定
・店内設置のミルクやパウダー等を一時引き下げ
その他(サンプリング、セミナー、イベントの中止など)

衛生面について
スタッフ→出勤前の検温・マスク着用
テーブルなど接触頻度の高い箇所の消毒や衛生管理の徹底
お客様→お客様用の消毒用アルコール設置

マクドナルドもコロナ対策を発表

マクドナルドが発表したコロナ対策を振り返っていきましょう!

コロナ対策発表日付:2020年2月28日
:http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/200227/

衛生面について
スタッフ→出勤前の検温(体温37.5度以上は出勤停止)
手洗い(最低1時間に1回)
危機レベルを設置(レベルごとに対応を強化)
マスク着用(店舗判断)
お客様→お客様用のアルコール消毒液設置

その他→店内でのイベントも中止(インフルエンザやコロナ感染症が収束するまで)

対策が具体的でしっかりしている!

スタバとマクドナルドの違い

スタバとマクドナルドが公表したコロナ対策では
具体的に明記している内容に違いが見られましたので
まとめていきます!

スタバ→サービス内容のコロナ対策が具体的
(タンブラー、マグカップ禁止や店内設置物の撤去など)

マクドナルド→衛生面に対しての内容が具体的
(検温での具体的数値や手洗いの回数など)

ということが分かりました
スタバとマクドナルドも大部分のコロナ対策は相違ありませんが、
具体的に明記した部分に違いが見られ、よりスタバの方が、
対応が具体的でしっかりしている印象を受けたのですがいかがでしょうか。

よく考えていると思うわ!

スタバとマクドナルドのコロナ対策へのみんなの反応

普段からスタバとマクドナルドを利用している皆さんは
コロナ対策にどんな反応をしているのか見ていきましょう。

みんなの感想

マックもコロナ対策始まったな

ネットの反応

スタバもコロナ対策始まったから他の喫茶店も動くのかな?

みんなの感想

スタバのコロナ対策でタンブラー買ったのに使えなかった

ネットの反応

スタバもコロナ対策始まったから他の喫茶店も動くのかな?

みんなの感想

目に見える感染対策してくれるので安心してお店に入れる

出典:twitter
など皆さんコロナ対策に興味津々の様子でした!
特にスタバではお気に入りのタンブラーが使えず残念がる
コメントも多かったですが、安心安全のために今は仕方ないですね…。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
スタバとマクドナルドのコロナ対策の違いをまとめていきますと

ココがポイント

  • スタバではタンブラー、マグカップ禁止などサービス内容のコロナ対策が具体的
  • マクドナルドでは検温の具体的数値や手洗いの回数など衛生面に対しての内容が具体的
  • 両方とも目に見える感染対策してくれるのでこれまで通り安心して通えるとの声多数

スタバもマクドナルドもお客様やスタッフの安全性をよく考え
出来る限りの対応策を発表しているのが伝わってきますよね!

ここまで丁寧なコロナ対策があれば、消費者も安心して
これまで通りスタバやマクドナルドに通うことが出来そうです!
世界的に流行しているコロナですが、早く収束することを願いましょう。

どちらが良かったか数か月後に結果が出るかも?

-時事ニュース

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.