ボクシング 時事ニュース

シュガーレイロビンソン賞とは?歴代受賞者と史上最高のボクサーと称される所以

全米ボクシング記者協会(BWAA)がこのほど、今年のボクサーMVPである「シュガーレイロビンソン賞」のノミネートを発表、我らがWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥選手が世界の5人の1人に選ばれました。

ボクシングの本場米国の専門記者やファンが選ぶ、権威と歴史ある「シュガーレイロビンソン賞」。この「シュガーレイロビンソン」やシュガーレイロビンソン賞とは?どのくらい凄い賞で、どんな人が歴代受賞者なのか調べてみました。

米って名選手の名前を冠した賞が多い!去年大谷翔平選手が受賞したMLB新人賞も別名「ジャッキーロビンソン賞」だねw

シュガーレイロビンソン賞とは?

BWAAは1926年にNYで創設された、大変歴史ある全米のボクシング専門記者の団体です。古くから、その年特に優秀な功績を挙げた選手や試合などを記者らの投票で決定し、表彰していることで知られます。

そして各賞の名称は、過去の名ボクサーへの尊敬を込めてその名にちなんだものになっています。MVPが「シュガーレイロビンソン賞」、年間最高試合が「モハメド・アリvsジョー・フレイザー賞」といった具合です。

ではこの「シュガーレイロビンソン」とはどれほど凄い選手だったのか、まず振り返ってみましょう。

拳聖・シュガーレイロビンソン

シュガーレイロビンソンは1940~50年代にミドル、ウェルター級で活躍した米国人ボクサー。誰もが世界のボクシング史上最高の選手と認める至高の存在、まさに〝伝説的人物〟です。米大手メディアESPNが「歴代最高のボクサー50人」の1位に選ぶなど、メディアでは次のように絶賛されています。

多くの評論家やファンが、全階級を通じて史上最高のボクサーと認める「オールタイム・パウンド・フォー・パウンド」。日本では「拳聖」と称される。
40年代で現代のボクシング技術と遜色ないフットワークやジャブ、コンビネーションなどを駆使した技術的先進性。アリやシュガーレイレナードの先駆けともいえる華やかなボクシングスタイルとスター性。同時代の強豪のほとんどを打ち破り、歴史に残る数々の名勝負や芸術的KOを重ねた圧倒的実力。どれもが史上屈指で後世の名選手達に多大な影響を与えた。

Wikipedia(要約)より

ミドル級で前人未到の同一階級世界王座5度を獲得、生涯戦績は驚異の175勝(109KO)19敗6分けで、89年に享年67歳で死去。生前に国際ボクシング殿堂入りを果たしています。

シュガーレイロビンソン賞とは

ボクシングメディアは彼の偉大さと功績を後世に残そうと、その名を様々な形で今に伝えています。

今や格闘技界の共通語でもあり、階級を超えた最強選手を示す「パウンド・フォー・パウンド」という言葉も、元々は50年代に米リング誌編集長が「シュガーレイロビンソンのごとく、全階級中の最も偉大な王者」との意味で生み出したといわれます。

そしてBWAAも、年間の世界最優秀選手を表彰する伝統ある賞の名前を、後に「シュガーレイロビンソン賞」と名付けたわけです。

彼が10代の頃、見事な試合ぶりに記者が「何てスウィート(華麗)だ」と感嘆、トレーナーが「そう、シュガーみたいにね」と答えたのが名前の由来。後世の名ボクサー、レナードも彼にあやかったそうだよ!

シュガーレイロビンソン賞歴代受賞者

というわけで、井上選手が晴れて候補となった「シュガーレイロビンソン賞」とは、ボクシング史上最高ボクサーの名を冠した年間MVP賞です。歴史あるBWAAでは、この賞を1938年から毎年選出しています。

ではBWAA公式サイトから引用して、歴代の受賞者を一覧でご紹介しましょう。まさに「ボクシングの歴史そのもの」の壮観さです(1990年までは主な受賞者)。

1938年 ジャック・デンプシー
1941  ジョー・ルイス
1950  シュガー・レイ・ロビンソン
1965,74,75 モハメド・アリ
1969,71,75 ジョー・フレイザー
1979,81 シュガー・レイ・レナード
1986,88 マイク・タイソン

1990,96,97 イベンダー・ホリフィールド
1991  ジェームズ・トニー
1992  リディック・ボウ
1993  パーネル・ウィテカー
1994  ジョージ・フォアマン
1995  オスカー・デ・ラ・ホーヤ
1998  シェーン・モズリー
1999  レノックス・ルイス

2000  フェリックス・トリニダード
2001  バーナード・ホプキンス
2002  バーノン・フォレスト
2003  ジェームズ・トニー
2004  グレンコフ・ジョンソン
2005  リッキー・ハットン
2006,08,09 マニー・パッキャオ
2007,13,15 フロイド・メイウェザー 

2010  セルヒオ・マルチネス
2011  アンドレ・ウォード
2012  ノニト・ドネア
2014  テレンス・クロフォード
2016  カール・フランプトン
2017  ワシリー・ロマチェンコ
2018  オレクサンドル・ウシク
2019   ? ? ?

ゴロフキンが選ばれてないのは意外!!「10年間MVP」や17年からは女子MVPも創設されているよ!

今年の シュガーレイロビンソン賞は?みんなの反応まとめ

みんなの感想

単純に年間MVP候補3人に日本人選手である井上尚弥が選ばれていることが凄いと思う。同じ日本人として誇り!

ネットの反応

冷静に見たら年間MVPはライトヘビー獲ったカネロには敵わないかな。でもWBSSでインパクトある勝ち方で優勝した井上が次点に入っても全く不思議では無い

みんなの感想

ベスト10でも凄いことやのに、ベスト3って…ボクシングファン歴数十年。こんな日が来るとは夢にも思わんかった

ネットの反応

カネロはドーピングしてんだから選んじゃダメだろ。テイラーはいまいちパッとしない勝ち方だったから井上より上なのはおかしい

みんなの感想

たしかにカネロはいきなり2階級あげてコバレフKOしてるからインパクトはあるよな。カネロ相手にパンチかすらせもしないメイウェザーって一体…

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ココがポイント

  • 井上尚弥が米シュガーレイロビンソン賞候補の栄誉に!
  • 史上最高ボクサー・ロビンソンをたたえる年間MVP賞
  • 歴代受賞者はアリ、タイソン、パッキャオら錚々たる名王者

今年のシュガーレイロビンソン賞、早くも投票が進み、中間発表ではテイラー、カネロ選手と井上選手の3人に絞られたそうです。下馬評ではテイラー選手有力の模様ですが、井上選手は若く、これから何度もチャンスがあるでしょう。

一方、最高試合賞の候補でも「井上vsドネア」戦がノミネート。対抗馬は「ルイスvsジョシュア1」、「サーマンvsポーター」、「ゴロフキンvsデレビヤンチェンコ」、「テイラーvsプログレイス」の5試合。結果はどうなるでしょうか。

それにしてもドネアって12年のMVPだったのか…強いわけね…。尚弥君の価値益々上昇!

-ボクシング, 時事ニュース

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.