※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

オリンピック

オリンピック2024の注目競技・体操!半世紀以上「日本のお家芸」種目!ルールや見どころを分かりやすくご紹介!

2024年といえば「4年に1度」のオリンピックイヤー。「え?こないだの東京から3年しかたってないのに」と思われるでしょうが、間違いなくオリンピック2024開催の年です。

オリンピック2024で実施される注目競技をご紹介するシリーズ第17回は五輪花形種目の一つ、体操です。そのルールや見どころなどをシェアしましょう。(出典:Wikipedia、オリンピック2024(パリ五輪)公式、スポーツメディアなど)

 

◆格闘技◆
2024年6月16日 (現地6/15)
平良 達郎  対  アレックス・ペレス戦
UFC  開催場所:
米国ラスベガス

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

オリンピック2024 注目の体操

オリンピック2024は正式名称「第33回オリンピック競技大会」。参加国・地域数207、参加人数約1万人、競技種目は32競技329種目という非常に大きな大会です。日本からも400人規模の大選手団の参加が予想されています。

今回は、半世紀以上にわたって日本のお家芸ともいえる得意競技、体操をクローズアップ。そのルールや特徴などを以下に見ていきましょう。

五輪の体操分野では「体操」「新体操」「トランポリン」の3種目が挙げられるな

概要

人間の肉体で究極の技を追究する体操競技は、近代オリンピックの原型となった種目の一つです。

プラトン、アリストテレス、ホメロスといった歴史の偉人が体操の重要性を熱心に提唱したように、古代ギリシャでは身体的な運動と知的な活動が結びついてはじめて心と身体の対称性が得られると考えられたそうです。つまり「健全な精神は健全な肉体に宿る」の原点でしょうか。

19世紀、体操競技は欧州で発展して盛んになり、五輪では1896年の第一回アテネ大会から採用。以降今日まで全ての大会で行われています。

「器械体操」って言葉もあるけど、これは器械を使うすべての運動の意味。トランポリンや床運動も全部入るのね。ちなみに新体操は用具を持つから「手具体操」

1924年のパリ五輪で男子器具の個人戦と団体戦が実施され、1928年アムステルダム五輪で女子の種目が開始。その後、1960年のローマ五輪から現在の6種目(男子)になりました。

ルールと特徴

オリンピック2024体操は、男子は「ゆか・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒」の6種目、女子は「跳馬・段違い平行棒・平均台・ゆか」の4種目が行われます。また団体総合、個人総合、種目別のカテゴリーもあります。いずれも技の難度や美しさ、安定性などを基準に審判員が判定を行い、得点を競う採点競技です。

女子のゆかだけは音楽付き。芸術性を重視している点で新体操に近いわね

体操の採点方法は長年にわたって10点満点制でした。1976年モントリオール五輪で、「白い妖精」と呼ばれたナディア・コマネチ選手(ルーマニア)が史上初めて10点満点を出したことでも有名です。

しかし、10点満点だと次第に選手の得点がわずかな範囲に集まって明確な差がつけられなくなり、ついに誤審でメダルの色が変わる事件が起きたことをきっかけに、採点方法改革が体操界の議論に。

そして2006年から、技がどれだけ難しいのかを得点化したDスコア(Difficulty score=技の内容など演技価値点)と、演技の完成度を得点化したEスコア(Execution score=演技の美しさや出来栄え点)の合計得点を争う上限のない採点方式が新たに導入されました。

体操競技の各種目では、それぞれの技や運動の難しさの程度が「難度」で表され、基礎的配点が異なります。どの高難度な技を演技のどこで取り入れるか、様々な難度をどう組み合わせて安定した演技に整えるか。選手の技量はもちろんのこと、そうしたプランや集中力も重要になります。

見ている側にとっては、スリリングで人間業とは思えないアクロバティックな技の数々、そして短時間の〝一発勝負〟で完璧さを競う緊張感が、体操の魅力といえます。

団体総合は、各国1チームで全種目を行い合計得点を競うため、代表全員の総合力や「チームのためにミスできない!」というメンタルが鍵に。個人総合は1人で全種目を行ういわば「トータル体操力」の争いです。この金メダリストはある意味「キングオブ体操」ということですね。種目別は逆に「これが一番得意」という各国スペシャリスト同士のハイレベルな戦い。それぞれに見どころがあります。

あと体操って、新しい技の名が、最初に成功した選手の名前になるのがユニーク。「モリスエ」「シライ」とかね

オリンピック2024 のレギュレーション

オリンピック2024の体操競技の内容は以下の通りです。

・男子96名、女子96名、合計192名が出場。これは前回東京五輪より4名少ない。

・団体競技は東京五輪は1チーム4人だったが、パリでは男女とも5人ずつの計12チームで実施。

・年齢制限は男子では生年月日が2006年12月31日以前、女子は2008年12月31日以前。

ネットの反応まとめ

なんかもう・・・すごすぎて人間にみえない
磁石ついてるんじゃないかってくらい吸い込まれるような着地。凄すぎる
体操ってあらゆる競技の中で一番凄いと思える

出典:YouTube

まとめ

要約しますと

  • オリンピック2024の注目競技・体操。古代の偉人も重要さを提唱。第1回アテネから実施
  • 男子は6、女子は4種目。コマネチ時代の10点満点が問題になり今はD、Eスコア方式へ改革
  • 団体総合はチームプレイ、個人総合はキングオブ体操。超人的技の数々と緊張感が醍醐味

-オリンピック

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.