格闘技

那須川天心vs武尊のチケット(東京ドーム)はいつから発売?予想・リンクも

日本立ち技格闘技の〝両雄〟といわれ、人気・実力共にトップに君臨する武尊、那須川天心両選手。長年ファンから二人の直接対決が望まれてきましたが、このほど「今年、東京ドームで実現へ」と一部メディアが報じました。

ファン悲願の「武尊 vs 那須川天心」の頂上決戦はいつなのか?観戦チケットはいつから発売なのでしょうか。試合の予想などとともにまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

「武尊(たける)」も「天心(てんしん)」も本名なのね(武尊さんの名字は世川)!今や格闘界のビッグネーム。命名したご両親凄い!

那須川天心vs武尊のチケット(東京ドーム)はいつから発売?

昨年の大晦日。RIZINの那須川天心選手の試合前、武尊選手がリングサイドに突如現れ会場がざわめきました。試合後にはエールを交換した二人。K-1とRISEという各人気立ち技団体を牽引してきたこの2大トップスター同士が笑顔で向き合い、その後武尊選手はメディアに「僕たちは格闘家としてずっと惹かれ合っていました。K-1でもRIZINでもない中立的なリングで拳を交えたいと思っています」と明言しました。

ファンが「いよいよ機運が高まってきた」と期待を膨らませる中、このほど週刊誌の「FRIDAY DIGITAL」が「ついに、武尊vs天心戦が今年6月、東京ドームで行われる」と報じました。

それによると、04年、当時異なる団体に所属していた魔裟斗氏と故・山本〝KID〟徳郁氏が戦った伝説の格闘技イベント「Dynamite!」一夜限りで復活させる大会が6月に決定。各団体からトップ選手が集って対抗戦を開催し、その大将戦として武尊選手と那須川天心選手が戦うということです。

報道が事実ならまさに格闘技ファンが長年待ち望んだ夢の実現。ぜひ生観戦したいものですが、チケットはいつからどうやって販売されるのでしょうか。

もちろんこの「武尊vs天心」の大会は未発表なのでチケット販売の日程も未定ですが、一般にK-1やRISEなどのチケットは、早いものでは大会詳細が発表されてすぐ、三カ月前ほどから公式サイトや各チケット会社を通じて購入できるようです。ただ、例えば2月末の「天心vs志朗」戦は一カ月前から、3月末の「武尊vsペタス」戦は1月30日現在ではまだ発売前など、大注目の「ビッグマッチ」の場合直前の販売になる傾向があります。

かつての「Dynamite!」はローソンチケットでの販売が多かったようですが、果たして6月の大会はどうなるでしょうか。チケット販売日程が公表され次第追記していきます。

↓ローチケリンクはこちら
ローソンチケット

記事では各団体とも否定はせず、武尊選手もSNSで「自分の口で伝える」と含みをもたせてた。ってことはほぼ正しいわけか…?

https://twitter.com/takerusegawa/status/1355353272266047489

那須川天心vs武尊の予想と期待

鳥取県出身、K-1 WORLD GP3階級制覇王者でいわゆる「新生K-1」の先頭に立ち続けてきた武尊選手(戦績39勝23KO1敗)と、千葉県出身、RISEなどの王者で毎年のRIZIN名勝負でも人気絶頂の「キック界最強の神童」那須川天心選手(戦績43勝32KO無敗)。

武尊選手も30歳となる今年は「ラストチャンス」と前々から天心戦を要望。22歳と若い天心選手は近くボクシングへ転向する方針で、やはり今年が最後の機会。こうしたお互いの事情も対戦実現を後押ししたようです。

では仮に試合を行う場合、どんな展開が予想されるのでしょうか。メディアによると、天心選手はベスト体重が55〜58.5kg、武尊選手は60kg。やや武尊選手が大柄ですが、試合の場合57kg前後での契約になるとの見通しです。

ファイトスタイルは非常に似通った、攻撃的でスピーディ、アグレッシブなタイプの二人。元ボクシング世界王者の木村悠氏は「キックはもちろん、両者ともにパンチの技術が優れている。連打型の武尊選手に対して、天心はタイミングで倒す技術を持っている」と互角の戦いを予想します。

試合やチケット販売が決まれば、ぜひ二人共調子をピークに整え、激しく技を出し合う一瞬も目が離せない「世界一ハイレベル」な最高の3分3Rを、東京ドームで見せて欲しいものです。

いやー武尊vs天心もだけど、他にどんなビッグネームが対決するのか、ホント「6月Dynamite!」楽しみ!!
だな。ちなみに04年の時は「曙vsホイス・グレイシー」「ボブ・サップvsジェロム・レ・バンナ」とかもあった

那須川天心vs武尊みんなの予想・反応まとめ

みんなの反応

正直どっちが勝つか分からないから実際楽しみ!

ネットの感想

那須川は今脂が乗り切っている。武尊は全盛期ではないがいまだ強さは健在

みんなの反応

もう一度ブームを作れるチャンスだ。これを逃したらまた冬の時代が続く

ネットの感想

出来れば満員で地鳴りのような声援の中でやってほしい。魔裟斗vsKIDのように次世代や子供達の目標になって!

みんなの反応

ファイター同士の戦争や!ってくらいに選手もファンも燃え尽きるくらいのカード期待

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • ついに夢の対決「武尊vs那須川天心」が6月に東京ドームで実現か?
  • 週刊誌報道を関係者否定せず。高人気だけにチケットは直前販売も
  • 多彩でアグレッシブな攻撃スタイルの二人。体重57kg前後で試合か

ここにきてビッグな格闘技イベント開催の雰囲気が拡大してきたのは、コロナ禍が大きな背景にあるようです。日本も欧米も感染拡大が続き、東京五輪はもはや風前の灯。広告代理店やスポンサー企業にとっても死活問題であり、五輪に代わる「注目の大スポーツイベント」のニーズが高まっているのが実情です。

ただ開催はやはりある程度コロナ禍が収束し、ワクチン接種なども広がることが前提。大勢の観衆を集めたり、海外の大物を招請するためにも、とにかく一日でも早く今の緊急事態を終わらせる努力が必要となりそうです。

-格闘技

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.