ボクシング

スーパーバンタム級の体重と最強ボクシング選手は?現在の勢力図を解説

現ボクシング界できってのパウンドフォーパウンド(PFP)、日本が世界に誇る「史上最強モンスター」井上尚弥選手の防衛戦が、いよいよ日本時間20日に迫ってきました。

井上選手は今後バンタム級4団体王座統一を目指し、来年にも一階級上のスーパーバンタム級で「4階級制覇」を狙うとされます。このスーパーバンタム級って体重は?現在階級最強と目される王者には誰がいるのでしょうか。

今回は、近々日本のファン必見となりそうなスーパーバンタム級の最新状況をまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

「RIZINとRISEで残り2試合」と言ってた那須川天心も、ボクシングでの階級はSバンタムが選択肢の一つ!将来「尚弥vs天心」ってあるのかな…ww

スーパーバンタム級の体重(ボクシング)

現在体重別に17の階級に細分化されている世界の男子プロボクシング。そのうちスーパーバンタム級は軽い方(ミニマム級)から数えて6番目の階級です。

その上限体重は55.34kg(122ポンド)。現在「軽量級世界最強」といわれる井上尚弥選手のバンタム級より約2kg重くなります。

ボクシングの階級名は生物やモノが由来のものも多いわね。バンタムは小型ニワトリ、フェザーは鳥の羽、クルーザーは巡洋艦とか
昔はモスキート(蚊)級なんてのもあったな。ちなみにムエタイでは「ピン」「コットン」「ペーパー」って階級もあるらしい

https://twitter.com/TeppenTenshin/status/1404068836228296713

スーパーバンタム級の最強選手は誰?

では2021年6月現在のボクシング・スーパーバンタム級各団体王者を簡単にご紹介しましょう。

WBAスーパー、IBF王者・ムロジョン・アフマダリエフ

ウズベキスタンの26歳。リオ五輪銅メダリストのアマエリート出身でプロ戦績は9勝(7KO)と少ないものの、2冠王者ダニエル・ローマン、IBF暫定王者岩佐亮佑選手を相次いで破り、気鋭の強さを見せる無敗のニューチャンピオン

WBAレギュラー、WBC王者・ブランドン・フィゲロア

米国出身24歳。長身のフィジカルファイターで、戦績は22勝(17KO)1分けといまだ無敗。5月に無敗のWBC王者ネリ選手との統一戦で、ボディ攻撃によるKO勝ちを収め、2団体統一王者になったばかりです。

WBO王者・ステファン・フルトン

米国出身26歳。アマで90戦の豊富な経験を重ねプロに転向したカウンターパンチャー。今年1月、WBO王者アンジェロ・レオ選手に挑み大差判定勝ちで王座を戴冠。戦績は19勝(8KO)とやはり無敗を続けている実力派です。

WBA暫定王者・ライース・アリーム

米国出身30歳。今年1月に、WBAの暫定王者決定戦にTKO勝利を果たし王座を獲得しました。戦績は18勝(12KO)無敗です。

へえー!今の主要団体4人のチャンピオンは全員無敗なのね!これからどうなっていくのかしら

スーパーバンタム級の現在の力関係を解説

ご覧頂いたように、現在のスーパーバンタム級勢力図は2団体の統一王者が2人。他の2人とあわせ、4人とも王座を得たばかりのニューフェイスで、しかも全員がいまだ無敗。年齢も若い選手が多く、非常にフレッシュな顔ぶれだといえます。

最新PFPで実力の「序列」を見てみると以下の通りです。

■ザ・リング … Sバンタム級 1位アフマダリエフ、3位フルトン、4位フィゲロア、7位アリーム

■ESPN … Sバンタム級 2位アフマダリエフ、5位フィゲロア、7位フルトン

■WBN … TOP50 43位フィゲロア、44位アフマダリエフ

やはり直近の2試合連続で、PFPランカーでもある現役王者の強豪ローマン、岩佐両選手を撃破した強さのアフマダリエフ王者が最も高く評価されている様子。続くのがフィゲロア、フルトンの両王者となっています。

そして、この勢力図を大きく塗り替えそうな注目マッチが今年9月に予定されています。「フィゲロアvsフルトン」の3団体王座統一戦です!

この試合を勝ち抜き「3冠統一王者」となった方が、来年にはいよいよアフマダリエフ王者と4団体の階級頂上決戦に臨むのか。その前に井上尚弥、那須川選手ら転向組の「超強豪」がアフマダリエフ王者の行く手を阻むのか。

今秋から来年にかけ、スーパーバンタム級戦線は大きく動きそうです。

軽量級では重い方だからか、今は意外とアジアや中米選手が少ないのだな

https://twitter.com/naoyainoue_410/status/1404783879865593860

スーパーバンタム級に関するネットの反応

みんなの反応

天心のベスト体重はスーパーバンタムだろう。今よりちょっと絞った方がキレも出る

ネットの感想

武居由樹もスーパーバンタム級じゃなかったっけ?

みんなの反応

天心と尚弥、武居くんも階級同じなら絶対に面白い。でもまぁ現時点では井上尚弥やなぁ

ネットの感想

スーパーバンタム級はパッキャオ、バレラ、モラレスらスターを輩出した階級

みんなの反応

昨日、日本スーパーバンタム級王者の古橋さんがベルトを持って来店してくれました。ちなみにチャンピオンベルトは、俺のお腹には長さが足りませんでした(笑)

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 井上尚弥や那須川天心が転級・転向可能性のスーパーバンタム級
  • 上限体重55.34kg。中量級のすぐ下で軽量級では最も重いクラス
  • アフマダリエフが王者筆頭格。フィゲロア、フルトンが秋統一戦へ

スーパーバンタム級はちょうどスーパーフライ、バンタムといった軽量級の中心階級より上で、ライト・フェザーといった中量級にも近いことから、王者たちのの階級変更も頻繁にみられます。

例えば長年王者として活躍してきたベテラン、リゴンドー選手は、今はバンタム級に降り近くカシメロ王者との統一戦を予定。強豪王者だったレイ・バルガス選手もフェザー級に移りました。

ベルトを失ったローマン、レオ選手ら実力者たちも虎視眈々と王座奪回を狙っていますし、ここに来年以降尚弥、天心、武居選手らが参戦すれば「ボクシング界最注目の激戦階級」になるのは間違いなさそうです。

岩佐亮佑もフェザー級転向報道が。適正がどこかって判断難しいものだな

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.