ボクシング

パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング最新3月!井上やフューリーの順位と3・4月の注目試合!

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで、元3団体統一王者のフューリー選手(英国)が、大方の予想を覆して無敗を誇るワイルダー選手に圧勝。王座に返り咲きました。

これを受けてボクシング専門メディアの中には、階級の壁を取り除いた仮想の全ボクサー最強ランキング「パウンドフォーパウンド(P4P)」で、フューリー選手を3強に選出するところも。

3月に入りますが、世界のパウンドフォーパウンド最新ランキングはどうなっているのか。「日本の至宝」井上尚弥選手は何位なのか。P4P注目の試合とともにまとめてみました。

PFPランカーが登場する試合って、やっぱり他の試合より特別ワクワクするのよね!

▼ ▼ 3/1 8:00以降 ロマゴンvsヤファイとメインのマイキー・ガルシア戦を見逃すな! ▼ ▼

▼DAZNは1ヶ月無料キャンペーン中!▼





※今なら『チャンピオンスリーグ』『久保建英マジョリカ』『ラグビトップリーグ』『新星ハーランド』も見ることが出来ます!


パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング最新3月

ヘビー級からミニマム級まで、体重別に全17の階級に分かれる男子プロボクシング。格闘技は身長や体格より体重差が最も物理的なダメージに影響するといわれることもあり、細かい体重別ランクがあるのが一般的です。

特にボクシング界では、この体重別階級のほかに主要な団体が世界に4つもあるため、各階級で最大4人(「スーパー王者」を含めると5人以上の場合も)もチャンピオンがいることになり、「分かりにくい」「一体誰が一番強いの?」と混乱するファンも少なくありません。

そこで海外の主要なボクシングメディアでは、「仮に体重が同じだったら、誰が一番強いのか」という仮想ランキング「パウンドフォーパウンド」を独自に選出しています。

専門記者の投票や編集部で議論して決めるなど選出法はさまざまですが、世界のボクサーにとって「P4P入り」することは、ベルトと並ぶ何よりの名誉でもあります。

ではパウンドフォーパウンド最新ランキングはどうなっているのか、我らが井上選手はどこにいるのか、以下に一覧でご紹介しましょう。

Ring誌はじめ4誌のトップ10

2020/3
時点でのランク
THE RING
(老舗・元祖)
2020/2/22更新
ESPN
(専門家投票制)
2020/2?
WBN
(WorldBoxingNews)
2020/2/28更新
boxingscene

2020/2? 更新
1位サウル・アルバレス(29)
メキシコ
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
井上尚弥(26)
日本
2位ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
3位井上尚弥(26)
日本
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
タイソン・フューリー (28)
イギリス
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
4位テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
井上尚弥(26)
日本
井上尚弥(26)
日本
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
5位オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
6位エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
7位ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
8位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
9位アルツール・ベテルビエフ(34)
ロシア
デオンテイ・ワイルダー(33)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(33)
ウクライナ
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
10位マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
ジョシュ・テイラー(28)
イギリス

WBNの11位~50位

WBNP4P
11位以降
選手名
11位レオ・サンタ・クルス(30)
メキシコ
12位田中恒成(24)
日本
13位アンソニー・ジョシュア(29)
イギリス
14位マイキー・ガルシア(31)
アメリカ
15位井岡一翔(30)
日本
16位ドニー・ニエテス(37)
フィリピン
17位ワンヘン・ミナヨーティン(33)
タイ
18位ショーン・ポーター(31)
アメリカ
19位ホセ・ラミレス(27)
アメリカ
20位デオンテイ・ワイルダー (34)
アメリカ
21位アルツール・ベテルビエフ(34)
ロシア
22位ミゲール・ベルチェット(27)
メキシコ
23位ジョシュ・テイラー(28)
イギリス
24位ガーボンタ・デービス(24)
アメリカ
25位レジス・プログレイス(30)
アメリカ
26位ノニト・ドネア(36)
フィリピン
27位ゲーリー・ラッセル・ジュニア
(31)
アメリカ
28位ダニエル・ジェイコブス(32)
アメリカ
29位シーサケット・ソー・
ルンヴィサイ(32)
タイ
30位キース・サーマン(30)
アメリカ
31位アンディ・ルイス・ジュニア(29)
メキシコ・アメリカ

32位モルティ・ムザラネ(36)
南アフリカ

33位ギレルモ・リゴンドウ(38)
キューバ
34位ディミトリー・ビボル(28)
ロシア
35位セルゲイ・コバレフ(36)
ロシア
36位ムロジョン・アフマダリエフ(26)
ウズベキスタン
37位ジェイソン・ロザリオ(24)
ドミニカ
38位ジャーメル・チャーロ(29)
アメリカ
39位カルム・スミス(29)
イギリス
40位ヘルウィン・アンカハス (27)
フィリピン
41位デメトリアス・アンドラーデ(31)
アメリカ
42位ジョシュ・ワリントン(29)
イギリス
43位京口紘人(25)
日本
44位レイ・バルガス(28)
メキシコ
45位ギルベルト・ラミレス(28)
メキシコ
46位ノックアウト・CPフレッシュマート (29)
タイ
47位デビッド・ベナビデス(22)
アメリカ
48位ティオフィモ・ロペス(22)
アメリカ
49位エマニュエル・ナバレッテ(24)
メキシコ
50位ビリー・ジョー・ソーンダース(29)
イギリス
P4Pは〝ボクシングの聖書〟The Ring、全米有数のスポーツメディア・ESPNや、WBNなどのランクが有名だよね!

https://www.instagram.com/p/B9AF9-aHrJ1/

3月最新ランクのポイント

ご紹介したとおり、パウンドフォーパウンド最新ランキングではまずはトップ3を更新したWBN(ワールドボクシングニュース)が目を引きます。

強豪ひしめくヘビー級で、「ボクシング界最強」ともいわれる強打で44戦にわたって無敗を続けてきた「ブロンズボマー」ワイルダー選手を、2度もダウンさせ7Rで仕留めた完勝劇

これを受けてWBNは、従来ベスト10圏外だったフューリー選手を1位のカネロ、2位のロマチェンコ両選手に続いて3位にランクインさせました。かたやワイルダー選手は20位に急落。

この結果、これまで3位だった井上尚弥選手は4位に「押し出される」形に。ただWBN以外のメディアでは、井上選手はザ・リングで3位、ESPNで4位にこれまでと変わらずランクしています。

このほか各メディアのP4Pでは、史上2人目の6階級制覇の「レジェンド王者」パッキャオ選手が依然10強に君臨していることや、スーパーフライ級王者のエストラーダ選手が、井上選手同様に軽量級ながらベスト10入りしている点が、現在のランクの特徴といえそうです。

P4Pって試合ごとに細かく更新されるから、長く上位にいるってことは、いかに「試合が途切れず、しかも負けない」かの証しでもあるわね!

2020年3、4月見るべきP4Pの試合は?

パウンドフォーパウンド最新ランキングで一気に躍進したヘビー級新王者のフューリー選手。では3、4月に行われるボクシングマッチで、P4Pランカーが登場する注目マッチをご紹介しましょう(日付は現地時間)。

■3月28日

・WBC・IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ(カナダ)
 「アルツール・ベテルビエフ vs ファンロン・メング」

……P4Pでリング9位、WBNで21位にランクする2団体王者のベテルビエフ選手。凄まじい強打で無敗街道が続くか、見逃せない1戦となりそうです。

・WBC世界スーパーバンタム級指名挑戦者決定戦
 「ルイス・ネリ vs アーロン・アラメダ」

……度重なる体重超過や薬物使用疑惑。「悪童」の異名がすっかり定着したネリ選手ですが、ESPNはバンタム級で井上選手に次ぎ2位にランク。振る舞いはともかく、実力を評価する専門家は今でも多いようです。スーパーバンタム級でどこまで活躍できるか見ものです。

■4月25日

・WBA・IBF・WBO世界バンタム級王座統一戦(アメリカ)
 「井上尚弥 vs ジョンリル・カシメロ」

……言うまでもなく、日本史上最高傑作のスーパー王者井上選手の次戦。聖地ラスベガスで、井上選手が再びどう世界を驚かせてくれるか、その時はまもなくです。

3/1 AM8:00~ のロマゴンvsヤファイと同じリングでの正午前後からのマイキーガルシア戦も注目だよ!

ロマゴンvsヤファイの放送がネット中継決定!日本時間と海外の反応

マイキー・ガルシアvsジェシー・バルガスの放送と開始日本時間・予想まとめ

▼スポーツ生中継を今すぐ視聴する方法はこちら▼

1、DAZNは初回登録1ヶ月分無料キャンペーン中!お早めに!
2、wifi環境あればスーパースターをリアルタイムで観れる!
3、登録は2分で完了!アプリをダウンロードして即見!

大谷翔平、ハーランド、ロナウド、ムバッペ、大坂なおみ 彼らにどれだけ元気をもらったことか

家を締め切ってヘッドホンとお酒を用意! これで現地以上のスポーツ観戦できるよ(笑



※今なら以下も観戦できます! ・久保建英マジョリカ戦
・チャンピオンズリーグ
・ラグビートップリーグ
・3/1(日)10:00~ ロマゴンvsヤファイからのマイキーガルシアvsバルガス
・2/29(土)23:30~ ハーランド(ドルトムントvsフライブルク)
・3/8 (日) 2:30~  ハーランド(ドルトムントvsボルシアMG)
 

パウンドフォーパウンド最新のみんなの反応

みんなの反応

そもそもパウンドフォーパウンドからヘビー級のボクサーは外すべきやと思うんやけどね。「体重が同じなら」というがヘビー級はそもそも「体重を合わせる」ことをしない階級なわけで

ネットの感想

まあパウンドフォーパウンドはお遊びですからね。ファン同士があーでもないこーでもないと居酒屋のカウンターで語り合う気楽さでいたい

みんなの反応

P4Pって熱くなれない。ヘビー級とミニマム級じゃボクシング自体が別物でしょ? ヘタすると別の格闘技といっていいくらい違ってくるわけで

ネットの感想

今までもワイルダーで10位だしな アルバレス1位もどうかとは思うが

みんなの反応

恋愛にもパウンドフォーパウンドを持ち込んでしまい、年齢や職業などに関係なく「同じクラスだったら好きになるか」というどうでもいい基準しか持てない…

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • WBNパウンドフォーパウンド最新ランクでフューリー3位に急伸
  • 井上は4位に下がったが、ザ・リング3位、ESPN4位は変わらず
  • 3、4月もベテルビエフ、井上らP4Pランカーの注目試合続く

階級分けのあるボクシングはじめ、さまざまな競技で「誰と誰が戦ったら、どっちが強いか」はファン永遠の「空想テーマ」だともいえます。

格闘技は体重の壁がありますし、球技などでは国やリーグの違いで対戦が実現しないことも。あるいは同じ国・リーグでも、「過去の名選手と現在のスターが対戦したらどうなるだろう」という想像は、果てしなく尽きないものです。

P4Pも、階級が大きく違う2人が戦うことは現実的にはあり得ませんが、「もしフューリーと井上尚弥が体重70kgに合わせて拳を交えたら……」と〝妄想〟したくなるのは、ファンなら誰しも同じではないでしょうか。

P4Pはザ・リング初代編集長が、往年の名王者シュガー・レイ・ロビンソンの強さを称える造語として生み出されたものなんだって!。シュガーレイ、今だったら何階級制覇できたんだろう…?

関連

この記事を読んだ人が読んでいる記事

▼ ▼ 3/1 8:00以降 ロマゴンvsヤファイとメインのマイキー・ガルシア戦を見逃すな! ▼ ▼

▼DAZNは1ヶ月無料キャンペーン中!▼





※今なら『チャンピオンスリーグ』『久保建英マジョリカ』『ラグビトップリーグ』『新星ハーランド』も見ることが出来ます!


マイキー・ガルシアvsジェシー・バルガスの放送と開始日本時間・予想まとめ

ナバレッテの戦績と強さ!井上尚弥のライバルとの声も!海外の反応は?

井上尚弥vsカシメロ生放送・ネット中継は?日本時間の開始とネットの予想

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.