格闘技

プロレスは何歳から何歳までいる?最年長は?

2022年が幕開け。プロレス界も新年益々盛り上がっており、とりわけ8日に横浜アリーナで行われる、新日本プロレスvsプロレスリング・ノアの対抗戦『WRESTLE KINGDOM 16』は注目です。

さてプロレスなど格闘技といえば大体20~30代の選手が一般的で、肉体を酷使するだけに引退も早いイメージですが、プロレスラーの場合何歳から何歳くらいまでなのでしょうか。現役プロレスラーの最年長や最年少って何歳?今回は「プロレス年齢雑学」を調べてみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディア)

No1団体新日本とNo2のノア。22年に好スタートを切るのはどちらなのか?見逃せないね

プロレスは何歳から何歳までいる?

1951年、伝説のプロレスラー力道山のデビューで始まったとされる日本プロレスの歴史。以来、数々の名選手たちがリングを彩ってきました。そして令和に至り新年の今年2022年。プロレス界を見渡すと、20~30年以上前から活躍している「オールドネーム」なレスラーも元気にリング上で戦っていることに驚きます。

女子プロだけど、最近ちょっとびっくりしたのはジャガー横田さん。タイガークイーンの師匠ながら自身も60歳の今もリングに上がってるものね!憧れる!

ではプロレスラーとは、一体何歳から何歳くらいまでいるのでしょうか。詳しいファンの方が興味深い統計をブログで取り上げていましたので引用してご紹介しますと、全体的には以下の通りだそうです。

・2018年に日本国内で行われた全興行の出場選手男女計1073人の年齢を調べると、全体の平均年齢は34歳。20代半ば、30代前半、40台前後が中心で、10代、60代以上もごくわずかにいる。

・男子は40歳前後が最も多く、より高齢の選手が多め。女子は最も多いのが20代半ばで、30代後半から一気に減る。

ボクシングやMMA、柔道などでは概ね10代後半から30代半ばくらいが現役世代とされてるね。やっぱりハードだから引退も早め。最年長でも50歳くらいだと思うけど…

このように、格闘技界の中では、男子は比較的「高齢選手が多め」という印象もあるプロレス。では現役最年長や最年少のレスラーは一体何歳なのか、探ってみました。

最年長プロレスラー

プロレスラーとはそもそも、ボクシングなどのように「ライセンス制」ではないので、プロ団体と契約し試合のリングに上がれば即ち「プロレスラー」と見做されると思われますが、一体何歳から何歳までいるのでしょうか。

メディア報道やウィキペディアによれば、現役最年長レスラーはグレート小鹿選手だとされます。日刊スポーツによると、グレート小鹿選手は先月12月18日、新潟プロレスの新潟タッグ選手権で4度目の防衛を果たし、最年長防衛記録を更新しました。

御年79歳。驚くべきことに今もバリバリの現役でタイトルを防衛中だといいます。相撲界を経て63年にプロレスデビュー。60~70年代には米国でも活躍、あのミル・マスカラス、テリー・ファンク、スタン・ハンセンらともしのぎを削った文字通りの「生ける伝説」です!

本人曰く「80歳の2022年もどんどん防衛回数を伸ばして、プロレス界を盛り上げてやる!」。凄すぎ…

↓グレート小鹿の21年9月の試合

グレート選手は突出していますが、年長プロレスラーは他にもかなり健在です。例えばこちらもレジェンド級の武藤敬司選手。ノア所属で8日の大会にも出場予定といまだパワー全開です。

90年代から2000年代にかけてプロレス界を牽引した闘魂三銃士の1人として超有名ですが、年齢は59歳になったばかり。この勢いでは60代でもまだまだ活躍しそうです。

神奈月さんのモノマネで昔の選手だと思ったのに…今もこの筋肉!!明石家さんまさんが「武藤はあかん」と褒めるほどのトーク力とか面白キャラも大好きww

さらにノアでは、故・三沢光晴選手のパートナーとして活躍しノア旗揚げに参加、経営にも参画した小川良成選手も55歳でなお現役です。

最年少プロレスラー

プロレス最年長を見てきましたが、逆に最年少レスラーは何歳からなのでしょうか。

これも確たる統計があるわけではないのですが、メディアなどによると、ミスター6号という男の子が驚愕の4歳でデビューしたのが史上最年少記録だということです。

ミスター6号は06年、「名古屋へなちょこプロレス」にて「学級委員青山君」戦でデビュー。それまでの「ちびミヤマ仮面」の5歳を抜いて日本記録を更新したとか。

ミスター6号は現在20歳。中学では野球部に入ったらしいから、プロレスは辞めたのかな?

一方女子では小学生レスラーは結構多いようですが、例えば05年に小学生でデビューした「ラム会長」当時最年少と言われていたようです。ラム会長は小学生ながら顔面白黒ペイントのヒールレスラー。恐らく20代と思われる現在もリングで活躍しています。

ラム会長の年齢を特定できないのはプロフ非公開だから。本人いわく「身長:小さい、体重:軽い、出身地:魔界の都会」だってww

年長プロレスラーに関するみんなの反応

同世代の猪木が闘病生活を送っているのと真逆。まだまだファンを楽しませてください、小鹿選手
グレート小鹿、昭和40年代のプロレス入門で「日本で唯一の反則レスラー」として紹介されてた「力道山最後の弟子」。何か時代を超越した不思議な気分
力道山門下生なら今のレスラーとは鍛え方が違うのは間違いない
プロレスは幅が広い!!(笑)誤解のないように!!これはショーである!!(笑)

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/5616754f68389b3165d07f72adb83ba56eb3ffec

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 盛り上がるプロレス界。ところでレスラーは何歳から何歳までいるの?
  • 現役最年長はグレート小鹿の79歳。武藤敬司も今年60歳でバリバリ肉体
  • 最年少は初試合時4歳のミスター6号?女子ではラム会長も小学デビュー
レスラーたちの色んな人生ドラマや生き様を楽しむのもプロレスの魅力だからね

-格闘技

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.