※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

格闘技

フワちゃんプロレス3戦目は?なぜデビューしたの?

YouTuberでタレント・フワちゃんの「プロレス挑戦本気度」が凄い、とファンの間で話題になっています。デビューからの2戦では〝腰かけレスラー〟ではない躍動したしたパフォーマンスで会場を驚かせました。

そもそもフワちゃんってなぜプロレスデビューしたの?その経緯と思い、そして「フワちゃんプロレス3戦目」以降はあるのかを探りました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

本名は不破遥香(ふわ・はるか)。それでフワちゃんなのか。フワフワしてる、訳じゃないのだなww

 

◆格闘技◆
2024年6月16日 (現地6/15)
平良 達郎  対  アレックス・ペレス戦
UFC  開催場所:
米国ラスベガス

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

フワちゃんプロレス3戦目はいつ?

昨年10月に東京・立川市でデビュー戦。そしてつい先日には横浜アリーナでプロレス2戦目を行った〝ルーキー女子プロレスラー〟フワちゃん

試合の内容や勝敗は後ほどご紹介するとして、そもそもフワちゃんは、小柄で格闘技経験などない人気女性お笑いタレント。いきなりプロレスラーといっても「忙しい芸能活動の傍ら練習なんてまともにできるの?」「どうせバラエティのくヤラセ企画でしょ」と、当初ファンには眉に唾する向きも多かったようです。

しかしフワちゃんはこの2試合、バリバリの現役女子レスラー相手に互角に近い本気度MAXのパフォーマンスを披露し「マジこれは凄い」「中々やるな」と世間の評判も一変したようです。

新人プロレスラーとしてすっかり名を上げた感のフワちゃん。そもそもなぜプロレスを?プロレス3戦目はあるのかなどを、以下に見ていきましょう。

フワちゃんプロフィール

フワちゃんは東京都八王子市出身で年齢非公表。身長161cm。スポーツは中学でバスケ部、高校では陸上部でしたが格闘技経験はありません。東洋大在学中に芸能事務所の養成所に入り、2015年ごろからお笑い芸人としてTV出演を始めたのが芸能界入りのきっかけだそうです。

あらゆる場面で年上にもタメ口、変わったワードセンス原色ド派手なファッションスタイルといった独特のキャラで人気を集め、バラエティ番組の常連に。20年には「フワちゃん」が新語・流行語大賞のトップ10入りし、今では有名YouTuberとしても人気を確立しています。

彼女、小学時代に2年間米LAで過ごした帰国子女なんだって。キャラが多分にアメリカンwなのはそのせい?

フワちゃんはプロレスになぜデビュー・挑戦したのか?

そんなフワちゃん、スポーツ紙によると元々はプロレスファンではなかったそうですが、日頃TVなどで一緒に仕事する周りの芸能人にプロレスマニアが多いことが興味を抱くきっかけになったといいます。

特に芸能界随一のプロレスファンとして知られる有田哲平さんから色々話を聞き段々その気に。出演する日本テレビ系「行列のできる相談所」の企画としてプロレス挑戦することになり、女子プロレス団体「スターダム」の葉月選手兼トレーナーに指導を仰ぎ、約5か月間猛特訓に臨んだそうです。

練習しながらどんどんプロレスの魅力にのめり込み、「デビューして、フワちゃんテレビでプロレスに負けた、いいお話でしたって編集してもらって、それで終わりじゃ嫌。自分の必殺技もほしい」とすっかり本気モードに。

当初は、TV企画を引き受けたスターダム内やプロレス界でも賛否両論だったそうですが、フワちゃんの頑張りに師匠の葉月選手も「彼女はプロレスの才能の固まり。芸能人が中途半端にやってるだけ、なんてことは全然ない。運動神経と負けん気は凄い」と認めたとのことです。

プロデビューしたレスラー・フワちゃん。これまでの戦績や内容をご紹介しながら、これからどうなるのか、プロレス3戦目はあるのかなども次に見ていきましょう。

デビュー戦

デビュー戦は22年10月23日、アリーナ立川立飛で行われたスターダム『第12回 ゴッデス・オブ・スターダム~タッグリーグ開幕戦~』。

師匠の葉月選手とタッグを組み、上谷沙弥・妃南選手とタッグマッチで対戦。素人らしからぬダイナミックな動きや技を見せましたが、最後は14分29秒、上谷選手の必殺技ファイヤーバード・スプラッシュからの片エビ固めででフォール負けしました。

2戦目

「これで終わりたくない!私は真剣。勝ちたいんです。もう一回お願い」というフワちゃんの熱意が実り、今年4月23日横浜アリーナで行われたスターダムの『ALLSTAR GRAND QUEENDOM 2023』でプロレス2戦目が実現しました。

デビュー戦に続いて師匠の葉月選手とタッグ。相手は林下詩美・天咲光由組です。フワちゃんはコスチュームを脱ぎ、天咲選手に対しトップロープからのミサイルキック、林下選手にもフライングボディーアタック、ブレーンバスターの連続技と、多彩な技を披露して会場を驚かせます。

さらに投げっぱなしジャーマンを放つなど終盤に大きな見せ場も。たださすがに「実力派プロ」が相手だけに、終盤はカウンターの強烈なラリアットを畳みかけられダメージ。最後は林下選手のジャーマンスープレックスホールドでまたも3カウント負けとなりました。

(↑)2戦目の試合動画は「TVer」で公開中のようですよ!

3戦目は?

2戦目の試合後、フワちゃんは「キャラを封印」して真面目に悔しそうでした。

「この一年間、プロレスが大好きで、生活の全てと愛を注いできたけどそれでも勝てなかった。出直してきます。もう1回って駄々をこねるんじゃなく、冷静に考えます」と〝らしくない〟殊勝さ。

確かにタレント活動は多忙で、試合の翌日もTV出演。毎日練習時間を十分とるのも難しく、そうかといって決まっている仕事を休むわけにもいかず、本人にも葛藤があるようです。

「(考えの)甘さが負けにつながったのかも。どうしても勝ちたいのでその覚悟が決まるまでは(発言を控えます)」と、プロレス3戦目は慎重に考え話し合うと語っていました。

ただ「レスラーフワ」に懐疑的だった女子プロファンもこの2試合ですっかり〝応援モード〟に。この反響なら半年ほど空けて、次の「フワちゃん3戦目」構想が浮上する可能性は十分ありそうです。

「プロレスは受け身の競技」ともいわれ、大技をきれいに受けるのはとても難しいそうだが、その点もフワちゃんは先輩女子レスラーから誉められてたね。努力もだがかなりセンスがありそうだ

フワちゃんプロレス挑戦にみんなの反応は?

本気なのは十分伝わってきた。ただ、どうしても二足のわらじでは限界があることを本人も自覚してて、もどかしさもあると思う。決断の時かな。掛け持ちでは下手すると大怪我しかねない
フワちゃんは正直苦手で嫌なイメージだった。ただ最近は自分で新しい世界を見つけて一から挑戦する姿勢が素直に凄いと思い始めた
練習中も試合でも実際に痛いだろうに,それを乗り越えてちゃんとした覚悟をみせられたら,プロレスファンとしては評価しないわけにはいかない
芸能人の挑戦企画?そんなお遊び程度でプロレスやってたら「なめてんなコイツ」と思ってたと思う。でも彼女を見たらタレントの域を超えてた。マジでプロレスを続ける気があるなら応援したい

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/c42203ef27bde698e3cb7435b7fa79b64c19420e/comments

まとめ

要約しますと

  • 人気タレントフワちゃんがプロレス挑戦でついに2戦目。本気の驚きパフォで話題に
  • マニア有田らとの仲で次第に興味。番組企画で5か月特訓しすっかり虜に。昨秋デビュー
  • 大技攻撃や受け身もファンやレスラーから高評価。3戦目は「真剣」ゆえに当面熟考?

-格闘技

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.