※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

ボクシング

アンソニー・オラスクアガの戦績と強さ!寺地拳四朗が油断ならない海外の評価

 

◆ 超RIZIN.3◆
2024年7月28日 (日)
朝倉未来 VS 平本蓮戦

開催場所:さいたまスーパーアリーナ

野球・サッカー・ボクシングなど
今までにないスポーツの観戦が楽しめる‼
╲登録後もお得なプロモーションがいっぱい!/

スポーツベットのbeebet

BeeBetに登録する

※BeeBetの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジさん"の BeeBet登録方法 や 入金方法 などを参考にして下さい。

 


プロボクシングWBA・WBC世界ライトフライ級統一王者・寺地拳四朗選手の防衛戦が8日に迫りました。当初のWBO王者ゴンサレス選手との三団体統一戦は病気のため流れてしまいましたが、代わりに急遽挑戦者になったのがWBA世界フライ級2位の実力者アンソニー・オラスクアガ選手(米国)です。

オラクスアガ選手の戦績や強さとは?日本ボクシング界とも縁が深く、「階級絶対王者」寺地選手でも油断ならないその底力を探りました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

ゴンサレスはコロナならぬ「マイコプラズマ肺炎」に罹ったそうだ。トップアスリートって体脂肪ほとんどないから、かえって病気感染しやすいのかなぁ

アンソニー・オラスクアガの戦績

アンソニー・オラスクアガ選手は、もともと今月15日に韓国・仁川で白石聖選手とフライ級の試合を予定。その調整のため、8日の同じ興行で試合がある岩田翔吉選手とのスパーで来日が決まっていたこともあり、プロモーターが寺地戦を急遽オファー。オラクスアガ選手としても、キャリア初の「ダブル世界ベルトメガマッチ」が目の前に現れ、「こんなチャンス2度とないかも」と飛びついたそうです。

ケガした尚弥さんはアンダーカードごと全部延期されたけど、8日の興行は他の世界戦や天心さんデビューなどもあって延期できず、選手差し替えになったのね…

ではオラクスアガ選手の戦績や強さなどを順次みていきましょう。

プロフィール

オラクスアガ選手のプロフィールは以下の通りです。

項目 情報
本名 アンソニー・オラスクアガ
生年月日・年齢 1999年1月1日(24歳)
出身地 米ロサンゼルス
通称 プリンセサ
身長 163cm
階級 フライ、ライトフライ級
タイプ オーソドックス
アマ戦績 10戦7勝3敗
プロ戦績 6戦5勝(3KO)1敗
KO率 50%
デビュー 2021年

戦績

オラクスアガ選手の戦績は8戦7勝(8KO)1敗です。一覧は以下の通り。

開催年月日 試合結果 対戦相手 備考
1 2020/09/04 ○2RTKO エドウィン・レジェス(米)
2 2021/08/13 ○6R判定 3-0
(60-53、60-53、59-54)
サウル・フアレス(メキシコ)
3 2022/03/12 ○8R判定 3-0
(78-74、78-74、78-74)
ヒルベルト・ペドロサ(パナマ) WBAラテンアメリカフライ級王座獲得
4 2022/05/13 ○6R棄権 グスタボ・ペレス(メキシコ)
5 2022/10/14 ○1RTKO マルコ・サスティタ(米) WBAラテンアメリカフライ級王座防衛①
(のちに返上)
6 2023/04/08 × 9R2:03KO 寺地拳四朗(日) WBA・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
7 2023/09/18 ○7R 2:55TKO ジーメル・マグラモ
8 2024/07/20 ○3R 2:50KO 加納陸(日) WBO世界フライ級王座決定戦

オラスクアガの強さは?

世界のボクシングメディアでライトフライ級のトップ評価を独占。今や「階級不動のチャンプ」に君臨している寺地拳四朗王者の次戦相手に抜擢されたオラクスアガ選手は、まだ戦績も浅いホープです。その強さはどう評価されているのでしょうか。

ファイトスタイル・特徴

メキシコ系米国人で、米国では軽量級期待の若手〝トニー〟ことアンソニー・オラスクアガ選手。アマ時代全米1位の選手に勝利するなど高い実績を挙げてプロに転向しました。

実は、近く2階級目の世界戦に挑む中谷潤人選手とは「兄弟弟子」の深ーい関係。同じ門下の米の名トレーナー、エルナンデス氏は親同然で、やんちゃな〝喧嘩自慢〟だった少年期、一歳上の中谷選手とのスパーでボディだけでKOされて号泣。師匠に「どうだ、もうやめるか?」と聞かれ「NO。強くなって絶対見返してやる!」と、そこから心を入れ替え世界を志したそうです。

荒れた恵まれない家庭環境を不憫に思い、エルナンデスコーチが家に引き取って養子のように大切に育てたんだってね!

そして今回挑む寺地王者とも手合わせ経験があります。昨年9月、訪米した寺地王者とスパー。寺地選手は「ジャブや打ち分けがうまく、パンチ力がありびっくりした。日本人にはいないタイプ」と非常に高評価だったそうです。

ファイトスタイルは右構えのハードヒッター。広めのスタンスから、拳にパワーを伝える体の使い方が優れているとされます。最近も帝拳ジムのホープ小川寛樹選手とスパーし、柔らかい動きやスイッチして踏み込む器用さも披露。単純な突進型ではなく防御も巧みで、自身も「僕はラウンドごとに相手に適応できる」とリングIQの高さを強調しています。

トニーさんって意外にもおしゃれ好き、手先が器用でヘアカットやピアス・ネイルアートが副業とか。それを見た師匠が“プリンセサ(スペイン語でお姫様)”と名付け、「最初は腹が立ったけど、僕のボクシングと不釣り合いで面白いから今はすごく好きだよ」だってw

動画

戦績は少ない若手ではあるものの、寺地王者としては決して侮れない実力を持つアンソニー・オラスクアガ選手。最後に、強さを示す直近の試合動画をご紹介しましょう。

昨年10月、あの「バム」ロドリゲス選手とも対戦経験のある強豪サスティタ選手をあっという間に1RKO。セコンドの岡辺大介トレーナーも「プラン通り」と満足げでした。

寺地はこれまでゴンサレス向けサウスポー対策を講じていて、代替選手も左利きを希望したものの条件が合わず。でも「多少距離感が変わるが問題ない」って、さすがはPFP王者だな!

オラスクアガのSNS反応

10年後に何階級制覇してるんだろうか。いずれ中谷のライバルになるのだろうね。ジェシーより強そう
めちゃくちゃ良い話だなぁ!!トニー”オラクスアガ、知らなかったけど今後は要チェック!!
スーパーフライから下の階級がかなり低空飛行のチャンプ多いので活性化よろしく
オラスクアガね。名前おぼえとこ。でもいきなり寺地戦はちょっともったいない…?

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/89bff8104dc8b2bf1a31fe3890eda82552b323a1/comments

まとめ

要約しますと

  • 8日の寺地拳四朗統一戦相手はゴンサレス病気で急遽アンソニー・オラスクアガへ差し替え
  • 米期待の若手、中谷潤人の弟弟子。寺地とも昨年スパー。パンチ力あり技術高い実力派
  • バム対戦経験の相手を1RKO。まだキャリア5戦も寺地王者「日本にないタイプ」と侮らず

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.