ボクシング

アザト・ホバニシャンの戦績・強さ【動画あり】井上とのスパーリングどうだった?

我らがボクシング界の「モンスター」井上尚弥選手が、いよいよスーパーバンタム級参戦を正式表明しました。昨年獲得したバンタム級の4つのベルトをすべて返上。4階級制覇へのVロードが本格開始です。

そのSバンタムで最初に対戦相手となりそうな猛者の一人がアザト・ホバニシャン選手。彼の戦績と強さは?昨年、井上選手とスパーリングで手合わせしたそうですが、その様子はどうだったのか。ボクサーとしての特徴や動画もまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

アルメニア出身だけど今は米国を拠点にしてるんだな。リング通称は「アタック」「クレイジー」!
>追記:ネリと2/8合意したようなので視聴方法と開始時間が決まり次第、記載します!

アザト・ホバニシャンの戦績

このほど記者会見した井上尚弥選手は「スーパーバンタム級はかなりタレント揃い。どの選手と戦っても面白いと思っています。パッと思いつくのは僕の中で4人」と、実名こそ挙げませんでしたが、試合を交渉している意中の相手がいることを示唆しました。

その一人と推測されるのがアザト・ホバニシャン選手です。ではその戦績と強さ、試合動画などを以下に順次見ていきましょう。

大橋会長も「前々からSバンタムこそ尚弥の階級だと思っていたが、遂にその時だ」。前人未到「2階級4団体制覇」への序章ね!!

プロフィール

アザト・ホバニシャン選手のプロフィールは以下の通りです。

本名Azat Hovhannisyan
アザト・ホバニシャン
通称Crazy A
出身エレバン
国籍アルメニア
誕生日・年齢1988年8月15日
身長168cm
リーチ165cm
アマ戦績17勝12敗
プロ戦績24戦21勝 3敗(17KO)
デビュー2011年4月23日
経験階級スーパーバンタム級
利き手
タイプオーソドックス
KO率80.9%
入場曲
参考リンク

戦績一覧

アザト・ホバニシャン選手の戦績は、24戦21勝(17KO)3敗です。一覧は以下の通り。

242022年4月9日ダゴベルト・アグエロ勝利TKO2 (10)、 1: 11
232021年7月9日ホセ・サントス・ゴンザレス勝利UD10.0
22
2021年2月13日エンリケ・ベルナッシュ勝利KO8 (10)、 2: 59
212019年9月5日フランクリン・マンサニージャ勝利KO4 (12)、 2: 58
202019年6月13日グレン・ポラス勝利KO4 (10)、2: 09
192019年2月9日ロリート・ソンソナ勝利KO5 (10)、 2: 23
182018年10月12日イエス・マルティネス勝利KO4 (8) 0:30
172018 年 5 月 12 日レイ・バルガス敗北UD12.0
162018年3月9日ロニー・リオス勝利KO6 (10)、1:12
152017年9月23日セルジオ・フリアス勝利UD10.0
142017年6月2日ゴンサロ・カランザ功勝利UD8.0
132017年3月23日ディウル・オルギン勝利KO6 (8)、 2: 47
122016 年 11 月 4 日イスラエル・ロハス勝利KO1 (6)、 1: 31
112016年7月15日マリオ・アヤラ勝利KO5 (6)、 2: 18
102015 年 10 月 24 日イエス・セラーノ勝利KO3 (8)、 2: 29
92015年7月31日ダニエル・ケベド勝利TKO3 (6)、 0: 36
82014年11月29日ウォルター・サンティバネス敗北MD6.0
72014年9月19日アリ・ゴンザレス勝利KO3 (6)、 2: 16
62014年7月18日マヌエル・ガラヴィス勝利KO2 (6)、2: 36
52012 年 9 月 21 日レイモンド・チャコン勝利UD4.0
42012年8月24日マイケル・ウッド勝利TKO3 (4)、 1: 32
32012年2月17日ウィリアム・フィッシャー勝利KO4 (4)、2:43
22011 年 9 月 3 日セルゲイ・タシモフ勝利TKO2 (6)、 2: 50
12011年4月23日フアン・レイエス敗北UD4.0

アザト・ホバニシャンの強さとは?動画あり

アザト・ホバニシャン選手は戦績でご紹介したとおり、何とKO率80%を誇るパードパンチャー。これまでの獲得タイトルはWBC米大陸スーパーバンタム級王座だけですが、現時点で同級のWBA1位、WBC2位、WBO3位、IBF9位と全団体でトップ10にランクする相当な強豪です。

ちなみに階級PFPではリング誌4位、ESPN5位だね

WBCでは、日本では〝忌み嫌われて〟いるあの「悪童」ネリ選手との間で王座挑戦者決定戦が模索されているといわれ、まさに井上尚弥選手と同じく、世界王座に最も近い位置にいます。

井上選手は昨秋、バトラー戦を前に米国で合宿。その際、実はホバニシャン選手とスパーリングを行っています。テレビ朝日で先日その模様が放送されましたので、一部ご紹介しましょう。

父の真吾トレーナーによると、前日に「是非やりたい」とホバニシャン選手からオファー。スパーでは序盤、井上選手が接近戦で攻め込まれ押されますが、ラウンドを重ねるごとに次々とパンチを入れ、後半では相手のパンチを見切りカウンターを決める場面も。

スパー後、井上選手は八重樫トレーナーらに「海外の選手やトレーナーが見ている中でやるのは気が抜けないし、刺激的。(ホバニシャンは)さすが世界ランク1位の潰し方をしてくる。課題が圧倒的に見えた」と成果を語っていました。

フィジカル強化のため、階級が上の相手のパンチをあえて浴びてハードインファイトするのが、尚弥さんのいつものスパースタイルよね

最後に、ホバニシャン選手の特徴的な試合動画をご紹介しましょう。スパーで見られたとおり、低い姿勢からの強烈な左右フック、ボディを武器としており、インファイト型の非常にパワフルなボクシングです。

↓昨年のアグエロ戦(2RTKO勝利)

↓16年のロハス戦(1RTKO勝利)

アザト・ホバニシャンの評価まとめ

ホバニシャン最後の方ちょっと効かされてるな。モンスターのパワーおかしいだろ

引用:https://twitter.com/ROSHI31472761/status/1603592188151365633

アフマダリエフ待ちのWBA正規王座戦としてvsホバニシャンあるかも(ただ王者削減運動中のWBAがわざわざやるかは疑問)

引用:https://twitter.com/ske_box_novels/status/1613865690930507776

ホバニシャンは勝ちの80%がKOのパンチャー。パワーと馬力ならフルトンより上。その選手とわざとインファイトするのが井上尚弥らしい

引用:https://twitter.com/haRv5r12lUrzAfI/status/1603577673963356161

スパーでは、フェザー北米王者のロペスをコーナー押し込んでボディー入れまくってたから、井上がパワー負けする心配はない

引用:https://twitter.com/DTx9n/status/1603557557817475072

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 井上尚弥の次戦候補の一人、アザト・ホバニシャン(アルメニア)
  • SバンタムWBA1位、KO率80%の強豪。戦績21勝3敗のハードパンチャー
  • バンタム時代でも十分互角なさすがの井上。アザトはネリ戦模索か

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2023 All Rights Reserved.