ボクシング

シャークル・スティーブンソンの戦績一覧と強さ!ネクストメイウェザーと言われる理由

米国のボクシングファンの間で最近、シャークル・スティーブンソンというプロスペクト・ボクサーが「ネクストメイウェザーだ」と話題になっているようです。

昨年から2階級制覇を目指してノンタイトル戦を連勝中の前WBOフェザー級王者シャークル・スティーブンソン選手。その戦績や強さとは?なぜ「ネクストメイウェザー」と呼ばれるのかも調べてみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

米国の若き才能がまた現れたのね!スティーブンソンさんの通称は「Fearless(大胆不敵)」!

\ スポーツ選手や糖質制限する人も使いだした! /
栄養・カロリーがコントロールされた食事の宅配サービス【まごころケア食】

シャークル・スティーブンソンの戦績一覧と強さ

シャークル・スティーブンソン選手は米ニュージャージー州生まれのまだ23歳。プロデビューして3年が過ぎたところです。リオ五輪銀メダリストというアマエリート出身でもあるスティーブンソン選手。その経歴と戦績を以下に一覧にしました。

シャークル・スティーブンソンのプロフィール

本名アッシュ・シャクール・ナフィ・
シャヒード・スティーブンソン
 
通称Fearless
(大胆不敵)
出身ニュージャージー州ニューアーク
国籍アメリカ
誕生日・年齢1997年6月28日生まれ
身長173cm
リーチ173cm
アマ戦績59勝(2KO)6敗
プロ戦績15戦15勝(8KO)0敗
デビュー2011-03-11
経験階級スーパーフェザー級
利き手
タイプオーソドックス
KO率53.3%
入場曲
その他

シャークル・スティーブンソンの戦績一覧

日付勝敗時間内容対戦相手国籍対戦相手の戦績備考
152020-12-12 勝利12R判定3-0トカ・カーン・クレイリーアメリカ合衆国28 2 0
142020-06-09勝利KOフェリックス・カラバロアメリカ合衆国13 1 2
132019-10-26 勝利12R判定3-0ジョエト・ゴンサレスアメリカ合衆国23 0 0WBO世界フェザー級王座決定戦
122019-07-13勝利3R 2:37KOアルベルト・ゲバラメキシコ27 4 0NABO防衛1
112019-04-20勝利10R判定3-0クリストファー・ディアスプエルトリコ24 1 0NABO北米フェザー級王座決定戦
IBFインターコンチネンタル防衛1
102019-01-18勝利4R 1:29TKOジェシー・クリス・ロサレスフィリピン22 1 1IBFインターコンチネンタルフェザー級王座決定戦
WBCアメリカ大陸フェザー級王座決定戦
92018-10-13 勝利9R 終了TKOビオレル・シミオンルーマニア21 2 0
82018-08-18 勝利8R判定3-0カルロス・ルイスメキシコ16 4 2
72018-06-09 勝利2R 1:45TKOエリオ・メスキータブラジル16 1 0
62018-04-28勝利2R 1:35TKOパトリック・ライリーアメリカ合衆国12 0 0
52018-02-16勝利8R判定3-0ファン・タピアアメリカ合衆国8 1 0
42017-12-09 勝利2R 1:38TKOオスカー・メンドーサアメリカ合衆国4 2 0
32017-08-19 勝利6R判定3-0ダビド・ミチェル・パスアルゼンチン4 3 1
22017-05-20勝利1R 2:35TKOカルロス・ガストン・スアレスアルゼンチン6 3 2
12017-04-22 勝利6R 終了負傷判定3-0エドガー・ブリト―アメリカ合衆国3 2 1プロデビュー戦

では実際に、シャークル・スティーブンソン選手の強さはどのくらいで、「ネクストメイウェザー」という異名が付いたのはなぜなのか、次項で探ってみました。

ウェルター級王者でPFPランカーのクロフォードさんとは仲が良いお友達なんだって!

シャークル・スティーブンソンがネクストメイウェザーと言われる理由

シャークル・スティーブンソン選手は、プロで15勝中8つのKO勝ちという戦績が示す通り、無敗の強さはあるものの、KO率は半分程度と特別強いパンチ力を持っているわけではありません。メディアによると、カウンターのタイミングやポジショニングの巧みさでポイントを重ねる技巧派選手のようです。

この階級では大柄なサウスポーのアウトボクサー足を使える上にインファイトもできるなど、さすがの高いトップアマ仕込みのテクニックを持つオールラウンダーです。

プロ13戦目でWBOフェザー級世界王者となった後は、タイトル防衛はせずすぐに王座を返上してスーパーフェザー級に1階級アップ。その初戦となったカラバロ戦では痛烈な左ボディでノックアウト勝ちしており、パワーアップもアピール。次戦のクラリー戦も終始圧倒しての完勝でした。

ただシャークル、一般人や女性相手に暴行事件を起こして刑事処分されたり、私生活の風聞は芳しくないな…ここにもまた「悪童」か

↓20年6月のスティーブンソンvsカラバロ戦

↓20年12月のスティーブンソンvsクラリー戦

そうしたファイトスタイルが自身に似ていると感じたのか、あの「五階級制覇の無敗PFP」「金の亡者」フロイド・メイウェザーJr氏が、以前リオ五輪でのスティーブンソン選手の試合を観戦に訪れた際「ネクストメイウェザーを見つけた自分の記録を破るならこの子だろう」とその才能を高く評価したといわれています。

この時以来、シャークル・スティーブンソン選手は「ネクストメイウェザー」の通称も手に入れたようです。果たして次戦は、いよいよ二階級目のタイトル挑戦となるのでしょうか。

シャークル・スティーブンソンの海外の評価まとめ

みんなの反応

フットワークでよく距離を制しているし、パンチの正確さとタイミングも申し分ない

ネットの感想

シャークルはパンチの出し方がクリエイティブ。非常に狡猾なファイターだ!

みんなの反応

デヴィン・ヘイニーは倒せそうだな

ネットの感想

彼はワンパンチやコンビネーションのKOアーティストというより、相手の疲弊を蓄積させて倒すタイプ。これからもっと階級制覇できそう!

みんなの反応

ややパンチ力には欠けるかな。上に行くほど難しくはなるかも

出典:YouTube

\ スポーツ選手や糖質制限する人も使いだした! /
栄養・カロリーがコントロールされた食事の宅配サービス【まごころケア食】

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • Sフェザー級のシャークル・スティーブンソンが2階級制覇へ快進撃
  • メイ自身から「ネクストメイウェザー」と呼ばれた実力。15連勝中
  • 強烈パンチャーではなくポイントで勝つ技巧派。今年2階級制覇なるか

最近とみに米国でシャークル・スティーブンソン選手が話題に上っているのは、12月の圧勝とともに今月6日、米新興ネットスポーツメディアが独自の「パウンドフォーパウンド」を発表したこともあるようです。

その「チャンプサイド・PFPランキング」によると、トップ10は以下の通りです。

1位 エロール・スペンスJr
2位 ジャーメル・チャーロ
3位 テレンス・クロフォード
4位 マニー・パッキャオ
5位 テオフィモ・ロペス
6位 ガーボンタ・デービス
7位 ジョシュ・テイラー
8位 シャークル・スティーブンソン
9位 ジャーモル・チャーロ
10位 カレブ・プラント

23歳のスティーブンソン選手が8位にランクイン。本人も早速「これをスクリーンショットしといて、今から3〜4年後に見せてくれ(笑)」と不敵にコメントしていました。ちなみに現在「ザ・リング」のSフェザー級PFPでは6位。3年後、スティーブンソン選手がどんなタイトルを取ってPFPでどの位置にいるのか、興味深く見ていきたいですね。

これパッキャオ除いて全員米国人。カネロも尚弥もいないしどういう評価基準なのかね…?

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.