ボクシング

カスターノの戦績・強さは?評価まとめ「疲れ知らないマシン!」

7月17日に行われるボクシングの4団体王座統一戦「世界スーパーウェルター級4冠タイトルマッチ ジャーメル・チャーロ vs ブライアン・カスターノ

世界的な大注目の1戦ですが、3冠王者「チャーロ弟」と闘うカスターノ選手とはどんなボクサーなのか?今回は、日本のファンにはあまり馴染みのないカスターノ選手の戦績や強さをまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

カスターノは詳しいファンの間では「隠れた実力者」「かなり強い」と言われてるそうだぞ!

【PR】5,6月のWOWOWスポーツ!2か月縛りなので今がチャンス!/

>>WOWOWの1ヶ月無料(2カ月縛り)に登録する!<<

ブライアン・カルロス・カスターノの戦績

スーパウェルター級でWBC、WBAスーパー、IBFの3つのベルトを巻くジャーメル・チャーロ王者と、現在WBO同級王者のブライアン・カルロス・カスターノ選手。

「双子のチャーロ王者兄弟」としてボクシング界で有名なジャーメル選手に対し、日本ではちょっとマイナーなカスターノ選手。どんな強さの王者なのか、まずは戦績一覧をどうぞ。

日付結果記録対戦相手typeラウンド、時間備考
192021-07-17ジャーメル・チャーロ該当なし–(12)WBOライトミドル級タイトルマッチ
以下のためのWBA(スーパー)、WBC、IBF、およびリングライトミドル級タイトル
182021-02-13勝利17–0–1パトリック・テイシェイラUD12WBOライトミドル級タイトル
172019-11-02勝利16–0–1ウェールオモトソRTD5(10)、3:00空位のWBOインターコンチネンタルライトミドル級タイトルを獲得
162019-03-02勝利15–0–1エリスランディ・ララSD12WBA(レギュラー)ライトミドル級タイトル防衛戦
152018-03-10勝利15–0セドリックヴィトゥTKO12(12)、2:27WBA(レギュラー)ライトミドル級タイトル防衛戦
142017-07-01 勝利14–0ミシェル・ソロSD12WBA暫定ライトミドル級タイトル防衛戦
132016-11-26勝利13–0エマニュエル・デ・ヘススKO6(12)、2:23WBA暫定 ライトミドル級タイトルマッチ
122016-07-12 勝利12–0マーカス・アップショーTKO5(10)、2:03
112015-12-18 勝利11–0アーロン・ガルシアUD8
102015-08-29 勝利10–0ジョナサンバティスタDQ5(6)、1:15バティスタは低打撃で失格
92015-07-26勝利9–0トッドマヌエルTKO1(6)、2:53
82015-04-04 勝利8–0CríspuloJavierAndinoTKO2(10)
72014-06-06勝利7–0セザールサストレシルバTKO4(8)
62014-04-12勝利6–0フアン・クエラTKO2(6)、2:40
52013-10-12 勝利5–0クラウディネイ・ラセルダTKO5(8)、2:46
42013-05-25 勝利4–0セザールベレスTKO2(10)、2:27
32013-01-26 勝利3–0パブロ・ロルダンUD6
22012-10-20 勝利2–0ホセカルロスパスTKO5(6)、1:40
12012-09-22 勝利1–0アレハンドロアントニオドミンゲスTKO4(6)、2:59

カスターノのプロフィール

アマキャリアが長いため、20歳をすぎてのプロデビューとなったカスターノ選手。そのため戦績も次戦が18戦目とあまり多くありませんが、「無敗の王者」というかなりの強さのようです。

そのプロフィールは以下の通りです。

本名ブライアン・カルロス・カスターノ
通称Ray Sugar
El Boxi
出身ブエノスアイレス州 イシドロ・カサノバ
国籍アルゼンチン
誕生日・年齢1989年9月12日生まれ
身長171cm
リーチ171cm
アマ戦績15戦11勝4敗
プロ戦績18戦17勝(12KO)0敗1分
デビュー2012年9月12日
経験階級スーパーウェルター級
利き手
タイプオーソドックス
KO率70.5%
入場曲
その他・アマの時に、無敗だった
セルゲイ・デレビャンチェンコを倒したことで有名
・ロンドン五輪予選は準々決勝敗退
ロンドン五輪は予選で準々決勝敗退かあ。

カスターノの強さ

戦績やプロフィールでご紹介したとおり、カスターノ選手はオーソドックスタイプで、トップアマ選手でもあったことからテクニックは定評があるアルゼンチンの実力派ボクサー

その強さはこれまで相当な強豪相手に「敵地でも負けなし」を続けていることからも分かります。

・17年、Sウェルター級で強豪のミシェル・ソロと接戦の末に僅差判定勝ち。運動量と手数で上回り敵地フランスで勝利

・19年のアメリカデビュー戦で、現WBA正規王者ララとの激闘の末のドロー。これが戦績唯一の引き分け

・19年、かつてゴロフキンと拳を交えたスティーブンスをKOした、強豪オモトソ負傷させてKO。

・21年、WBO王者テシェイラを開始直後からボディと顔面へのコンビネーションで圧倒。またも敵地米国で大差判定勝ちし王者に。

スタミナ満点、インファイトが得意な「激闘型」のハードパンチャーだな!

【PR】5,6月のWOWOWスポーツ!2か月縛りなので今がチャンス!/

>>WOWOWの1ヶ月無料(2カ月縛り)に登録する!<<

カスターノのP4P

スーパウェルター級WBO王者カスターノ選手の強さを、最新のP4Pからチェックしてみましょう。

・ザ・リング … スーパウェルター級 3位

・ESPN … スーパウェルター級 5位

・WBN TOP50 … 50位

今は低ランクだけど次戦に勝利して統一王者になれば一気にP4P上位に行きそう!次回の各誌更新が注目ね

カスターノの主な試合(公式動画)

カスターノ選手の世界戦公式動画は以下の通りです。

↓カスターノvsテシェイラ戦

↓カスターノvsオモトソ戦

カスターノの海外の反応・評価

みんなの反応

カスターノ。最も評価されておらず、最も危険な...ブルドッグ!

ネットの感想

ヒットをいくら繰り出しても疲れないマシンだな

みんなの反応

アルゼンチンのボクサーのこんな戦いを見るのはなんと誇りなんだ!

ネットの感想

このアルゼンチン人はハートとテクとパンチがある。彼はチャーロを脅かすだろう

みんなの反応

バモス!ブライアン、今全てのベルトを!

出典:YouTube

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 7月のSウェルター級4団体王座統一戦に臨むカスターノ王者とは?
  • アルゼンチンの強豪で元ロンドン五輪代表。タフなインファイター
  • 戦績は17戦で無敗。唯一引き分けララ、テシェイラ戦など激闘多く

チャーロ弟・ジャーメル選手はトップP4Pランカーで、アメリカでも高い人気の実力王者ですが、こと次戦の4団体統一戦は「過去最大の難敵・キャリアのヤマ場」ともいわれています。

動画でご紹介したとおり、カスターノ選手は12R衰えを知らない回転力あるインファイター。相手は疲弊して根負けするパターンが多いようです。

「猪突猛進一辺倒」かと思いきや、そこは元五輪代表。フットワークも意外と冴えています。アウトでカウンターパンチャーのジャーメル選手にとっては、あまり得意なタイプではなく確かに攻略が難しい相手と言えそう。さてどんな試合になるでしょうか。

早く試合会場と時間、日本の放送メディアが決まってほしいわね!

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.