ボクシング

アンカハスの戦績と強さ!負けた試合や動画も

プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで、王者・井岡一翔選手が挑戦者ロドリゲスJr選手を接戦で下し、三度目の防衛を果たしました。

次戦相手として井岡王者が照準を絞るのがIBF同級王者のヘルウィン・アンカハス選手です。井岡王者との2団体統一戦が期待されるアンカハス選手の戦績や強さは?試合動画とともにシェアしましょう。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

32歳の井岡選手、「時間が少ない」と統一戦を世界に猛アピール!朗報を期待したいね

ヘルウィン・アンカハスの戦績

16年にIBF王座を獲得して以来、これまで9度の防衛を続けているヘルウィン・アンカハス王者。33勝(22KO)1敗2分けの戦績を以下に一覧でご紹介しましょう。

結果対戦相手結果ラウンド、時間備考
36勝利ジョナタン・ハビエル・ロドリゲスUD122021-04-10 IBFバンタム級タイトル防衛戦
35勝利ミゲル・ゴンザレスTKO6(12)、1:532019-12-07 IBFバンタム級タイトル防衛戦
34勝利船井龍一RTD6(12)、3:002019-05-04 IBFバンタム級タイトル防衛戦
33引き分けアレハンドロ・サンティアゴSD122018-09-29 IBFバンタム級タイトル防衛戦
32勝利ジョナス・サルタンUD122018-05-26 IBFバンタム級タイトル防衛戦
31勝利イスラエルゴンサレスTKO10(12)、1:502018-02-03IBFバンタム級タイトル防衛戦
30勝利ジェイミー・コンランTKO6(12)、0:522017-11-18 IBFバンタム級タイトル防衛戦
29勝利帝里木下TKO7(12)、1:532017-07-02IBFバンタム級タイトル防衛戦
28勝利ホセ・アルフレド・ロドリゲスRTD7(12)、3:002017-01-29 IBFバンタム級タイトル防衛戦
27勝利マックジョーアロヨUD122016-09-03IBFバンタム級タイトルマッチ
26勝利ポール・アポリナリオKO1(10)、0:352015-11-13
25勝利フアン・プリシマKO9(10)、1:572015-05-30
24勝利ファディリ・マジハKO3(8)、1:482014-11-23
23勝利Rachmat SantosoTKO1(10)、2:552014-08-23
22勝利Petchwanchai Sor VisetkitKO1(12)、2:162014-05-03IBF太平洋バンタム級タイトルマッチ
21勝利Inthanon SithchamuangKO2(8)、1:302014-02-22
20勝利ライアン・ボンカウィルKO2(10)、1:582013-12-14
19勝利アルマンドカサTKO4(8)、0; 592013-08-30 フィリピンルソンプロボクシング協会バンタム級タイトルマッチ
18勝利ランロング徐TKO4(6)2012-12-21
17勝利ミゲルタマヨTKO10(10)、2:462012-09-21
16勝利ジョンポールバウティスタRTD3(10)、3:002012-08-12
15敗北マーク・アンソニー・ジェラルドMD102012-03-17 失われたWBOアジア太平洋ユースジュニア-バンタム級タイトル
14勝利Rodel QuilatonUD122011-11-23
13勝利項晶UD102011-08-27
12勝利ジェイソン・エゲラTKO8(10)、2:382011-08-06
11勝利レックスティトUD102011-04-16ウォンWBOアジア太平洋ユースジュニアバンタム級タイトル
10勝利ピットアナカヤUD102011-02-19
9勝利メナードザラゴサUD102010-12-22
8勝利ジュリアス・アコプラTKO3(8)、1:082010-11-20
7勝利レオデギアUD82010-09-26
6勝利レドニーケソンTKO6(6)、0:272010-08-07
5勝利レオデギアUD62010-06-26
4引き分けアーヴィン・ヤモTD62010-05-15
3勝利ジミー・ペイパMD42009-09-25
2勝利Sherwin McDo LungayTKO1(4)、1:022009-09-03
1勝利レイナルド・ブルアンTKO1(4)、0:482009-07-27

アンカハスのプロフィール

フィリピンが誇る世界王者の一人でもある、若き実力者アンカハス選手。プロフィールも一覧にまとめました。

本名ヘルウィン・ジャンティーラ・アンカハス
通称Pretty Boy
(プリティ・ボーイ)
出身北ダバオ州パナボ
国籍フィリピン
誕生日・年齢1992年1月1日生まれ
身長168cm
リーチ169cm
アマ戦績109戦 93勝 16敗
プロ戦績36戦 33勝 (22KO) 1敗2分
デビュー2009-07-27
経験階級スーパーフライ級
フライ級
利き手
タイプサウスポー
KO率67%
入場曲
その他妻子あり
井上尚弥から逃げたと言われる
サウスポーでスタイルも似ているし、母国では「英雄パッキャオの後継者」とも言われてるんだって

アンカハスの強さ

戦績をご紹介したアンカハス選手は身長168cm、リーチ169cmとこのクラスでは長身で大柄。身体能力を生かした踏み込みの鋭さや、左ストレートの貫通力が大きな武器です。

16年、当時のIBF王者アローヨ選手に初めて世界挑戦。王者を運動量で圧倒し、ダウンを奪うなど3-0の完勝判定勝利で見事世界タイトルを獲得しました。

その後は破竹の連続防衛。ロドリゲス選手7R棄権、帝里木下選手に7回TKO勝ち、コンラン選手に6回TKO勝ちなど鮮やかなボクシングで勝利を重ね、今年4月のロドリゲス戦勝利まで、引き分けを挟んで20連勝という強さを見せています。

特徴は、速い踏み込みでワンツーを上下に散らしてくるファイトスタイル。特にステップインは全盛期のパッキャオ選手を彷彿させるスピードと運動量で、まさに「パッキャオ2世」といえそうです。

↓今年4月のアンカハスvsロドリゲス戦

アンカハスのP4P

アンカハス選手の最新パウンドフォーパウンドは以下の通りです。

■ザ・リング … スーパーフライ級4位

■ESPN … スーパーフライ級5位 

■World Boxing News TOP50 … 46位

ちなみに井岡一翔はリング誌全体PFPで10位、WBNでも13位と、Sフライ級でもトップクラスの強さだよな!

↓アンカハス・ハイライト

アンカハスの負けた試合は?

「パッキャオ2世」の強さと称されるフィリピン屈指の現役世界王者、アンカハス選手ですが、戦績では過去一試合だけ敗れています。どんな試合だったのでしょうか。

これはプロになって2年余りとまだキャリアの浅い2012年、同郷のヘラルド選手から喫したものです。アンカハス選手はWBOアジア太平洋ユース王者として臨んだ試合でしたが、結果は僅差判定負け。

ヘラルド選手は元WBCバンタム級王者ウーバーリ選手や同暫定王者の井上拓真選手とも戦ったことのある実力者で、わずかに及ばず。しかしこの敗戦を糧に経験を積み、その後は世界王者に上り詰め負けなしの戦績を続けています。

アンカハスの海外の評価最新

みんなの反応

アンカハスのボディワークは芸術的だ

ネットの感想

早くバンタム級に移ってモンスター井上に挑戦すべきだと思う

みんなの反応

フィリピンのファンは次のビッグKOを期待している!

ネットの感想

パックマンに触発されているアンカハス!そのまま同じ道を進め

みんなの反応

真のファイターの心を持っているのは、やっぱフィリピン人とメキシコ人だけだな

出典:YouTube

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • V3のWBO・Sフライ級王者井岡一翔が狙う次戦はアンカハス統一戦
  • アンカハスはフィリピンの強豪王者で戦績33勝、負けは1試合のみ
  • 「パッキャオ2世」の呼び声もある鋭い踏み込みの長身サウスポー

スーパーフライ戦線では、「階級最強」でWBA・WBC2冠王者のエストラーダ選手が、再びローマン・ゴンザレス選手と戦う方向だとされています。さらにその勝者も、現在空位のWBC正規王者との統一戦が既定路線だと報じられています。

井岡選手が希望するエストラーダ戦はかなり先になりそうな雲行きのため、陣営としては残る1つのベルト・アンカハス選手のIBFを狙うしか選択肢がないのが実情。

果たして井岡陣営がベストと考える「今年年末、日本での井岡vsアンカハス統一戦開催」が実現するのか、今後のプロモートが注目されます。

アンカハスは世界中で試合場所を選ばない「ジャーニーマン」。日本もOKだろうけど、あとは井岡戦にどれだけモチベーションがあるかだな…

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.