ボクシング

ジェシー・ロドリゲスの戦績と強さ!中谷以上?Bamの由来は?

ボクシングのWBC世界スーパーフライ級王者ジェシー・ロドリゲス選手が、25日、元同級王者で現2位のベテラン、シーサケット・ソールンビサイ選手(タイ)に8回TKO勝ちし、初防衛に成功しました。

22歳と「世界最年少王者」ながら、実力の高さを証明したジェシー・ロドリゲス王者。その戦績と強さやプロフィール、動画などをまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

フルネームはジェシー・ジェームズ・ロドリゲス・フランコ。WBAの同級王者ジョシュア・フランコ選手の弟。「フランコ」がファミリーネームなんだね

ジェシー・ロドリゲスの戦績

ジェシー・ロドリゲス選手は今年2月、病気欠場したシーサケット選手の代役として急きょ同級王座決定戦に臨み、元世界王者クアドラス選手(メキシコ)に判定勝ちしてスーパーフライ級王者に輝いた〝シンデレラボーイ〟。

故郷の米サンアントニオに凱旋して、「仕切り直し」で強豪シーサケット選手を迎え撃ちましたが、序盤から手数とスピードで勝り、ワンツーやショートフックでしばしば相手を棒立ちに。7回には左フックでスリップ気味のダウンを奪い、8回にはロープへ詰めて20連打の猛攻を見せ、レフェリーストップとなりました。

見事な勝利で世界に名を轟かせたロドリゲス選手。その戦績や強さなどを順次見ていきましょう。

前評判通りの素晴らしい試合だったジェシーさん!さすがのシーサケットさんも衰えがあるのかな…?

https://twitter.com/DAZNBoxing/status/1540900007427145728

プロフィール

ジェシー・ロドリゲス選手のプロフィールは以下の通りです。

本名ジェシー・ジェームス・ロドリゲス・フランコ 
通称Bam
出身テキサス州サンアントニオ
国籍アメリカ
誕生日・年齢2000年1月20日生まれ
身長164cm
リーチ170cm
アマ戦績21戦19勝(3KO) 2敗
プロ戦績16戦16勝(11KO) 0敗
デビュー2017-03-10
経験階級スーパーフライ級
フライ級
利き手
タイプサウスポー
KO率68.75%
入場曲
その他
ところでこのプロフィールの中で「これ何?気になる!」とファンの声が多い部分が一つあります。リング通称の「Bam」です。

ボクサーは強さをアピールするため「精密機械」「モンスター」「アサシン(暗殺者)」など〝相手が怖がりそう〟なニックネームをつける選手が多いのですが、ロドリゲス選手の「Bam」とはどういう意味なのでしょう。

Weblio英和辞典で「bam」を検索すると日本語訳が「並み以下の精神力」「悪条件などに閉口したときに発する言葉・くそっ!やめろ!など」と、どうもしっくりしません。しかしあるファンのツイートを見つけ、意味が氷解しました。

故郷サンアントニオの地元紙がソースで、記事によると「彼は単にバムと呼ばれる。これは、生まれたときに父親が名付けたニックネームであるバンビーノの略だ」とのこと。

bambino」はイタリア語が語源で「赤ちゃん、坊や」といった意味。恐らく幼い頃両親から呼ばれていた「坊(bam)」というあだ名をそのままリング通称にしたと思われます。

そういや、ロマゴンさんの「チョコラティート」も「怖い」っていうより食べたくなっちゃうww

戦績

ジェシー・ロドリゲス選手の戦績は16勝(11KO)、いまだ無敗です。一覧は以下の通りです。

No,日にち結果記録相手タイプラウンド、時間備考
162022-06-25 勝利16–0Srisaket Sor RungvisaiTKO8(12)1:50防衛戦WBCスーパーフライ級タイトル
152022-02-05 勝利15–0カルロス・クアドラスUD12WBCスーパーフライ級タイトルを獲得
142021-10-16 勝利14–0ホセ・アレハンドロ・ブルゴスKO4(10)、 1: 23
132020-12-12 勝利13–0サウル・フアレスKO2(8)、 2: 05
122020-09-05勝利12–0ジャニエル・リベラKO1(8)、 2: 03
112020-02-29 勝利11–0マルコ・サステイタTKO8(10)、 1: 10
102019-07-27 勝利10–0セサールガルシアトリホスTKO3(10)、 2: 23
92019-03-16 勝利9–0ラウフ・アガエフTKO3(10)、 2: 50
82018-12-01勝利8–0Josue MoralesUD6
72018-09-30 勝利7–0エドウィンレイエスUD8
62018-05-05 勝利6–0アルマンド・バスケスKO3(6)、 2: 18
52018-03-09勝利5–0サンティアゴサンチェスバヤルドTKO1(4)、1:33
42017-11-17 勝利4–0ホルヘ・モスケイラKO2(4)、 1: 22
32017-06-10 勝利3–0ロバート・レデスマUD4
22017-04-28勝利2–0Erick Jovani NegreteTKO1(4)、 1: 39
12017-03-10 勝利1–0マウリシオクルスUD4

動画まとめ

以下にジェシー・ロドリゲス選手の試合公式動画をまとめてみました。

・21年のブルゴス戦(4RKO)

・今年2月のクアドラス戦(UD判定)

・25日のシーサケット戦(8RKO)

強さ・スタイル

戦績と強さを動画も交えてご紹介した若きジェシー・ロドリゲス王者。25日のテキサスでの試合は、会場で将来のライバルと目される中谷潤人選手(現WBOフライ級王者)が直に観戦し、その感想をスポニチの取材で語っています。中谷王者が見たロドリゲス選手はどんな強さだったのでしょうか。

「凄くうまいボクシングで翻弄したっていう感じです。目立ったのはうまさ。アングルを変えて攻めていくというので、ルンビサイもけっこうタフな選手ですけど、ああやってパンチをまとめてストップに持っていくのはさすがだなって」

「(戦前の予想では)勝つとは思っていましたが、しっかりノックアウトに持っていくというところはさすがだなと」

いろんなアングルで来るので、自分の距離を保ちながら見える状況でやるか、近い距離でしっかり反応できるディフェンスを積むかといったところは、イメージしながら見ていました」

ロドリゲス選手はアマでは全米ジュニア選手権で何度も優勝するなど、非常に技術力は定評あるボクサー。色々な角度から回転速いパンチを打ちわけ防御をかいくぐる巧みさがあり、KO率も高いことからパワーも兼ね備えているといえそうです。

同じサウスポーだけど二人同士のスパー経験はないそう。でも中谷王者は「(勝つ自信は)ある」と余裕の一言

ジェシー・ロドリゲスの今後

前述のスポニチ取材に対しては、試合後にジェシー・ロドリゲス選手もコメントしています。

「(ルンビサイは)これまで対戦した中で最高の強打者だった。(事前には周りから)もともとのウエートに戻るべきだとも言われたから(Sフライ級の)レジェンドにも勝ってきたタフな選手に勝ち、そういった周囲の声が間違っていたと証明できてうれしい

初防衛を喜びながらも、どうやら「Sフライ級はお前の適正階級ではない」と周囲からは指摘されているようです。ロドリゲス選手はこれまでのキャリアでライトフライ~フライ~Sフライ級を行き来していますが、中心だったのはフライ級

本人も、次戦については「フライ級に下げてタイトルを狙うのが今の計画」と再び転級する考えを示しています。リングサイドで見守った中谷王者は次戦ではSフライ級に上げる考え。ロドリゲス選手も「彼は長身のサウスポー。特別な試合になるだろう」と中谷戦に興味を示しつつ、二人の方針通りだと「すれ違い」になる恐れもありそうです。

Sフライにはお兄ちゃんがいるからね。ジェシーさんも「ロマゴン、エストラーダは兄が対処してくれるだろう」って、この階級は兄王者に託す意向のようね

ジェシー・ロドリゲス世界の評価まとめ

君は宝石だ!! 反射神経、脚、腰、良いパンチ、良い防御、全てを持っているボーイ
リングで時間を無駄にしなかったマイク・タイソンを思い出す。このようなボクサーは正確で、パワーがあり、素晴らしい角度を持っているので見るのがとても楽しいよね
たった22歳で、非常に強力でベテランの対戦相手に対して、このように動けるボクサーは見たことがない!
うわー、この階級にも別のモンスターが生まれたな。次戦が待ちきれないよ!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=TPidwY7gRQo

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • ジェシー・ロドリゲスがシーサケットに8RKO圧勝。超新星が強さ証明
  • 戦績16戦無敗、11KOに。観戦した中谷は「角度多彩でKOできるのが凄い」
  • ただ本人は次戦フライ級に戻る意向。「vs中谷」実現するかは微妙に…

たった1秒、一生輝くchocoZAP

\仕事合間に筋トレしたい男性も入会しています/

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.