※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

格闘技

ジョン・ドッドソンの戦績・強さ!アラフォーなのに「素手拳闘」に参戦し3連勝!

 

◆ 超RIZIN.3◆
2024年7月28日 (日)
朝倉未来 VS 平本蓮戦

開催場所:さいたまスーパーアリーナ

野球・サッカー・ボクシングなど
今までにないスポーツの観戦が楽しめる‼
╲登録後もお得なプロモーションがいっぱい!/

スポーツベットのbeebet

BeeBetに登録する

※BeeBetの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジさん"の BeeBet登録方法 や 入金方法 などを参考にして下さい。

 


今年も早いものであと二か月足らず。毎年恒例、12月31日大晦日の総合格闘技(MMA)イベント『RIZIN.45』 in さいたまスーパーアリーナの開催がこのほど発表されました。

注目される試合の一つが、日米の「アラフォーベテラン対決」、扇久保博正vsジョン・ドッドソン戦です。今回は〝日本MMAの漢・おぎちゃん〟と激突するジョン・ドッドソンとはどんなファイターなのか、その戦績や強さをご紹介しましょう。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

英語の現地読みでは「ダドソン」(「ダ」にアクセント)がナチュラルかもしれないねw

ドッドソンの戦績

すっかり毎年恒例になった大晦日RIZIN。今年の目玉試合の一つが、三連敗中と背水の陣になる扇久保博正選手の対戦です。相手は米国のベテラン、ジョン・ドッドソン選手。

ドッドソン選手とは一体どんな戦績や強さの持ち主なのか、以下に詳しく見ていきましょう。

ドッドソンさん、去年から素手のベアナックルボクシングに参戦して、3戦とも1RKO勝利!あれって凄く危険なんでしょ?この歳でちょっと信じられない…w

https://twitter.com/RIZIN_45/status/1719408624957837395

プロフィール

ジョン・ドッドソン選手のプロフィールは以下の通りです。

項目 情報
本名 ジョナサン・トーマス・ドッドソン3世(Jonathan Thomas Dodson III)
出身 米ニューメキシコ州
誕生日・年齢 1984年9月26日(39歳)
身長 160cm
リーチ 168cm
プロMMA戦績 24勝(11KO、1本勝ち2)13敗
デビュー 2004年
経験階級 フライ、バンタム級
バックボーン レスリング
リング通称 ザ・マジシャン
テーマ曲 Children of the Night(Kids Next Door)

戦績

ジョン・ドッドソン選手のMMA戦績は24勝(11KO、1本勝ち2)13敗です。一覧は以下の通り。

勝敗 対戦相手 ラウンド・内容 大会名 日付
竿本樹生 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.42 2023年5月6日
所英男 1R 1:43 TKO(左ストレート→パウンド) RIZIN.40 2022年12月31日
フランシスコ・リベラ 5分3R終了 判定3-0 XMMA 4: Black Magic 2022年4月2日
× コーディ・ギブソン 5分3R終了 判定0-3 XMMA 3: Vice City 2021年10月23日
× メラブ・ドバリシビリ 5分3R終了 判定0-3 UFC 252: Miocic vs. Cormier 3 2020年8月15日
ナサニエル・ウッド 3R 0:16 TKO(左フック→パウンド) UFC Fight Night: Anderson vs. Błachowicz 2 2020年2月15日
× ピョートル・ヤン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Błachowicz vs. Santos 2019年2月23日
× ジミー・リベラ 5分3R終了 判定0-3 UFC 228: Woodley vs. Till 2018年9月8日
ペドロ・ムニョス 5分3R終了 判定2-1 UFC 222: Cyborg vs. Kunitskaya 2018年3月3日
× マルロン・モラエス 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Poirier vs. Pettis 2017年11月11日
エディ・ワインランド 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Swanson vs. Lobov 2017年4月22日
× ジョン・リネカー 5分5R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Lineker vs. Dodson 2016年10月1日
マニー・ガンブリャン 1R 0:47 TKO(スタンドパンチ連打) UFC on FOX 19: Teixeira vs. Evans 2016年4月16日
× デメトリアス・ジョンソン 5分5R終了 判定0-3 UFC 191: Johnson vs. Dodson 2 2015年9月5日
ザック・マコウスキー 5分3R終了 判定3-0 UFC 187: Johnson vs. Cormier 2015年5月23日
ジョン・モラガ 2R終了時 TKO(ドクターストップ) UFC Fight Night: Henderson vs. Khabilov 2014年6月7日
ダレル・モンタギュー 1R 4:13 KO(左フック) UFC 166: Velasquez vs. dos Santos 3 2013年10月19日
× デメトリアス・ジョンソン 5分5R終了 判定0-3 UFC on FOX 6: Johnson vs. Dodson 2013年1月26日
ジュシー・フォルミーガ 2R 4:35 TKO(左フック→パウンド) UFC on FX 5: Browne vs. Bigfoot 2012年10月5日
ティム・エリオット 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 3: Diaz vs. Miller 2012年5月5日
TJ・ディラショー 1R 1:54 TKO(左フック→パウンド) The Ultimate Fighter 14 Finale 2011年12月3日
ジョン・モラガ 5分3R終了 判定3-0 Nemesis Fighting: MMA Global Invasion 2010年12月11日
ジェシー・リグルマン 5分3R終了 判定3-0 UWC 8: Judgment Day 2010年5月22日
× パット・ルネズ 5分5R終了 判定1-2 UWC 7: Redemption 2009年10月3日
ホセ・ルーハン 1R 0:52 TKO(パンチ) Duke City MMA Series 2 2009年7月25日
ホセ・ヴィラリスコ 5分3R終了 判定3-0 Ultimate Warrior Challenge 5 2009年2月21日
× マイク・イーストン 5分3R終了 判定1-2 Ultimate Warrior Challenge 4 2008年10月11日
ヴァーン・バカ 2R 1:06 TKO(パンチ) Battlequest 8 2008年4月11日
ザック・ホワイト 1R 3:42 リアネイキドチョーク Last Man Standing 2 2007年12月15日
× ビル・ボーランド 5分3R終了 判定0-3 UCW 7: Anarchy 2007年4月7日
ジェイク・ロング 1R TKO(パンチ) Last Man Standing 1 2007年3月17日
クリント・ゴドフリー 5分2R終了 判定3-0 Ring of Fire 27: Collision Course 2006年12月9日
× ジョー・ドーアティ 5分3R終了 判定0-3 Ring of Fire 25: Overdrive 2006年7月29日
シャレド・モアランド 1R 2:55 TKO(パンチ) Rumble in the Rockies 2006年2月18日
ジョニー・ヴェラスケス 5分2R終了 判定2-1 KOTC: Socorro 2005年7月23日
× 漆谷康宏 5分2R終了 判定0-3 DEMOLITION 2004年11月14日
ザック・ホワイト 1R 3:23 リアネイキドチョーク Desert Extreme 2004年9月3日

ジョン・ドッドソンの強さ

ジョン・ドッドソン選手は、もともと学生時代はレスリング、アメリカンフットボール、陸上競技に励んでいたそうです。レスリングでは2度州王者に輝くほどの腕前だったとか。

高校卒業後、ニューメキシコ大学に通いながらMMAの練習を開始。2004年にプロMMAでデビュー。いきなり2戦目で、日本の漆谷康宏選手に判定負けしてプロ初黒星を喫しました。

キャリアのハイライトは世界最高峰のMMA団体UFCへの参戦です。2013年、UFC世界フライ級タイトルマッチで王者デメトリアス・ジョンソン選手に挑戦

試合前半にダウンを奪う健闘で、試合は0-3の判定負けだったもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞しました。

15年には再びジョンソン王者に挑戦しますが、またも敗戦。20年のドバリシビリ戦を最後にUFCを離れました。UFCでは最高バンタム級8位、フライ級1位まで上り詰める実力を見せました。

22年からはベアナックルボクシングに挑戦する一方、日本のRIZINに参戦、どちらもいまだ負けなしです。

RIZIN初戦の所英男戦では左ストレート一閃、パウンドで1R勝利だし、打撃に相当自信があるのかもなぁ

ではドッドソン選手の主な試合動画をご覧ください。

↓13年「vsデメトリアス・ジョンソン1」戦

↓22年「vsリベラ」戦

↓UFCのドッドソン紹介V

ジョン・ドッドソンの評価・反応まとめ

デメトリアス・ジョンソンから2度のダウンを奪った全盛期のジョン・ドッドソン。フライで戦い続けてたら絶対チャンピオンになってただろうな
レスリングもできるストライカーか
ジョン・ドッドソン、ゲームのUFC4で作ったキャラクターみたいな顔しとるな

出典:X

まとめ

要約しますと

  • 毎年恒例、今年も大晦日RIZIN開催!注目の1つが「扇久保博正vsジョン・ドッドソン」
  • アラフォーベテランのドッドソンはレスリング出身。UFCでDJに二度王座挑戦の実力者
  • 昨年から何とベアナックル戦に参入し3連勝の強者。RIZINでは所、竿本に連勝と好調

-格闘技

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.