格闘技

江幡塁とは戦績・強さは?那須川天心と盛り上がる試合になるか?

大晦日恒例となった格闘技イベント「RIZIN」。今年も地上波生放送を楽しみに待つファンも多いRIZINですが、出場を予定しながらなかなか対戦相手が決まらなかった那須川天心選手のカードがようやく発表されました。

その相手は、新日本ボクシング協会最強のファイターといわれる江幡塁選手です。江幡塁選手の戦績や強さとは?今や「キック界No1スター」ともいえる那須川天心選手との対戦予想はどうなのでしょうか。

江幡塁とは戦績・強さは?

例年は秋ごろから目玉対戦カードの話題が盛んになるRIZINですが、今年は12月初旬まで「白紙状態」。ファンがやきもきする中、ようやくこのほどメインの試合が発表されました。

その一つが「〝神童〟那須川天心vs江幡塁」。格闘技に詳しくない人にはあまり耳慣れない江幡選手ですが、どんな戦績や強さなのでしょうか。

江幡選手は茨城県生まれの28歳。双子の兄・睦選手もプロキックボクサーとして活躍しています。07年に兄弟同時にプロデビュー。

「打倒ムエタイ」を掲げ、35年以上の歴史を誇る新日本キックボクシング協会で、ムエタイの強豪選手らを次々撃破。KO率の高い攻撃力が持ち味で、現在はWKBA世界スーパーバンタム級王者のタイトルを持ちます。

戦績は45戦39勝(20KO)3敗3分けです。

↓今年8月の対小笠原戦

お兄さんもタイトルを取るなど強豪。兄弟の愛称は「江幡ツインズ」「ツインドラゴン」!

江幡塁vs那須川天心を予想してみた

既にプロで12年のキャリアを重ね、ムエタイの殿堂・タイのラジャダムナンスタジアムでも試合をするなど、45戦の豊富な戦績を持つ江幡塁選手。キック界では「老舗」である新日本協会を代表して、今回RIZINに参戦したとのことです。

では、プロでいまだ無敗を続ける那須川天心選手の強さとの比較や、試合予想はどうなのでしょうか。那須川選手は千葉県出身のまだ21歳。14年のデビュー戦以来、33戦無敗(25KO)を続けている圧倒的強さのファイターです。

二人に共通する過去の対戦相手としては、志朗選手がいます。那須川選手は9月のRISE世界トーナメント決勝で志朗選手と戦い、3R判定勝ちを収めました。なおこのトーナメントで拳を骨折しています。

江幡選手は志朗選手と11年に初対戦し、やはり3R判定勝ち。12年に再戦したときには5Rを戦い引き分けとなっています。7年以上の間隔があるとはいえ、江幡選手もかなりの実力といえるでしょう。

ただ詳しいファンの間では、「天心vs江幡では天心優位との見方が多い様子。拳も完治し、那須川選手自身「パンチ力も上がって、回復力が良かった」とアピール。11月のエキシビションでも、仕上がった体とパワー・スピード・キレとも全開の動きを見せていました。

一方の江幡塁選手は、8月の前戦では強豪・小笠原選手と再戦。ダウンを奪う場面もありましたが、互いに流血する壮絶な3回フルラウンドで結局KOできず。那須川選手が調整万全で臨むとみられる大晦日は、年齢の差もあり江幡選手には厳しい展開も予想されそうです。

試合は3分3R・延長1R。これを聞いた天心選手「延長があると今知りました(苦笑)。延長までいらない」とKOに自身満々!

↓11月の那須川天心エキシビション試合

江幡塁vs那須川天心へのみんなの反応・予想

みんなの感想

これは何年か前から格オタに期待されていた試合。刮目せよ。俺は今回江幡くんを応援するぜ

ネットの反応

江幡塁選手の参戦は嬉しすぎるし、相手が那須川選手とはもーかなり興奮

みんなの感想

江幡塁は相当強いですよ。カウンターのセンスはピカイチ。仕留めるカウンターなので一発逆転する可能性も十分。注目して観戦して下さい

ネットの反応

江幡は確かに強い。しかしそれはキックという狭いジャンルの中での評価。天心は既にキック界を超えて格闘技界を牽引するレベルの「格」

みんなの感想

よくわからない外国人と戦うよりも強豪日本人との対戦のほうが楽しみ

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ココがポイント

  • 大晦日RIZINの那須川天心相手は江幡塁に決定
  • 新日本キック協会最強、ムエタイ戦も豊富な江幡
  • 天心もケガが完治し万全。天心優位の予想が大勢か

今年のRIZINは結果的に、米ベラトールの日本大会も併せMMAをメインに据えた試合構成となりました。その中でキックボクシングの試合は「天心vs江幡」「白鳥vs大雅」の2試合のみ。

大晦日にキックの試合を行うのは2年ぶりとなる那須川選手は、キック戦が少ないことに「悔しい部分もあるので(4人で)見返してやろうかな」と、一般視聴者にも存在感をアピールできるよう、〝見応えある〟戦いぶりを誓っていました。

天心戦ではムエタイの肘打ちなどは禁止。江幡選手は「キック界盛り上げに貢献できれば」と、馴染んできたルールの変更も受け入れたんだって

-格闘技

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.