格闘技

野杁正明の戦績と強さ!那須川天心も認めるそのスタイルとは

4月3日(日)、東京・国立代々木競技場で、立ち技格闘技「K-1」の「WORLD GP 2022 JAPAN~K'FESTA.5」が開催されます。

注目の1戦がウェルター級のスーパーファイト、K-1 WORLD GP同級王者・野杁正明選手と、Krush同級王者・加藤虎於奈選手の試合です。

K-1の二階級制覇王者でもある野杁正明選手の戦績や強さは?あの那須川天心選手も認める「キック界有数」の実力を、経歴などともにご紹介しましょう。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

難読字「野杁」は「のいり」と読みます。野と水門って意味で、愛知県に多い名字なんだって

野杁正明の戦績

K-1で現在、19年後半から8連勝中。昨年にはウェルター級王座決定トーナメントを制し2階級制覇を達成。K-1の年間MVPにも選ばれた今やK-1代表格ファイターの野杁正明選手。

まずはプロフィールや戦績を見ていきましょう。

プロフィール

野杁正明選手のプロフィールは以下の通りです。

本名野杁正明 
通称怪物
名古屋の怪童
新時代の怪物
出身愛知県名古屋市
誕生日・年齢1993年5月11日生まれ
身長175cm
リーチ?
プロ戦績56戦 46勝(22KO) 10敗 0分
デビュー
階級スーパーライト級→ウェルター級
利き手サウスポーでも戦える
入場曲ONE OK ROCK
『Wasted Nights』
SNSTwitter
instagram
タイトル第2代K-1 WORLD GPウェルター級王者
第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者
K-1 WORLD GP 2016 -65kg 日本代表決定トーナメント準優勝
第2代Krushウェルター級王者
Krush YOUTH GP 2011王者
K-1甲子園2009王者
NDC -66kg王者
Road to GLORY JAPAN -65㎏SLAM王者
WBCムエタイ日本スーパー・ライト級王者
2009全日本新空手K-2軽量級王者

戦績

野杁正明選手のプロキックボクシング戦績は、46勝(22KO)10敗です。一覧は以下の通りです。

開催年月日勝敗対戦相手試合結果大会名
2021-09-20 安保瑠輝也3R 2:51 KO(3ダウン:三日月蹴り)K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~
【K-1 WORLD GP 第2代ウェルター級王座決定トーナメント決勝】
2021-09-20 寧仁太・アリ1R 1:32 KO (左ボディフック)K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~
【K-1 WORLD GP 第2代ウェルター級王座決定トーナメント準決勝】
2021-09-20FUMIYA1R 1:20 KO (右フック)K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~
【K-1 WORLD GP 第2代ウェルター級王座決定トーナメント1回戦】
2021-03-28プライチュンポン・ソーシーソムポン3R終了 判定3-0K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 DAY2~
2020-11-03ヴィトー・トファネリ3R終了 判定3-0K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1九州初上陸~
2020-03-22 ダビド・メヒア3R終了 判定3-0K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~
2019-12-28 ハッサン・トイ3R終了 判定2-0K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~
2019-08-24 サミ・ラミリ2R 2:35 KOK-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~
2019-03-10 ×ジョーダン・ピケオー3R終了 判定0-2K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~
2018-12-08 松岡力1R 1:57 KO (ジャブ→右フック)K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~
2018-08-18 ヤン・ハオドン1R 2:58 KO (左ハイキック)Krush.92 ~in NAGOYA~
2018-06-17 ヴィンセント・フォシアーニ2R 2:46 KO (左ボディブロー)K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~
2018-03-21 大和哲也3R 2:57 KO (右ストレート→パンチ連打)K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~
2017-08-20 ディエゴ・フレイタス2R 2:14 KO (右ミドル)Krush.79 〜inNAGOYA〜
2017-06-18ゲーオ・ウィラサクレック3R+延長1R終了 判定2-1K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2017 JAPAN スーパーライト級 タイトルマッチ】
2017-02-25 ユネス・スマイリ3R終了 判定3-0K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ライト級王座決定トーナメント~
2016-11-19 エディ・ネイト・スリマニ3R 2:51 KO (膝蹴り)Nuit Des champions
【NDS 66kg タイトルマッチ】
2016-08-20 ワン・ポンフェイ1R 1:37 KO (三日月蹴り)Krush.68 〜inNAGOYA〜
2016-06-24 ×ゲーオ・ウィラサクレック3R終了 判定0-3K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg世界最強決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメント準決勝】
2016-06-24 マサロ・グランダー3R終了 判定3-0K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg世界最強決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメント1回戦】
2016-03-04×山崎秀晃3R終了 判定0-2K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント決勝戦】
2016-03-04 HIROYA3R終了 判定2-0K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント準決勝】
2016-03-04木村ミノル1R 2:54 KO(右ヒザ蹴り)K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント1回戦】
2015-11-21左右田泰臣3R終了 判定3-0K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~THE CHAMPIONSHIP~
2015-08-22山崎秀晃延長R終了 判定3-0Krush.57 ~in NAGOYA~
2015-04-19×マサロ・グランダー2R 0:40 TKO(ドクターストップ)K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~-55kg初代王座決定トーナメント~
2015-02-06 イリアス・ブライド3R終了 判定3-0Krush.51
2014-12-21 緒方惇1R 2:50 KO(右ストレート)Krush.48 in SENDAI
2014-02-16 ×大和哲也5R終了 判定3-0NJKF 2014 1st
【WBCムエタイインターナショナルスーパーライト級タイトルマッチ】
2013-09-01 久保優太3R終了 判定3-0Krush.32 ~in NAGOYA~
【TOKYO×NAGOYA・5対5マッチ 大将戦 Krush -67kg級タイトルマッチ】
2013-07-15高橋誠治3R 1:17 KO(右前蹴り)NJKF 2013 4th
【WBCムエタイ日本スーパーライト級王座決定戦】
2013-05-03×久保優太3R終了 判定134-146GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
【決勝】
2013-05-03モサブ・アムラーニ3R終了 判定144-141GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
【準決勝】
2013-05-03 リアム・ハリソン2R 1:06 TKO(左膝蹴りによるカット)GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
【準々決勝】
2013-03-10 裕樹2R 1:35 TKO(右ストレート)Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM
【決勝】
2013-03-10 小宮由紀博3R終了 判定2-0Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM
【準決勝】
2013-03-10 HIROYA3R終了 判定2-0Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM
【一回戦】
2013-01-14 西山誠人2R 1:56 KO(右ストレート)Krush Grand Prix 2013 ~-67kg級初代王座決定トーナメント~
2012-11-10イェトキン・オズクル3R終了 判定3-0Krush.24
2012-08-26牧平圭太3R終了 判定3-0Krush.22 ~in NAGOYA~
【NAGOYA×TOKYO・5対5マッチ 副将戦】
2012-05-20 ×ラズ・セルキシアン3R終了 判定0-3ホーストカップ ~Departure~
【ホースト選抜TEAM vs 日本選抜TEAM セミファイナル】
2012-03-17セドリック・ペイノー3R終了 判定3-0Krush.17
2011-12-31園田顕悟3R終了 判定3-0元気ですか!! 大晦日!! 2011
2011-12-09 卜部功也1R 2:58 KO(左飛び膝蹴り)Krush.14
【Krush YOUTH GP 2011 トーナメント決勝戦】
2011-12-09 HIROYA3R終了 判定3-0Krush.14
【Krush YOUTH GP 2011 トーナメント準決勝】
2011-10-10佐々木大蔵2R 1:42 KO(左ボディフック)Krush YOUTH GP 2011~-63kg Supernova Tournament~開幕戦
【Krush YOUTH GP 2011 トーナメント準々決勝】
2011-10-10 乱暴3R 1:28 TKO(右膝蹴り)Krush YOUTH GP 2011~-63kg Supernova Tournament~開幕戦
【Krush YOUTH GP 2011 トーナメント一回戦】
2011-06-25 ×久保優太3R終了 判定0-3K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【準決勝】
2011-06-25 梶原龍児延長R終了 判定2-1K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【1回戦】
2011-04-30×"狂拳"竹内裕二3R 1:51 KO(左フック)Krush初代王座決定トーナメント ~Triple Final Round~
【Krush-60kg初代王座決定トーナメント準決勝】
2010-12-12 青津潤平3R終了 判定2-0Krush初代王座決定トーナメント~Round.1~
【Krush-60kg初代王座決定トーナメント1回戦】
2010-09-20卜部弘嵩3R終了 判定2-0Krush.10
2010-06-12 白神喜弘3R 2:37 KO(左ボディストレート)Krush-EX 〜Next Generation Fight 2010 vol.2〜
2010-04-29 ソルデティグレ・ヨースケ2R 1:29 KO(右跳び膝蹴り)Krush.6
2010-03-14 浅瀬石真司3分3R終了 判定3-0NAGOYA KICK 〜CENTRAL RHYTHM〜

野杁正明の強さ

戦績をご紹介した野杁正明選手は、プロデビュー前から抜群な格闘技の才能で評判の強さでした。小学校では空手の主要大会で好成績を収め、中学に入るとK-1のトライアウトを受け「特別合格」を果たします。

さらに少年期から、K-1甲子園優勝をはじめ多くのタイトルを総なめにし“新時代の怪物”〝名古屋の怪童〟の異名が。プロとなりK-1でもスーパーライト級と昨年のウェルター級の2階級を制覇しました。

ファイトスタイル

このように野杁正明選手は、天性の圧倒的なテクニックと類まれなキックボクシングセンスの持ち主。ルーツである空手由来の多彩な蹴りと左ボディなど強烈なパンチも武器としています。

さらに階級を上げたことでフィジカルを鍛え、体も大きくなってパワフルさが増した様子。本人のインタビューによると、高校3年の夏休みに、オランダのキック界スター、アンディ・サワー氏のジムで練習。サワー氏本人ともスパーしたことで影響を受け、それまでは距離を取って蹴るタイプだったのが、前に出る攻撃的な型に変わったそうです。

「倒してナンボ」と公言するように、ファンの期待を背に常にKOを狙う姿勢も〝野杁スタイル〟といえそうです。

3兄弟の末っ子で泣き虫だった子供時代。いじめられているところをプロキック選手に助けてもらったのが、この道に入るきっかけだったとか。本人曰く「その頃の自分が今の姿を見たら驚くね」

那須川天心も認める

野杁正明選手の強さは、あの「キック界最強の神童」那須川天心選手も認めるほどです。

那須川選手が自信のYouTubeチャンネルで「那須川天心が選ぶキックボクサーBest3」を紹介した際、他団体のK-1から唯一野杁選手の名前を挙げました。

天心選手による野杁評は以下の通りです。

・目が良くて攻撃をもらわない。

・蹴りでもパンチでも倒せるオールラウンダー

・ガードを固めて至近距離で強い攻撃ができ勝てる選手は他にいない。

・技術があるからあの距離で戦える。

「僕が出てくる前に天才、怪物と呼ばれていた」と、神童も一目置く先輩みたいね!

将来性・今後は?

2階級王者としてK-1最強日本人の一人となった野杁正明選手の次戦は、同級の強豪加藤虎於奈選手。当初昨年のウェルター級トーナメント1回戦で対戦予定でしたが、コロナ対応で加藤選手が欠場したため今回改めて組まれました。

しかし野杁選手自身は「日本人とやる意味はもうない。今回で日本人対決は卒業。トーナメント以上に差を見せるのが今回のテーマ」と〝上目線〟できっぱり。

コロナ禍で外国人招請が難しい日本格闘技界ですが、野杁選手は「団体やベルトの価値を上げるためには強豪外国人選手たちともっとタイトル戦を行うことが大事」と、今後は世界を舞台に戦っていく意向を示しています。

確かに野杁、今やK-1では相手になる日本選手は少ない。他団体やタイのムエタイ、欧米のキック王者らとどんどん試合してほしいよな

野杁正明の最新評価まとめ

野杁正明は「格闘技は趣味」だからこそ強い

引用:https://twitter.com/4_cqo/status/1494495191067242519

さすが。井上尚弥にしても野杁正明にしても強い人はまず実直

引用:https://twitter.com/discupsammy456/status/1494490827816865793

武尊と野杁正明はその気になればもう1階級制覇できる。と思います

引用:https://twitter.com/s_yuusaku0612/status/1494326213309272068

日本人では野杁正明に勝てませんよ

引用:https://twitter.com/NEVERMI76473608/status/1494234019072212992

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 4・3、K-1「K'FESTA.5」で2階級王者野杁正明が加藤虎於奈と対戦
  • 8連勝中で実力成熟、22年MVPのの野杁。戦績は46勝(22KO)10敗
  • 少年期から怪物の異名であの天心も認める強さ。視線の先は世界に

-格闘技

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.