ボクシング

吉野修一郎の戦績・強さ【動画あり】アマチュアでどれくらい活躍したの?

アマチュア出身の遅咲き31歳ながら、激戦区ライト級で快進撃を続ける日本の有望プロボクサー、吉野修一郎選手が、いよいよ世界の舞台へ一歩を踏み出すようです。4月に、元2階級制覇王者の超強豪シャクール・スティーブンソン選手との対戦が報じられました。

この対決、どんな1戦になるのか、ファンの間で期待高まる吉野修一郎選手。その戦績や強さをあらためてシェア。アマ時代はどのくらい活躍したのかも、動画とともにまとめました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

入場曲ウルフルズの『ガッツだぜ!!』がトレードマークだな

吉野修一郎の戦績

大学卒業にいったんサラリーマンになり、1年のブランクがありながら、夢を諦めきれず15年にプロボクサーに転身した「遅れてきたチャンピオン」吉野修一郎選手。

今年、ついに悲願の世界戦が見えてきました。WBC世界ライト級王座の挑戦者決定戦として、4月8日、開催地は未定ながら、あのスティーブンソン選手と拳を交えると海外メディアが報じたのです。

スティーブンソンさんってリオ五輪銀、プロでは19戦無敗の元フェザー、Sフェザー王者。いよいよ三階級制覇へのチャレンジね

いきなり「ハードル高すぎ」、とんでもない強豪相手ですが、もし吉野選手がジャイアントキリングに成功すれば、5月に4団体統一戦に臨む「現統一世界王者ヘイニーvsロマチェンコ」の勝者との対戦が視野に入ります。

そんな日本期待の吉野修一郎選手、あらためてアマチュア時代を含めたこれまでの戦績や強さを、動画とともにご紹介していきましょう。

プロフィール

吉野修一郎選手のプロフィールは以下の通りです。

本名吉野修一郎
通称?
出身栃木県鹿沼市
国籍日本
誕生日・年齢1991年9月28日
身長175cm
リーチ173cm
アマ戦績124戦104勝20敗
プロ戦績16戦 16勝 (12KO)
デビュー2015年12月14日
経験階級ライト級
利き手
タイプファイター
KO率75%
入場曲ウルフルズ『ガッツだぜ!!』
参考リンクtwitter

アメブロ

戦績一覧

吉野修一郎選手の戦績は16勝(12KO)無敗です。一覧は以下の通りです。

日付対戦相手勝敗結果時間国籍備考・会場
162022年11月1日中谷正義(帝拳)勝利TKO6R 1:14日本WBOアジアパシフィック王座防衛3
152022年4月9日伊藤雅雪(横浜光)勝利負傷判定3-011R 2:06日本OPBF王座防衛2・WBOアジアパシフィック王座防衛2
142021年8月12日仲里周磨(ナカザト)勝利TKO6R 2:20日本日本王座防衛7
132020年9月3日細川バレンタイン(角海老宝石)勝利判定3-012R日本日本王座防衛6・OPBF王座防衛1・WBOアジアパシフィック王座防衛1
122020年2月13日富岡樹(REBOOT.IBA)勝利TKO8R 1:55日本日本王座防衛5
112019年10月10日ハルモニート・デラ・トーレ勝利TKO1R 2:10フィリピンOPBF・WBOアジアパシフィックライト級王座決定戦
102019年4月11日アクセル住吉(関門JAPAN)勝利TKO7R 2:12日本日本王座防衛4
92018年12月13日小林和優(RK蒲田)勝利TKO3R 1:37日本日本王座防衛3
82018年6月14日前田絃希(グリーンツダ)勝利KO9R 2:49日本日本王座防衛2
72018年2月8日斉藤正樹 (10COUNT)勝利TKO1R 2:36日本日本王座防衛1
62017年10月21日スパイシー松下(セレス)勝利TKO7R 1:23日本日本ライト級王座決定戦
52017年8月10日カティカー・サイトーンジム勝利TKO2R 0:30タイ
4
2017年4月13日加藤善孝(角海老宝石)勝利判定3-08R日本
32016年10月13日恩庄健太(渡嘉敷)勝利TKO3R 0:51日本
22016年2月11日チャイヨン・シットサイトーン勝利判定3-06Rタイ
12015年12月14日ペッジャー・シットパーセーン勝利TKO3R 2:40タイプロデビュー戦

吉野修一郎の強さとは?動画あり

プロではいまだ負け知らずという戦績の吉野修一郎選手。プロ6戦目で日本王座を獲得して以降、細川バレンタイン、元世界王者伊藤雅雪、中谷正義各選手という並み居る日本の強豪を打ち破り、順調に東洋・アジア王者の三冠まで上ってきました。

吉野選手はアマチュア時代もかなりの強さで知られた存在でした。地元栃木県の名門、作新学院高校に進むと、インターハイ・国体・選抜(2度)で優勝を果たして高校4冠を獲得する活躍。

東京農業大学に進学後も国体と国際大会で2度準優勝を果たす強さを誇りました。アマチュアボクシング戦績は124戦104勝20敗となっています。

プロでのハイライトは、やはり昨年11月のWBOアジアパシフィック・ライト級タイトルマッチでしょう。元東洋太平洋V11王者で海外強豪との対戦も多い中谷正義選手を、多彩な手数で畳みかけ6Rにダウンを奪いTKO勝利を収めました。

劣勢の下馬評を覆し「日本ライト級のラスボス」に圧勝。同級の日本人No1ボクサーとなり、吉野選手にとって世界の頂きがはっきり見えた瞬間でした。

海外メディアでは、吉野は「テオフィモロペスを苦しめロマチェンコと渡り合ったナカタニを、簡単にKOした男」と紹介されている!

そんな吉野選手の動画ですが、試合は公式なものが見つかりませんので、本人YouTubeチャンネルより「吉野ってどれだけ強い?シリーズ」をご紹介します。

吉野修一郎の評価まとめ

ライト級は険しい...。伊藤雅雪、中谷正義と世界レベルの選手との激闘を越えて、またしても難敵現る

引用:https://twitter.com/penguin200624/status/1614952390293356545

勝てる可能性は絶望的にゼロに近い。日本から世界へ壁が高すぎる挑戦

引用:https://twitter.com/NHFightClub/status/1614311841563566081

スゲェ世界デビューになったなあ。それもこれも、世界で活躍した伊藤や中谷に勝ったからなんだよね

引用:https://twitter.com/akakick/status/1613798406337724417

もう4月8日、さいたまスーパーアリーナで井上尚弥も寺地拳四朗も阿部麗也も吉野修一郎も、全部やっちまおうぜ!!

引用:https://twitter.com/y_box1107/status/1614960490127699970

まとめ

要約しますと

  • 4・8、吉野修一郎がライト級挑戦者決定戦でスティーブンソンと対戦報道
  • 高校4冠などトップアマ出身、遅咲き31歳の吉野。プロは16勝12KOで無敗
  • 日本・東洋・アジア3冠。伊藤雅雪、中谷正義ら実力者破り海外評価高まる

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2023 All Rights Reserved.