ボクシング

亀田和毅vsルイス・カスティージョの配信・放送予定は?予想と対戦相手スペックまとめ

ボクシングの元2階級制覇王者で「亀田3兄弟」の三男、亀田和毅選手が、2月25日に大阪市・ATCホールでルイス・カスティージョ選手(メキシコ)と56kg契約のノンタイトル10回戦を行います。

亀田和毅選手の次戦相手、カスティージョ選手とは?放送予定と勝敗予想、そして亀田選手の今後の構想を探ってみました。(出典:Wilipedia、各スポーツメディア)

56kgっていうと、スーパーバンタム級リミットより1kgくらい上だな

亀田和毅vsルイス・カスティージョの配信・放送予定

元WBO世界バンタム級王者、元WBCスーパーバンタム級暫定王者亀田和毅選手。現在はWBAのスーパーバンタム級2位という高いランクに位置しています。

昨年7月のノンタイトル戦以来の試合となる次戦は、2月のルイス・カスティージョ選手との10回戦に決まりました。1月中旬時点ではこの試合の放送・配信情報は出ていないようです。発表され次第追記します。

では次に、カスティージョ選手の戦績や試合予想を見ていきましょう。

中学以来メキシコ暮らしで奥さんもメキシコ人の和毅さん。今は日本を拠点にしてるそうだけど、スペイン語ペラペラなの凄いw

ルイス・カスティージョとは?戦績・強さ

放送や予想が気になる亀田和毅選手の次戦相手、ルイス・カスティージョ選手はメキシコ生まれの27歳。バンタム級を主戦場としています。戦績は30勝(20KO)4敗と、若さに比べて大変豊富です。

ちなみに亀田和毅の戦績も38勝(21KO)3敗とかなり多いよな。メキシカンって試合頻度が多いのかも?

Boxrecのデータによると、一度WBCインターナショナル王座に挑みながらも敗れており、主な地域タイトルはないようです。とはいえ現在WBAスーパーバンタム級13位に付ける世界ランカーであり、「ボクシング大国メキシコ」で鍛えた実力ファイターの一人ではあると思われます。

亀田選手いわく「聞いただけだが(カスティージョは)KO負けがない、タフなファイターということだ」と印象を語っています。

亀田和毅vsルイス・カスティージョの予想!

ということで、メキシカンボクサーらしく、タフで打たれ強い評価のルイス・カスティージョ選手。恐らく、亀田和毅選手のような元世界二階級制覇王者という強豪と試合で拳を交えるのは初めてではないかと思われます。

亀田兄弟最年少の印象が強い和毅選手も、はや31歳。しかし19年にレイ・バルガス選手との王座統一戦に惜敗して以降は3連勝中。しかも前戦では、ノンタイトルながらエンカルナシオン選手を三度もダウンさせる圧巻のKO勝利を収めています。

実力的には今非常に波に乗っており、今回の試合も世界戦をにらんでの「調整試合」という趣。コンディションに問題なければ、試合後半でのTKOか判定勝利で危なげなく終わらせたいところでしょう。

ライブの放送やネット配信をぜひ期待したいわね

勝利後の構想は?

このところ所属ジムの移籍が続くなど、環境的にはあまり落ち着かない様子にも見える亀田和毅選手。ただ再びの世界王座を目指すキャリアは順調です。

亀田一家運営のジムを離れ、自身がオーナーの新ジムを設立したばかり。次戦が新ジムとしての初戦になるわけだな

21年には、WBAスーパーバンタム級の王座挑戦者決定戦に勝利し、現スーパー王者でIBF王者も兼ねるアフマダリエフ選手への挑戦権を手にしています。

ターゲットであるアフマダリエフ王者は、近くタパレス選手とのIBF指名防衛戦を控えています。亀田選手としては、2月の次戦を挟みながら、夏以降に向けてアフマダリエフ王者との「二団体統一タイトルマッチ」へ照準を合わせているようです。

スーパーバンタム級といえば、先日井上尚弥選手が参入を正式発表したばかり。仮に和毅選手が新2団体王者となれば、来年にも「亀田和毅vs井上尚弥」という、日本人ファンにとってまさにサプライジングな「衝撃マッチ」の可能性も出てきます。

今後を占う意味でも、次戦での和毅選手の仕上がり具合が注目されそうです。

尚弥さんと以前戦い、尚弥さんが返上したバンタム王座を狙うモロニーさんをスパー相手に招請するなど、調整も着々みたいよね!

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 2・25、大阪で元2階級王者亀田和毅のノンタイトル10回戦。相手はカスティージョ
  • メキシカンの中堅で戦績34戦と豊富な世界ランカー。ただ和毅には「調整試合」感
  • 挑戦権ある2団体王者MJ戦睨み圧勝が必須。王座つかめば「vs井上尚弥戦」も現実味

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2023 All Rights Reserved.