格闘技

ザマッチ2022PPV料金とアンダカード開始時間予想一覧!見逃し厳禁はこの対戦!

6月19日(日)、東京ドームで開催される日本キックボクシング史上の〝最強決定戦〟〝集大成〟ともいえる『THE MATCH(ザマッチ2022)』。もちろんメインイベントは、全格闘技ファンが待ち望んだ世紀の頂上対決「那須川天心vs武尊」です。

ただザマッチ2022では「現日本キック界の総集編」の名に恥じない豪華アンダーカードも行われます。こちらも1戦たりとも見逃せない超貴重な組み合わせばかり。

今回はこのほど発表されたザマッチ2022のアンダーカード一覧とその見どころ、PPVに関する情報をまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

なにせ、今まで長年決して交わらなかったRIZIN、RISE、K-1の3大団体が遂にタッグを組んだ訳だから!!各団体の誇りを懸けた名勝負が展開されそうだ

\ 今すぐAbemaに登録してライブ視聴する! / 250×250

ザマッチ2022PPV料金・概要

「ザマッチ2022」は、日本キックボクシングの3大団体のほか、他団体からも広くトップ選手が集う壮大な「頂上対抗戦」ともいえるイベントです。

各団体の現役王者、元王者が集結するわけで「アンダー」という名前ではあるものの、それぞれのカードが通常であればメインでもおかしくない豪華さ。

ザマッチ2022のそのアンダーカードをご紹介する前に、PPVとテレビ放送情報をチェックしましょう。

【テレビ放送】

地上波フジテレビ系列にて「那須川天心vs武尊」の生放送など、2時間の放送を予定。

※放送開始時間など詳細は未定です。

【PPV配信】

ABEMA PPV ONLINE LIVEにて全試合完全生中継(全体で6~8時間のライブを予定)

※PPV料金や申し込み方法などは今後公表するとのことです。

実行委員の榊原代表によると、他団体選手も含め、下記の8戦のほかあと数試合のカードが追加されるそうよ
ルールはザマッチ2022特別ルールで統一。「首を抱えての膝蹴りは1R1回(ワンアタック)OK」「全試合3分3R延長1R」などらしい

\ Abemaに登録してライブ視聴する! / 250×250
 abema4つのポイント
  • 初登録14日間無料、その後月額960円(税込み)
  • MLB 主に日本人選手試合・「しくじり先生」「極楽とんぼ加藤が愛人懇願迫真演技の神回」
  • さらに恋愛リアリティーショーが超充実『オオカミくんには騙されない』
  • a●女優も招いた他では出来ないバラエティ・千原ジュニアMC『ABEMA的ニュースショー』も人気

ザマッチ2022のアンダーカード一覧

東京ドームのチケットの一般販売に先立ち、現在行われているチケット先行抽選販売でも何と8万を超える応募が殺到しているというザマッチ2022。

最早入手困難なプラチナチケットになりつつありますが、PPVではしっかり全試合をチェックしたいものです。ではこれまで発表済みのアンダーカード一覧を、見どころと共にご紹介していきましょう。

☆元K-1 WORLD GPスーパーライト級王者・山崎秀晃 vs 元RISEライト級王者・原口健飛

天心選手が旗頭であるRISEの代表ファイターの一人、原口選手と、武尊選手率いるK-1屈指の強豪、山崎選手のレア対決です。

互いに空手出身。階級、体格はやや山崎選手が上回りますがKO率は原口選手が上。戦績は山崎選手が34勝(19KO)9敗1分、KO率43%。対する原口選手は21勝(13KO)2敗1分、KO率54%です。

ザマッチ2022の開始は14時、終了は21~22時ごろの見込み。試合順未発表のため各試合の開始時間は予想が難しいですが、「王者・元王者」対決はセミに近いと思われますので、原口vs山崎戦は21時前後とみられます。

☆現・K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者・金子晃大 vs 現・RISEバンタム級王者・鈴木真彦

こちらは両団体の現役王者同士によるいわば「疑似・団体王座統一戦」。金子王者は元Krush王者でもあり、戦績14勝(8KO)1敗。天心選手との対戦が話題になった鈴木王者は32勝(19KO)5敗です。

こちらも開始時間は試合順によりますが、20時以降が濃厚です。

これからは、キック界もボクシングみたいに「統一タイトル戦」やっても面白いのにね!

☆現・K-1 WORLD GPスーパーウェルター級王者・和島大海 vs 現・RISEウェルター級王者“ブラックパンサー”ベイノア

こちらも現役王者同士の〝団体間王座統一戦〟。和島王者の戦績は16勝(14KO)4敗、最近はRIZINでのMMA戦が目立っているベイノア王者(戦績18勝、9KO、4敗)は、本来の土俵に戻っての大一番となります。開始時間は20時前後とみられます。

☆元K-1ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック vs 元RISEライト級王王者・白鳥大珠

天心選手の同門でRISE、いやキック界きっての「イケメン」として知られる白鳥選手は、タイから参戦の元K-1王者、「ムエタイ大魔神」のウィラサクレック選手と団体同士の意地と国旗を背負って戦います。

白鳥選手の戦績は23勝(10KO)8敗1分、ウィラサクレック選手はムエタイだけに豊富な144戦111勝(24KO)30敗3分です。開始時間は19~20時ごろと予想されます。

\ 今すぐAbemaに登録してライブ視聴する! / 250×250

玖村将史(第6代Krushスーパーバンタム級王者) vs 志朗(ISKAムエタイ世界バンタム級王者)

今やボクシング界でときめく武居選手に敗れた経験のあるK-1の玖村選手と、こちらも天心選手のライバルと目されるRISEのスター、志朗選手の1戦。

レオナ・ペタス(元Krushスーパーフェザー級王者) vs 中村寛(第6代DEEP☆KICK-60kg級王者)

そしてこちらは武尊選手のライバルであり、二人でK-1史に残る激闘を繰り広げたペタス選手と、DEEP☆KICKの実力者中村選手との顔合わせです。

黒田斗真 vs 風音

この二人はいまだタイトルはないものの、いずれも昨年、団体の階級トーナメントを制した「波に乗る最強ファイター」同士。

黒田選手はK-1 WORLD GP 2021 K-1バンタム級日本最強決定トーナメント優勝、風音選手はRISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント優勝で一躍名を上げました。

風音は同門の同級生・天心といい戦いをしたばかり。他流試合の大舞台でも実力が試されるな

(☆)芦澤竜誠 vs YA-MAN

最後はカッコ付き☆マークを付けさせていただいた、因縁の両団体〝ヒール〟対決。K-1屈指の「やんちゃ・本能系」芦澤選手と、こちらもRISEやRIZINで「キングオブストリートファイト」を名乗る武闘派YA-MAN選手。

会見の場から煽り合いでヒートアップした二人は、その場の勢いで「オープンフィンガーグローブ」での対決で合意。舌戦から取っ組み合いに発展し、流血騒ぎまで起きる始末で、ザマッチ2022のとんだ「遺恨試合」となりそうです。

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 「天心vs武尊」歴史対決の「ザマッチ2022」(東京ドーム)まであと2か月
  • ABEMAのPPVで全試合を完全ライブ放送。地上波フジテレビは2時間の放送枠
  • 団体対抗戦の豪華アンダーカード8戦発表。王者同士の「疑似統一戦」に注目

\ 今すぐAbemaに登録してライブ視聴する! / 250×250

-格闘技

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.