格闘技

RIZINランドマークとトリガーや普通のとの違いは?廃止・統合の理由は?

人気総合格闘技(MMA)イベント・RIZINの次大会、「RIZIN LANDMARK(ランドマーク) 4 in NAGOYA」が11月6日に開かれます。「超インテリ/エリート会社員ファイター」弥益ドミネーター選手対、〝RIZIN荒しの風雲児〟的存在・平本蓮選手のメインイベントなどが注目です。

さてこのRIZIN、大会名を見ると「RIZIN39」と数字が入ってたり、次回の「ランドマーク」など様々な種類があることに気づきます。これってそもそもどういう違いがあるのでしょう。「ランドマーク」「トリガー」「RIZIN○○(数字)」など、RIZINの大会の違いについて調べてみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

今話題の「RIZINvsベラトール対抗戦」は次回の「RIZIN40」の中で行われるのだな!

\ 今すぐAbemaに登録してライブ視聴する! /
見逃した番組や人気作品が見放題【ABEMA】

RIZINランドマークとは

11月6日の次回「RIZINランドマーク4」はその名のとおり、4回目の開催。第一回が始まったのは昨年10月。今年に入って2度行われただけどいう、まだ新しいカテゴリーの大会です。

2015年に創設のRIZINはこれまでたくさんの大会を実施してきましたが、コロナ禍の最中だった昨年から「ランドマーク」「トリガー」といった新機軸の大会名が登場しました。

一体これらにはどういう違いがあるのか、具体的に以下にそれぞれ見ていきましょう。

そうかー、今年もあと二か月ちょっとで終わりなのね。今年のRIZINってホント色々あったなぁ(遠い目)。ってまだ早いけど(笑)

ナンバーとランドマークとトリガーの違い

MMAとキックボクシングを含め、今や日本のメジャープロ格闘技イベントの筆頭格といえるRIZIN。海外での認知度も徐々に高まっているようですが、その大会名の「数字」「ランドマーク」「トリガー」ってどういう違いがあるのでしょうか。

これについて、RIZIN創設者であり運営会社CEOを務める「日本格闘技界の仕掛け人」榊原信行氏自身が、これまで記者会見などでたくさん語っていますので、その中から説明をまとめてみました。

ナンバーシリーズ

「RIZIN○○」と番号順に行われるイベントは「ナンバーシリーズ」「ナンバー大会」とも称されます。榊原氏は「グランプリやタイトルを巡る戦いをナンバーシリーズと位置づける」としています。

つまりRIZINのメインとなる大きな興行がこのナンバーシリーズ。今年はコロナ禍が一山越えたこともあり3月の「34」に始まって、大晦日予定の「40」まで、計7大会となりました。

創設当初は「ワールドGP」とか色々な呼び名だったけど、18年から通番方式に統一。UFCとか世界的にもこれは同じだな。数が多いほど歴史ある訳だから分かりやすいw

トリガーシリーズ

コロナ禍2年目となった2021年。ようやくイベント規制がやや緩和されたものの、いまだ何万人という大規模大会は困難な中、RIZINでは新機軸の2大会を創設しました。その一つが「トリガー」

これは『再生・回帰、発掘・育成、地域活性』をテーマに、ナンバー大会が行われない地方都市を巡回し少し小さい規模で行う大会。ナンバーシリーズと異なり、海外MMA風の六角形のケージ(金網)で試合するのも特徴でした。

昨年から今年にかけ計三回実施。榊原氏は当初全国各地で年5、6回行うとしていましたが、今年9月に状況が〝暗転〟。現職の市議会議員でもある共同主催会社の責任者が、詐欺事件で逮捕・起訴されたため、中止になりました。

結局、トリガーシリーズは「ランドマーク」に吸収統合する形で事実上の廃止になったとのことです。

ランドマークシリーズ

「ランドマーク」は当初「観客が少人数しかいないスタジオで試合し、それをライブ配信する」という、コロナ禍に特化した「ほぼPPVオンリー」の独特なスタイルで始まった大会です。

昨年から計三度行われ、今年後半にはイベント規制がほぼなくなったこともあり、こちらも大きく衣替え。次の「4」からは、前述の「トリガー」の特徴だったケージ試合を採用、大きな会場で観客入りで行われることになりました。

今後はランドマークが「準ナンバー・ケージ・地方」という特徴を受け継ぐ形になるのかもしれないわね


\ Abemaに登録してライブ視聴する! / 250×250
 abema4つのポイント
  • 初登録14日間無料、その後月額960円(税込み)
  • MLB 主に日本人選手試合・カタールW杯全64試合放送!・「倒したら1000万円企画」「極楽とんぼ加藤が愛人懇願迫真演技の神回」
  • さらに恋愛リアリティーショーが超充実『オオカミくんには騙されない』
  • a●女優も招いた他では出来ないバラエティ・お笑いABCグランプリ・【THE MATCH』の見逃し配信も人気

RIZINの今後は?

「ナンバーシリーズ」を核としつつ、「トリガー」を「ランドマーク」に統合発展させながら、今後も様々な格闘技イベントを見せていこうというRIZIN

そして榊原氏によれば、今後はさらに壮大な構想を抱いているそうです。最近の会見発言を総合すると「将来のRIZIN」は以下のようなイメージだそうです。

・年末のベラトール対抗戦は日本。次はRIZINが米国に行き、ベラトールのケージで行いたい。あるいはホーム&アウエーで毎年交互開催するのも一案。

・世界陸上やサッカーW杯など他のメジャースポーツは定期的に「世界最強戦」を行っている。MMAもゆくゆくはそうした、世界中の団体のチャンピオンが集ってNo1を争う「格闘技ワールドカップ」的なものができれば。

・今回の両団体対抗戦は米メディアの反響もいい。「真の最強格闘家決定戦」というMMAの新しいムーブメントを、世界最大のUFCも巻き込んで実現する引き金にしたい。

格闘技自体は今、世界的に非常に人気あるコンテンツ。ビジネスモデルも世界と同様、日本でもかつての「地上波TV主流」から「コアファン向けネット配信」に変わりつつあります。そんな環境変革の中でRIZINがどう発展していくのか、2023年も注目されそうです。

「ガチ勝負派」「エンタメ派」両方の視点を提供するのがRIZINらしさ。今年の大晦日もどんなサプライズで楽しませてくれるかな!?

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 11・6、RIZINランドマーク4開催。そもそもランドマーク、トリガーの違いは?
  • 両大会はコロナ禍対応で昨年開始も、トリガーは不祥事で中止。ランドに統合
  • 中核大会はナンバーシリーズ。将来は「日米定期対抗戦」「格闘技W杯構想」も!

\ 今すぐAbemaに登録してライブ視聴する! /
見逃した番組や人気作品が見放題【ABEMA】

-格闘技

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.