格闘技

カーフキックとは?その効果を堀口が実証!一般人も使える?

昨年大晦日の総合格闘技(MMA)「RIZIN.26」のメインイベント「堀口恭司vs朝倉海」の再戦は、堀口選手が鮮やかなリベンジ勝利を果たしました。

決め手となった技が「カーフキック」。このカーフキックとは?やり方や技の効果などをプロ選手自身の解説から探ってみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

RIZINではヘビー級のスダリオ剛もミノワマンをカーフキックでKO。歩行困難にさせたって相当ヤバかったんだ…

\月4000円節約は1年で4.8万、10年で48万の節約/
1年無料締め切り間もなく・4月から新プラン 機種の壁だけ超えれば

カーフキックとは?その効果とは?

MMAではパンチ、蹴りなどの打撃は非常に重要な技ですが、カーフキックとはその「蹴り技」の一種だといえます。

以下でご紹介する、トップ選手自身のYouTubeでの解説などからポイントをまとめると、カーフキックとは以下のようなものです。

ちなみに「カーフ」っていう言葉は英語でふくらはぎ、こむらを意味する「calf」のことね

【カーフキックとは】

ローキックの一種

・蹴る場所は構えている相手の前足の膝から下

・自分の足首・足の甲の部分で、相手足のふくらはぎあたりを蹴る

一般に格闘技のローキックは相手の太ももを狙いますが、カーフキックはさらに下のすねやこむらの辺りが目標。非常に地味な技に見えますが、その効果やなぜ最近プロ選手が多用するのかを「神童」那須川選手などが解説しています。

それによると、効果のメリット、デメリットは以下の通りだそうです。

【カーフキックのメリット】

・ふくらはぎ周辺、特に上部は筋肉を鍛えようがない薄い部分なので、少しの衝撃でもダメージ大

・今の格闘技の主流はパンチ。このため重心が前に行きやすく前足の踏ん張りが強くなるので、カーフキックが入りやすい

小さな動き、遠い距離から打てるので、相手の攻撃を気にせず繰り出せ、かつヒットしやすい

・「足払い」にもなり、相手がバランスを崩したり、動きを止める効果もある

【カーフキックのデメリット】

右構え、左構えの選手同士(相四つ)でないとできない

・低い軌道で蹴ると相手からカウンターパンチをもらいやすい

MMAなどでは互いが半身の体勢で1~2mの間隔で対峙しますが、カーフキックは相手の前足(右構えなら左足、左構えなら右足)しか狙えません。後ろ足のふくらはぎは遠すぎて当たらないためで、「喧嘩四つ」では事実上使用できないようです。

↓那須川天心のカーフキック解説

カーフキックで堀口が朝倉を撃破

カーフキックとは「ふくらはぎを狙うキック」と分かりましたが、効果てきめんだった試合が「堀口vs朝倉海2」戦でした。

1回、堀口選手はカーフキックを中心に攻撃を組み立て1、2、3度と繰り返しヒットさせると思わず海選手は顔をしかめ、片足を上げるほど効果が。2分過ぎ、海選手が捨て身の跳び膝蹴りにきた瞬間に堀口選手が左右のパンチを当てて倒すと、そのままパウンド。レフェリーストップとなりました。

↓RIZIN・堀口vs朝倉海2戦

「堀口vs朝倉海1」ではわずか開始64秒で、海のパンチで堀口がダウンしたから、まさに「そのままお返し」の結果になったな

試合後堀口選手が語ったところでは、遠い距離からのスピード感のある打撃、カーフキック、グラップリング(組み技)などを用意して試合に臨んだものの、リングで海選手と対峙してみると寝技を非常に警戒していたため「カーフキック戦術」を選択。それが見事にはまったそうです。

「複数プランを用意して試合の中で替える」と話してた堀口さん、冷静に観察しての試合運びだったのね

\月4000円節約は1年で4.8万、10年で48万の節約/
1年無料締め切り間もなく・4月から新プラン 機種の壁だけ超えれば

カーフキックは一般人も使える?

見た目にはちょこちょこ細かくキックする地味な「カーフキック」。ただその効果はプロでも倒れ、嫌がるほど上々なようです。

体の始動が小さく、しかもあまり力を込めなくてもできるため、一見すると一般人でも使いやすそうな技ではあります。

極め技とかカウンターパンチ、ハイキックとかは相当鍛えて訓練しないと一般人には無理。でもカーフなら、って気もするよな…

ただ格闘技経験者のブログなどによると「見た目ほど簡単には入らないのでかなりの稽古は必要」「硬いスネや膝でブロックされると、自分の足も非常に痛く怪我の恐れも」と〝リスク〟も大きいとか。やはり専門家の指導の下しっかり練習する必要はありそうです。

↓HIROYA・大雅によるカーフキック講座

堀口vs朝倉の反応まとめ

みんなの反応

神がかったいい試合でしたね。ここまでのストーリーが、500日かけてでき上がった映画みたいでドラマチック!

ネットの感想

再々戦があるとしたらUFCでやろうや!

みんなの反応

堀口の蹴りは膝横当たってるように見える。一歩間違えば蹴った足にダメージがくる

ネットの感想

ちなみに朝倉兄弟とくに兄の方はカーフかなり使いますよw

みんなの反応

堀口vs朝倉海の動画100回は観た。この正月はまじで何もしてない

出典:twitter


\月4000円節約は1年で4.8万、10年で48万の節約/
1年無料締め切り間もなく・4月から新プラン 機種の壁だけ超えれば

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 大晦日RIZINで堀口がカーフキック戦術で朝倉海にリベンジ勝利
  • カーフキックとはふくらはぎを狙うキック。かなり痛く効果的
  • 小さい始動・軽い力でもダメージ大。素人も練習すれば使える?

筆者も中継を見ていましたが、あの強豪朝倉海選手が、素人のように「痛ててて」と片足を上げるほどのカーフキックの威力には、ちょっと目からウロコでした。

海選手自身も試合後「あれが敗因」と吐露。堀口選手のカーフキック自体は想定内で「僕は出入りが早くローキックを打たれにくい。外せると思っていた」そうですが、実際には何度も受け続ける誤算に。

堀口選手が思いっきり踏み込んで打つためカットできず「2発目くらいから結構効いた」そうで、「足が機能しなくなり、動けなかった」。「アキレス腱」ならぬ、格闘家泣かせの意外な必殺技だったようです。

-格闘技

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.