格闘技

那須川天心vs武尊の予想最新!どっちが強いか格闘系Youtuberコメントまとめてみた

キックボクシング、いや現代日本の格闘技界でこの数年、長く求められてきた究極の対戦。「那須川天心vs武尊」がついに6月に実現します。

「キック界最強」として君臨する両巨頭ながら、これまで一度も拳を交えず。ファンの間では「一体どっちが強いの?」が永遠のテーマでした。ついに現実となるこの頂上対決、どっちが強い、どっちが勝つ?最新の格闘技界などの予想をまとめました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

今春天心がボクシングに転向したら金輪際ない…と半ば諦めてたら、何と「6月まで転向延期」のウルトラC!

那須川天心vs武尊の予想最新

23歳、デビュー以来40戦無敗の那須川天心。30歳、41戦で負けはキャリア初期にわずか1つだけの武尊。一体どっちが強いのか、最新の予想を見ていきましょう。

武尊さんだって10年近く負けなしだから、ほぼほぼ「強い」のは同じじゃない?

ついに実現

早くから新生K-1のカリスマとしてキック界の先頭に立ってきた武尊選手ですが、14年に天心選手がデビューし無類の強さでばく進するとファンからは自ずと「この二人の対決が見たい!」との声が澎湃と浮上。

しかし団体の壁なのか条件面なのか、なぜか実現に至りません。ここ1~2年は、互いに対戦をアピールし試合会場を相互訪問するなど気運が高まってきたと思われましたが、それでも可能性が浮上しては消えるの繰り返し。

天心選手が今春のボクシング転向を表明したため「昨年大晦日がラストチャンス」と誰しも考えていたところ、大晦日直前にようやく出された答えが「22年6月に対戦決定」でした。

では試合の勝敗予想はズバリどうでしょうか。

筆者予想

この世紀のビッグマッチ、筆者の予想をお伝えする前に、最近那須川天心選手自身が仲の良い朝倉未来選手とドライブしながら語った貴重な「武尊戦プラン」をご紹介しましょう。

天心選手は「試合プランを3つくらい考えている。まず最初から仕掛けようかなと。武尊選手は癖も相当あるし、穴もどっちかといえば相手の方があると思う。そこをうまくつくプランを立てたい」と話し、1Rから勝負をかけ、相手の焦りを誘う作戦を示唆。

ただ「僕次第で展開はいろいろ変わる。僕は色々変化できるタイプだけど、武尊選手は結構一途」とも語り、相手の出方によって戦略を変化させる考えも示しました。

うーん、これもSNS時代だなあ。手の内見せて…これも天心さん流駆け引き?

後ほどご紹介する格闘家予想や多くのファンの予想と同じく、やはり筆者もこの試合は「ラウンド数」が大きな鍵を握ると思います。

タイプがやや違うとはいえ、スピードやパワーは遜色なく極めてタフな二人。3分3Rでは恐らく決着つかず僅差判定が濃厚でしょう。5R以上、さらに延長の長丁場になれば互いに疲れもあり、隙が出る可能性も。

体重・体格的には上回る武尊選手がどの程度圧力をかけ優勢に支配できるか、天心選手が得意のパンチ・蹴りのカウンターをヒットできるかも勝敗の行方を左右しそうです。

技の独創性・アクロバティックさでは天心か。だけどその辺武尊も見切ってるだろう。武尊のワンチャン・ラッシュの凄さは圧巻だしな…

格闘系Youtuber予想まとめ

最新予想、では有名格闘家たちはどう見ているのか、YouTubeから拾ってみました。

魔裟斗と武蔵

かつて一世を風靡したK-1のカリスマ、最強日本人の先駈けといえる魔裟斗・武蔵両氏。武尊選手の大先輩であるこの二人が、対談で予想を展開しました。

武蔵氏は「天心はまあテクニシャン。ポイントアウトできるし危険は侵さない。そこを無理矢里こじあけて武尊が倒せるか」と展開を予想。「5Rは見たいね。そうすれば最後の最後に天心の大コケもあり得る。試合をぐちゃぐちゃにしたら武尊は分からないよ。パワーと回転は武尊だから」と、長くなれば武尊勝利ありとみます。

これには魔裟斗氏も同意。「長いラウンドなら武尊。スピードを維持するのが難しくなる。多分1R目は武尊のローキックも合わない。5Rなら武尊のKOもありえる。もっと長くてもいいほど。3R制だとワンチャンがこないこともあるが、5Rなら必ず1回はある。それをどっちがつかむか」と5R試合を要望していました。

朝倉未来

さて天心選手とコラボするなど、RIZIN仲間でもあり仲良しの朝倉未来選手はどうでしょうか。冒頭ご紹介したドライブ企画で、以下のように予想しました。

・判定までいくと武尊選手勝利かな。でも俺は1Rで天心が決めるとみている。

・武尊選手はスロースターター。しかも結構顔にパンチをもらう。

・でも凄いタフだし一撃の威力は武尊選手が上。要はタイミングが左右する。

・もし決着つかないなら再戦してほしいよね。これで1年は盛り上がるよ。

皇治

一方、この両雄と公式戦で対戦したことがある大変希少なファイターが「お騒がせ毒舌関西弁」皇治選手。戦った印象からハッキリと「武尊が強い」と断言しています。以下は天心選手と対戦直後のインタビューで。

他の動画でも「武尊は殺気があったが天心はない。スポーツ的には天心がうまいが喧嘩なら武尊」と表現してるね

堀口恭司

「対戦経験あり」といえば、天心選手とRIZINでキックルールで戦った堀口恭司選手は、今回の試合が決定する以前にこう見立てています。

・武尊はガンガン前に出て技出すタイプだが、天心は様子見様子見。

・どちらが早くペースを握れるか。慎重派天心と積極派武尊でタイプが違う。

・武尊としてはカウンターリスクもあり、ちょっと見合う時間があるかも。天心には予想外の蹴り技がある。武尊の技は予想ができるというか読みやすい

・武尊はがちゃがちゃさせたいところ。天心は引き出し多いし頭も目も良い。まあ(優位は)天心かな

SNS一般人の予想まとめ

那須川天心の宿敵は、過去未来全て合わせても武尊選手に並ぶ者なし

引用:https://twitter.com/goemon_0516/status/1482474599208357890

那須川天心はチャラチャラしてて頭にくる時がある。武尊に勝って欲しい

引用:https://twitter.com/Rollingcoco777/status/1482401133519781892

那須川天心対武尊井上尚弥対井岡一翔 漢字ばっかりで中国語ぽい

引用:https://twitter.com/Asahigame2/status/1482388392298291200

色んな意味で会いにくいと思いますので、お二人是非6月の試合後などには対談などをして欲しいです!

引用:https://twitter.com/joiningbigevent/status/1480805284524470272

ルールがついに決定

決定したことをまとめると以下です。

・那須川天心vs武尊は前日計量58kg契約※当日計量(試合3時間前)4㎏戻しまで →天心優位

・全試合3分3R延長1Rで行われ、引き分けなしのマスト判定で勝敗を決めるルール(延長は延長ラウンドのみの採点)

・天心vs武尊のみワンキャッチ・ワンアタックが可能→K-1はないので天心に有利か

・那須川天心vs武尊は6オンスのグローブを使用

・試合場となるリングは6.5m四方のものが採用

・那須川天心vs武尊は【5名のジャッジによる5ジャッジ制】を採用

・全ラウンド、点数を公開するオープンスコアリング方式
引用:https://www.k-1.co.jp/schedule/16578/#pagein_link03

やや天心有利のルールとは言われるけど、計量見ると体がガッチリしているのが武尊の方なのが見てわかるので
面白くなりそう。

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 世紀の頂上決戦「那須川天心vs武尊」が6月に実現!どっちが強い?
  • 天心自ら「最初に仕掛ける。武尊は穴があるので突きたい」と戦略
  • 魔裟斗・武蔵「5R制なら武尊」未来・堀口=天心、皇治=武尊と予想

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

朝倉未来vsメイウェザー予想どのルールならどっちが強い?

-格闘技

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.