格闘技

10人ニキとは名前の由来は?何者?強さの評判まとめ

総合格闘家・朝倉未来選手がスペシャルアドバイザーを務める〝腕自慢たちの1分最強決定エンタメ〟「Breaking Down」。5回目を経て第6弾の募集も始まるなど、すっかり格闘技界やファンの間で「名物イベント」に定着しました。

さてそのスピンオフ企画である「ブレイキングダウン5.5」が、16日に開催されます。対戦カードは「10人ニキvsDJ社長」です。この「10人ニキ」って一体何者?妙な名前の由来とは?本当に強いの?どんな経歴でなぜ今回白羽の矢が立ったのか、探ってみました。(出典:Wikipedia、朝倉未来YouTube各チャンネルなど)

「10人ニキvsDJ社長」戦は朝倉未来のYouTubeチャンネルで無料配信されるそうだよ!(…しかし1試合だけ?なハズないか笑)

10人ニキとは何者?名前の由来は?

このほどブレイキングダウンの公式ツイッターで発表された、スピンオフ企画の「ブレイキングダウン5.5」

この中で出場者としてまず名前が挙がったのが、最近SNSで人気急上昇の「10人ニキ」さんです。彼は一体何者なのか。この変わった名前の由来は?なぜ未来選手から抜擢されるなど「妙に有名人」なのか、経歴やこれまでの経緯などを探ってみました。

10人ニキとは?強さは?

ブレイキングダウンの公式チャンネルやご本人のSNSによると、10人ニキさんは本名鈴木大輔宮城県在住の23歳だそうです。

プロフィールには「誰も想像できない事を成し遂げる者。地べたから這い上がって来た俺」。なんかちょっと見た目「色白マイルドな芦澤竜誠さん」風な…

ブレイキングダウンとの最初の関わりは前々回大会の第4弾。オーディションに登場し「このために事業とか友人とか全部切ってきたので、もう当てもない。人生すべて懸けている」とアピールしました。

しかし格闘技経験については「全くやったことない。喧嘩だけ」。その内容は「まぁ未来さんほどじゃないすけど、1対10で。4年ほど前に全員武器を持っている相手を、一人残らずボコボコにした」と驚きの〝大言壮語〟で、審査員席からは「最強じゃん」(朝倉海選手)と思わず失笑が。

興味を示した未来選手がリング入りを促し、過去出場経験のある「にっけんくん」と対戦しますが、開始数秒で左パンチを顔面に受け失神。

しかし10人ニキさんは諦めず、さらに次のブレイキングダウン5にもオーディション挑戦。再び「10対1で勝った」とアピールし、別の候補者と再びリングに入りますが、またまた何らなす術もなく数十秒でボコボコにされ「レフェリーストップ」となりました。

名前の由来は?

ということで格闘技経験ゼロ、しかも実際にも非常に弱いことが証明された10人ニキさん。しかし本人の主張はあくまで「武器を持った10人を1人で倒した」

このエピソードから、命名者は朝倉未来選手なのか不明ですが、ニックネームが「10人ニキ(兄貴)」となったようです。

「ニキ」ってのは、元阪神監督・金本知憲さんの「頼れるアニキ」が由来といわれるネットスラング。「頼れる人、強者」って意味みたい

10人ニキなぜ出場?

あくまで本人談ながら(笑)「武器持った10人を1人で倒した」らしいことから、物凄い強さの「10人ニキ」という愛称になった鈴木さん。結局ブレイキングダウンには一度も出場がかなわなかったのですが、なぜか未来選手がとても気に入って目をかけ、ブレイキングダウン5では何と解説者に大抜擢されました。

未来選手いわく「ブレイキングダウンに2、3回出た人でもそこには座れないよ」というまさに「飛び級大出世」。コメントを振られると「ローとミドルキックの違い分からない」「にっけんくんは体力ないので最初の30秒が勝負」「衝撃の展開でしたね」など、なぜか〝上目線〟の落ち着いた解説ぶり。

未来選手からたびたび「彼一度も出てませんから」「嘘つけよ。今見てなかったでしょw」「大物ぶるのやめてもらえる?」「横から見ると台湾の俳優みたい(笑)」とちょっかいを入れられながらも、しっかり盛り上げ役となっていました。

未来がある意味面白がって抜擢し育てた「ブレイキングダウン発シンデレラキャラ」。確かに滅茶滅茶弱いのに一生懸命粋がったり、何か笑えるし憎めないよね~

そして現在、自身のYouTubeチャンネル登録者は7万人を突破。同姓同名で、現在J2千葉に所属するサッカーの元日本代表DF鈴木大輔選手からも「最近SNSで格闘技界隈から沢山DMが。10人ニキさんに間違えられて(笑)」と歓迎されるほど、すっかり愛される存在になった10人ニキさん。

ファンの注目度アップやエンタメ度の高さもあり、未来選手ら主催者が、本戦ではないもののスピンオフ試合として今回、人気DJYouTuberでシバターさんらとの格闘技経験もあるDJ社長との対戦を実現させたようです。

10人ニキさんとしては、ついに悲願かなった16日の「本物ブレイキングダウン」のリング。さてどんなパフォーマンスを見せてくれるでしょうか。

10人ニキみんなの評判まとめ

10人ニキからすると、勝っても負けても美味しい試合になること間違いない。サタン役としてこれからも頑張ってもらいたい
鮮やかに負けて、生き残る10人ニキの立ち回りは圧巻
10人ニキにはこのままオーディションだけで一生試合せずにレジェンドになってほしかった
10人ニキはミスター・サタンなので最後に必ず勝ち残り、最強と崇められます

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/c6eeb9b643244bd130370cf7731f1bc89c54dd3c/comments

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 16日「ブレイキングダウン5.5」企画で「10人ニキvsDJ社長」の1分対戦実現
  • 嘘か誠か「自分1人で10人を喧嘩で倒した」談で愛称「10人ニキ(兄貴)」に
  • リングでは2度瞬殺KO負け。超弱いが常に強気・大物然で遂に解説者に大出世

-格闘技

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.