格闘技

シバターはなぜ人気か?視聴率があの選手より上?再ブレイクの理由とは

人気総合格闘家の朝倉未来選手らが立ち上げ、4日に第一回が開かれるアマ・プロの新格闘技大会「Breaking down」。最注目の1戦が「元祖炎上系YouTuber」で格闘家でもあるシバターと、お笑い芸人みなみかわの試合です。

最近、格闘技界で再ブレイクしているYouTuberシバター。視聴率も動画再生も好調のようですが、なぜこれほど人気なのか?その理由に迫ってみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

みなみかわはロシア武術システマを習得。あの青木真也選手との対戦経験もあるらしい

\ ブレイキングダウンはAbemaで見れる! /
250×250

シバターはなぜ人気か

元々人気YouTuberながら、最近ネット以外にも知名度が広がっているシバター。なぜ人気なのかを探る前に、簡単に経歴を振り返ってみます。

シバターは本名斎藤光さん。横浜市出身の35歳です。立正中・高と進み高校では空手部に入り、山本〝KID〟徳郁選手に憧れて総合格闘技の練習もするほど格闘技に没頭していたそうです。

なんだ、本名「柴田さん」じゃないのね
シバターってのは、新日本プロレスの柴田勝頼選手に顔が似ていると、総合格闘技の師匠・佐藤光留選手が命名したらしいw

立正大時代にジムに入門し本格的に総合格闘技を開始。大卒後は漫画家を目指すも挫折。出版社に就職し、勤務の傍ら格闘技や動画配信などを続け技術を磨いたといいます。その後会社を辞め動画配信専業になったそうです。

そして過激な動画の投稿を主に行う「炎上系」「物申す系」YouTuberの先駆けとして人気を博し、「PROWRESTLING SHIBATAR ZZ」のチャンネル登録者数は121万人という日本の代表的YouTuberに。

ジャンルも時事ネタから格闘技、パチスロ、釣り、料理など多岐にわたる才能を見せています。

シバターへ格闘技界からオファー

シバターは高校時代から格闘技に心酔、本格的に総合格闘技のトレーニングを始めてからはTHE OUTSIDER、パンクラスなどメジャーな団体の大会に次々出場します。

またプロレスでも自主興行「プロレスリングシバター」を開催。自身プロレスラーとしてこれまで多くの選手と試合を行っています。

朝倉兄弟とのエキシビション対決などもネットで話題となり、こうした実績が目に留まったのか遂に昨年大晦日、RIZIN.26からオファーを受け、何と地上波TVのゴールデンタイムで試合を行う「RIZINデビュー」を果たしました。

ちなみにシバターさんの総合格闘技戦績は7勝(3KO、一本勝ち4)9敗1分け。体重92kgで階級はライトヘビー級です

初RIZINのHIROYA戦は1Rがキックボクシング、2Rが総合のミックスルールで行われ、腕ひしぎ十字固めでシバター一が本勝ちを収めました。そして今回、朝倉未来選手のオファーを受けBreaking down参戦となりました。

シバターの視聴率は高い?

これ以外にも、前回RIZINで那須川天心選手の対戦相手「X」に取り沙汰されるなど、格闘技でオファーが相次いでいるシバター

その理由は「視聴率の高さ」にもあるようです。実際、昨年大晦日のRIZIN視聴率(関東地区)は第1部 (18:00〜19:00) 4.6%、第2部(19:00〜20:00)6.0%、 第3部(20:00〜22:30)7.3%。シバターの試合は録画の第2部だったにも関わらず、全体2位の好成績。最近数年のRIZINでも上位だったそうです。

さらに試合後公開された公式YouTubeの「シバターvsHIROYA」戦は、一週間で401万回の再生回数に。これはメインイベントの「朝倉海vs堀口恭司」や未来、天心選手といった人気マッチを上回り、大晦日RIZINでトップでした。

こうした注目度の高さもシバター人気を物語っているようです。

\ ブレイキングダウンはAbemaで見れる! /
250×250

シバター人気の理由

ではシバターはなぜ人気なのか。ファンのブログやスポーツ紙の〝まじめな〟インタビューなどによると、以下のような点にあるようです。

■素顔は相当まじめで礼儀正しい

・相手を激しく批判するなどの「炎上系動画」は、実際には撮影の前にほとんど攻撃する側に許可を得ており、相手側と入念に打ち合わせしている。

・朝倉未来とコラボした際、隠しカメラに気がつかず「シバター」がキャラだとうっかり暴露。動画の中だけで過激キャラを演じ、素は物凄く礼儀正しいとダルビッシュらも証言。

・最近YouTuberに多い不祥事がない。

人柄の良さが認知されて以降、動画が炎上しなくなり、RIZIN出場後は動画の高評価が低評価を大きく上回るようになってしまったというw

■論理的な意見、笑いの要素

・発言が常に客観的で論理的。また不祥事やスキャンダルを起こした著名人に呼びかけるネタでも「一緒にパチスロしないか」「俺のパチンコ撮影を月給18万円でどうだ」など笑いで締める。

■ファミリー愛

・実は妻と幼い娘の家族愛に溢れるパパ。本人曰く「僕も家族ができて変わりました。これまでは仕事、自分のことばかりでしたけど今は〝家族のために〟が基準です」。

不祥事YouTubeを「救いたい」動画も、目的は「彼の奥さんとお腹のお子さんを助けたいから」って話してたしね

シバターの最新みんなの評価

みんなの反応

youtuberってより、そもそも元々大会出てた人間がyoutube始めたパターンだからなこの人

ネットの感想

みーんなシバターのネタをパクっているけどなんなの(笑)? なんだかんだ言ってシバターはすごいよ!

みんなの反応

シバターが大みそかRIZIN出場オファーをフライング発表「まあまあなビッグネームと対戦」

ネットの感想

興味なしと言いつつも度々皇治を煽るシバター。汚名返上したい皇治。なんだかんだシバターが出ると盛り上がるファン。利害は一致している気がする

みんなの反応

シバターの撮影現場に遭遇。マナー最大限に守ってて迷惑かけない心遣いに株爆上がりした

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 7・4「Breaking Down」で最注目の試合が「シバターvsみなみかわ」
  • シバターは炎上系人気YouTuberの先駆けで、格闘家でもある35歳
  • 人気の理由は「実は礼儀正しく家族愛」。RIZINで一般にもブレイク

最近も「RIZIN無敗の男」と名乗るなど「煽り」「毒舌」は相変わらずのシバターですが、実際にRIZIN後から生活が一変。今年1月の月収は2000万円を超え、今ではテレビのバラエティー番組からもオファーが続々と届くようになったとか。

それを一番喜んだのが奥さん。「これまでは周囲に〝炎上系ユーチューバー〟という仕事を説明するのがなかなか大変だったのが、今では『年末のRIZINで…』と(枕詞が)付いたので説明しやすくなったみたいで(笑)」。小さな娘さんにも「自慢できるものができました」と語る時の笑顔は素の「斎藤光さん」のようです。

\ ブレイキングダウンはAbemaで見れる! /
250×250

たった1秒、一生輝くchocoZAP

\仕事合間に筋トレしたい男性も入会しています/

-格闘技

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.