日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

ボクシング

ワイルダーvsオルティス結果速報・実況!「勝たないとフューリー戦が」

ワイルダーvsオルティス結果速報・実況していきます。

ワイルダーvsオルティスは再戦となります。前回はあわやワイルダーダウン直前の場面もありました。
ワイルダーの技術力のなさがあらわとなり、オルティスが勝つかと思われた場面がありましたが
後半はワイルダーの粗さがいい方向に働きオルティスダウンに至りましたが、前回を見ると
オルティスが簡単に勝てる相手でないことはわかります。

しかし、今回、ワイルダーは2月にフューリーと内定しており今回負けると面倒なことに...。

さて、どうなるでしょうか?

14時になってもまだ始まりません。そろそろですが。

ネリ戦なくなったから13時前には始まると思ったんだけどなあ

ワイルダーvsオルティス結果速報・実況

ワイルダーvsオルティスの結果速報・実況していきます。

まずは両者比較が一目でわかる表を見ていきましょう。

ヘビー級はご存じのように体重は一定以上であればOK。
他の階級であれば1㎏の差があったら大ごとですが、ヘビー級はありの豪快なもので最もお金が集まり、最も価値が高いとされる階級であります。

体格的には、ワイルダーの方があります。
事前の計測では体重

ワイルダー:219.5ポンド(99.56キロ)
オルティス:236.5ポンド(107.27キロ)

となり、オルティスの方が8㎏近く重いことになります。

さて、今回はPBCもワイルダー勝ってもらわないと困るようです。

確かに事前の海外ブックメーカーによるとオッズは
ワイルダー:オルティス=1.14:5.50

圧倒的にワイルダーですが、ツウの中には、オルティスを高く評価している人も多くおり
どうなるかわかりません。

とにかく見ていきましょう!

ワイルダーの登場シーンも楽しみ!すんげえ衣装期待!

1R

14:20分ごろようやく始まりそう。

すごいキンキラ金の衣装で登場のワイルダー!
会場盛り上がっています!

しかし、1R以外と慎重。
ワイルダーが全然ワイルダーではない。

オルティスが技術でワイルダーをうたせなくて支配していたラウンド。

オルティス 10-9

2R

オルティスがうまい。
ワイルダーを攻撃させない。うまい距離感。サウスポーにやりにくそうなワイルダー。
それか調子悪いのか、ワイルダーがらしくない。

ワイルダーは右が出ず、オルティスがワイルダーのジャブ打ち終わりに当てたりと
オルティスのラウンド。

オルティス 10-9

3R

オルティスが支配しつづけている。ワイルダーこれは演出か?オーラがそもそもない気が。
ワイルダーの手数が少なくて、全然ワイルドではない...。なんだろう。

オルティス 10-9

4R

ワイルダーがワイルダーじゃない人みたいです。
右は眠っているんでしょうか...。後で爆発しないと非常につまらない試合となってしまう。

観客は前のワイルダーオルティス戦以上を期待しているのに。

やはり改めてオルティスの方が技術とスピードが上だな、と思える試合。
ワイルダーは後半を狙っているのなら策士だけど、とにかくらしくなくて今のところ視聴者的にはちょっと物足りなさすぎ。

オルティス 10-9

5R

ワイルダーところどころ被弾しているが実は効いているんじゃないかと。
ワイルダーらしく全然動けていないので。

ワイルダーはイライラして粗いパンチ。そこをオルティスが見逃さずにカウンター入れてポイントを稼ぐという堅実な戦略。
ただし、ジャストヒットはないように思える。

オルティス 10-9

6R

オルティスが上と下を打ち分け、ポイント的には圧倒的有利。
もうワイルダーは一発で倒すしかない。
もちろんそういう試合を何度かしてきたけれど。

解説浜田氏は、ワイルダーが右の癖やタイミングを完全に読まれていると理解し、打てないのではとのこと。
さらに慎重になるワイルダー。このままではまずい。

オルティス 10-9

7R

ワイルダーもかなり戦略を変えてきているのがわかる。
左からのボディが意外で軽く被弾したように見える。
しかし、オルティスは動揺してはおらず反撃している。

終了間際...ワイルダー右ストレートでワンパンチKO!!!!!

本当に一発で終わらせてしまった。

試合後のコメント

・「オルティスは素晴らしい選手だった」
・「フューリーとやりたい2月、その後統一戦。(ジョシュアかアンディルイス?)王者は一人でいい」
・「ボムスクワット! 」

ワイルダーvsオルティス海外の反応

みんなの感想

ワイルダーの右は、ヘビー級の歴史の中で最も壊滅的なパンチかも

ネットの反応

オルティスは40歳でもいまだにすごい才能!お気に入りだ

みんなの感想

記者会見で、彼は2秒間完璧である必要があると言った。

ネットの反応

ワイルダーは間違いなく本物です。彼が7ラウンド以内にフューリーをノックアウトすることを願っている

みんなの感想

いったい誰がワイルダーの右をすり抜けることができるのか

出典:twitter

まとめ

結果がすべて、とはこのことで、6Rまではオルティスが支配していて
ワイルダーの右はもはやオルティスに届かないのでは、と思われましたが
ワイルダーがボディなど工夫をし始めた5Rあたりからワイルダーは何かしら作戦を作ったのでしょう。

ワイルダーは確かに右に頼りすぎて、技術的にはあれなのかもしれませんが
恐らく頭がいいです。
6Rまでで、右のタイミングが読まれてどうするべきか自分で考えて答えをだしたと思われます。

逆に言えば、オルティスはそれまでにワイルダーをKOさせなければいけなかったのでしょう。

でも7Rの右もそんなに会心の一撃には見えなかったなあ。

ココがポイント

  • 勝者は、ワイルダー
  • 試合内容は、6Rまでオルティスが支配していて、ワイルダーは右のタイミングを読まれて空振りばかりだったが7Rの一発で沈めた
  • 次戦は、2月にフューリーとの再戦の予定か。

フューリーもかなり強いです。前回は引き分け。一筋縄でいきません。
実際、リング誌のPFPでは、フューリーの方が評価は上です。

チャンピオン:なし
1位:フューリー
2位:ワイルダー
3位:アンディ・ルイスJr
4位:ジョシュア
6位:オルティス

となっています。
フューリーに勝てるのか...。

ただ、人格だけ見るとワイルダーに勝ってほしい...

出典:https://www.ringtv.com/ratings/?weightclass=272

とにかく今回はPBCも胸をなでおろしていると思います。

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.