健康・保健

武漢肺炎との呼び方にしない理由は?新型コロナウイルスのとの違いは?

武漢から世界に広がった肺炎を、日本では、新型コロナウイルス感染症と呼んでいますが、特に発生当時、韓国や中国では、実態を指す武漢肺炎とも呼んできました。
いったい両者に違いはあるのでしょうか?
(2020/02/12追記 WHOが新型コロナウイルスを「COVID―19」と名付けたと発表しました。Coronavirusから「COVI」、Disease(疾病)から「D」をそれぞれとり、発生年である2019年の「19」をつけたということです。
予想通り武漢の名は入りませんでした。
それにしても、SARSやMERSに比べてもなんと呼びにくい名前なのでしょうか?今後も武漢肺炎と言われ続ける可能性があります。

WHOはまもなく正式名を決めるようですが、武漢肺炎との呼び方にはしないようです。その理由を見てゆきましょう。
特に韓国では呼び名について大統領府と保守系メディアで激しい論争がありました

日本では武漢肺炎と呼ばないようにうまく誘導されたのかしら?

武漢肺炎との呼び方にしない理由

WHOが今回の新型コロナウイルス感染症を武漢肺炎との呼び方にしない理由を見てゆきましょう。

今回の新型コロナウイルスは、武漢を震源地に1000人を超える死者と、4万人以上の感染者を生み出しました。
中国全土はもとより、世界に広がった新型コロナウイルス感染症の肺炎を、日本では、ほとんどのメディアが、武漢肺炎とは呼んでいません。

WHOは仮の名前として、新型コロナウイルス(2019-nCoV)を挙げています。

一方、1月発生当初は、中国、韓国で武漢肺炎と呼ばれていました。

韓国大統領府は1月末記者団に「感染症の公式名称は新型コロナウイルス感染症だ。参考にしてほしい」と呼び掛けました。
これにネットでは、「治療法がなく国民の不安が高まっている時に中国を擁護するのか?」「武漢肺炎と呼ぶことで中国人や中国から帰って来た人との接触に警戒心が生まれる。
感染拡大を阻止するためにも武漢肺炎の名称を使用し続けるべき」「他の国も武漢肺炎と呼んでいる。なぜ文政権だけ気にするのか」などの反発が起こりました。

現時点でも、韓国では、朝鮮日報など保守系メディアが「武漢肺炎」と呼び続け、韓国政府や革新系メディアは、新型コロナウイルス感染症と呼んでいます。

朝鮮日報は、親中の韓国政府が中国への忖度で、武漢肺炎と呼ばせない、日本脳炎、香港風邪、スペイン風邪などこれまで、発生した地域を含めた名称はあるではないかと反論しています。

今回の新型コロナウイルス感染症もWHOがまもなく正式名をつけると言われています。

WHOは、中東呼吸器症候群(MERS)や、豚インフルエンザH1N1型インフルエンザウイルスなどについて、「これまで、病気の名前が特定の宗教的・民族的コミュニティーに対する反感を引き起こし、渡航や貿易などへの不当な障壁を生み、家畜の不要な殺害を招いてきた」とその命名を批判しています。
豚インフルエンザという名前で、豚ではなくヒトを介して広がるウイルスにもかかわらず、エジプト政府は飼育している全ての豚を殺処分しました。

現在、WTOが発表しているガイドラインでは、新型ウイルスの名前に含んではいけない要素として次の4つをあげています。
地理的な位置
・人の名前
・動物や食品の名前
・特定の文化や産業の名前

これに従えば、正式名が武漢肺炎となる可能性は極めて小さいと予測されます。

我々からすると、武漢の漢華南海鮮卸売市場からの新型コロナウイルスが原因で、武漢市や中国政府の初期封じ込めの失敗のおかげで、日本を始め全世界が迷惑を被っており、外国人入国制限も武漢市民または、武漢に2週間前以降に滞在したものとなっていますので、武漢肺炎が実情に一番ぴったりした名称に思えるのですが。

中国が感染拡大防止に良くやっているというWHOのテドロス事務局長のもとでは、ますますこれはありえないように思えます。

WHOはなんだか不自然だよね

武漢肺炎と新型コロナウイルスの違いはある?

SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)のように、これまでなかったコロナウイルスが現れるたびに、初期に新型コロナウイルスと呼ばれ、時間が経過して正式名がつく段取りとなっていました。

今回の武漢で発生した新型コロナウイルス感染による肺炎と、武漢肺炎はまったく同じコロナウイルス(2019-nCoV)による感染症を指します。

発生元の中国でも、多くは「新型冠状病毒」(新型コロナウイルス)と呼んでいますが「武漢肺炎」も未だ多く使われており、政府の初期対応を批判したメディア財新も「武漢肺炎」と呼んでいます。

韓国政府が中国への忖度しすぎているのかもしれません。

韓国政府は国民より中国との関係が大事なの?

「新型ウイルスの正式名称は? WHO、汚名を着せないよう慎重に検討」の記事に対して

武漢肺炎との呼び方へのみんなの反応

みんなの感想

アジア圏では、Novel corona virus (新型コロナウイルス)と表現してるが、今後再度新たなウイルスが出れば混乱します。やっぱり、発祥地を冠したWuhan corona virus が分かりやすいです

ネットの反応

スペイン風邪とかはたしかに何の落ち度もないのに命名されてしまってスペインは理不尽な思いをしましたが、これについては武漢や中国の名がついても完全に自業自得では?他国はいい迷惑です。

みんなの感想

武漢肺炎ですし、武漢や中国の名前を冠しても致し方ない事です。日本脳炎というものがあるけど、別に汚名だと思いません。

ネットの反応

何故これほどまでに、世界に新型ウイルスが感染拡散しても。今だ名称でWHOは中国に忖度するのですかね。この様な件より、以下に拡散を防ぐかに能力を使いうよう希望します。

みんなの感想

新型コロナを最初に警告した一人で、先日亡くなった李文亮氏の名を冠したらどうだろう?新しい病への警告を発した先見性と、患者への献身により命を落とした彼の名を残すために。

出典:ヤフコメ
武漢肺炎で良いではないか。WHOは中国に忖度しすぎとの意見が多勢です。

まとめ

ココがポイント

  • WHOは地理的な位置を含む名称だと特定のコミュニティーに対する反感を引き起こすという理由で武漢肺炎としないと予想される
  • 新型コロナウイルスはこれまでなかった新たなコロナウイルス(2019-nCoV)を差し、武漢肺炎のウイルスとまったく変わらない
  • WHOは中国に忖度して武漢肺炎を避けてるとの意見が多数

今回の新型コロナウイルス感染症は、武漢で発生し、武漢から感染者で中国全土、世界にひろがったので、実態からすると、武漢肺炎との名称がぴったりの感があります。

次の新型コロナウイルスが発生した場合に、初期対応を失敗しない、広く拡散させない教訓とするためにも、あえて武漢肺炎という名称をつけるべきではないでしょうか?

たとえ正式名が別になっても武漢肺炎という呼び名は歴史に残るわ!

-健康・保健

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.